Example: A Site about Examples

掲載物件数12228

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 「賃貸」と「持ち家」ってどっちがいいの?

「賃貸」と「持ち家」ってどっちがいいの?

≪ 前へ|【ヨガスタジオとオンラインヨガの違いを徹底解説】自分にピッタリなヨガの練習スタイルとは?!   記事一覧   【寒いとスマホのバッテリーの減りが早い?】噂と寒さ対策について|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

賃貸住宅と持ち家のメリットとデメリットを徹底比較


賃貸住宅と持ち家のメリットとデメリットを徹底比較


家を購入すれば多額の費用を必要としますが、支払いが終われば自分の資産となり、修繕費用や税金を除けば一切支払いの必要はありません。


賃貸住宅であれば、固定資産税や高い購入費用は必要としませんが、借りている限り永久に家賃の支払いが発生します。


このようにどちらもメリットとデメリットがありますが、両方を比較して見比べることで、自分はどちらに向いているのかを知ることができるでしょう。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





必要不可欠な料金を比較


必要不可欠な料金を比較


持ち家:住宅ローンの支払いと税金が必要


賃貸:毎月家賃の支払いが必要


家を購入する場合も、賃貸住宅を借りる場合も、料金の支払いが必要になります。


どちらにしても支払いを続けるなら、いずれ自分の物になる持ち家を購入した方がよいという考えの人もいれば、家を購入しても税金の支払いが発生するから賃貸の方がよいという考えの人もいます。


賃貸住宅と持ち家を比較する上で、多くの人はどれだけお金が必要になるのかが気になります。


まずは家を購入する場合の費用を見てみましょう。






持ち家:住宅ローンの支払いと税金が必要


多くの人が利用する住宅ローン


家を購入するには多額の費用が掛かりますが、一括で支払える人はごく僅かで、大半の人は住宅ローンを組んで支払いを行います。


通常は30年や35年必要とするケースが多いですが、財形融資でも民間でも最長で35年となっています。


さらに80歳となる期間までと定められているので、定年退職後に住宅ローンで家を購入するのは難しいでしょう。


持ち家は一軒家か集合住宅か、土地の価値や広さによっても価格が大きく異なりますが、平成30年に行われた調査によると、奈良県では平均価格が2134万円になります。


全国平均では3955万円となるので、平均価格と比べると奈良県内は安いのですが、気軽に購入できる値段ではありません。


やはりローンの支払い完了には30年前後かかる人が多いでしょう。


住宅ローンは毎月支払いの義務が発生するので、家賃と全く同じ感じです。


支払額は5万円から10万円が無理なく返済できる価格と言われています。


設定は無理のない金額にしておき、余裕があれば繰り上げ返済を行う人が多いでしょう。


そうすれば急な出費があっても安心できるからです。


ただし、設定した金額に満たない額の支払いはできないので注意しましょう。






購入時も持ち家を手に入れた後も税金が必要


税金大国の日本では、持ち家を購入するときにも消費税が必要です。


他にも契約書の作成に必要な印紙税、所有権の登記に必要な登録免許税、持ち家や土地を手に入れたときに必要となる不動産所得税の支払いが発生します。


しかも購入時だけではなく、持ち家を手に入れた後も固定資産税の支払いが発生しますが、固定資産税には都市計画税という税金もセットとなっているのです。


かなり多額の税金が必要となりますが、実は税金が軽減されるケースもあります。


例えば住宅ローン控除やすまい給付金などです。


利用する場合には、税務署に確定申告をする方法と、市町村や法務局などの決められた機関に申請する方法があります。


このような軽減制度を利用すれば、多少ではあっても税金が優遇されるので、持ち家を維持するときにも購入するときにも助けになるでしょう。






賃貸:毎月家賃の支払いが必要


賃貸住宅で毎月必要になる家賃


持ち家は購入するときに住宅ローンを組む人が多いので、ローンを毎月支払わなければいけません。


さらに固定資産税が必要なのに対して、賃貸住宅であれば固定資産税の支払いは不要です。


もちろんローンの支払いも必要ありませんが、毎月決められた金額を管理者に支払う必要になります。


住宅ローンは支払いが終了すれば一切お金はかかりませんが、家賃は住み続けている限り毎月支払わなければいけません。


金額は築年数や周りの環境、地域や家の広さなどで異なります。


例を挙げてみると、奈良県内で最も家賃相場が高い奈良市でワンルームの部屋を借りた場合、家賃の平均金額は4万5000円です。


それに対して大阪との県境付近にあり、生駒山で有名な生駒市でワンルームの部屋を借りた場合には、家賃の平均金額は3万2000円となり、地域によって差があることがわかるでしょう。


安い家賃の部屋を借りることができれば、賃貸住宅の方が支払いの負担が少なくなることもあるのです。






持ち家と賃貸住宅の修繕費用を比較


持ち家:老朽化すれば修繕費用が必要で、集合住宅であれば管理費も必要


賃貸:毎月家賃と一緒に管理費の支払いが必要だが、修繕費用は不要


持ち家でも賃貸住宅でも、年月の経過と共にどんどん劣化していきます。


劣化していけば修繕をしなければいけないので、そのための費用が必要です。


持ち家の場合と賃貸住宅の場合では、必要な費用も異なりますし、持ち家であっても一軒家と集合住宅でも異なっている点があります。


どれだけ修繕費用が必要になるのかをまずは比較してみましょう。






持ち家:老朽化すれば修繕費用が必要で、集合住宅であれば管理費も必要


持ち家に必要となる修繕費用


家も年月の経過でどんどん劣化するので、ある程度年月が経過すれば修繕費用が発生するでしょう。


最近は災害が多いので、災害で受けた被害も保険だけでは賄えない場合も多いのです。


持ち家は自分の家なので、修繕費用も保険料を除けば実費となります。


ゼロから全て立て直すわけではないので、購入時に比べれば費用は安くて済みますが、リフォームするのにもかなり高額な費用が必要です。


一部分だけをリフォームした場合でも、300万円以上は必要と言われていますし、持ち家を丸ごとリフォームした場合には、購入価格の半分程度必要になると言われています。


年月が経過すればそれだけ高額になるので、大体30年経過したらリフォームするのがよいとされています。


高い金額が必要なリフォームも、実は減税の対象となっています。


所得税や固定資産税が適用要件によって控除されるので、利用しない手はないでしょう。





集合住宅では修繕積立金を支払う


持ち家にも一軒家と集合住宅があります。一軒家の場合には全て実費で修繕しなければいけません。


それに対して集合住宅の場合には、毎月修繕積立金を納めるのが一般的です。


この修繕積立金を使ってリフォームなどが行われるので、毎月の支払額が発生するものの、リフォームの費用を改めて支払う必要がないのでかなり助かります。


ただし、共用スペースや外壁、塗装などの面に限るので、室内の修繕は実費となるので注意しましょう。


問題なのは毎月どれぐらい支払わなければいけないのかという点でしょう。


これも集合住宅の規模や地域によって異なりますが、国土交通省の調査によると、2013年時点で平均的な修繕積立金は1万783円となっています。


集合住宅では、この修繕積立金の他にも、管理費の支払いが発生します。管理費の平均価格も修繕積立金と同じぐらいです。






賃貸:毎月家賃と一緒に管理費の支払いが必要だが、修繕費用は不要


賃貸住宅は修繕費用の支払いは必要なし


持ち家では必要不可欠となる修繕費用ですが、賃貸住宅の場合には支払う必要はありません。


家を借りたときに自分で持ち込んだ家電製品などの買い替え費用は必要ですが、元から設置されていた物に関しては、買い替え費用を支払うこともないのです。


最近ではエアコンが最初から設置されていることが多いでしょう。


もし最初から設置されていたエアコンが故障した場合、まず大家や管理会社に連絡をしましょう。


自分で修理するように言われるケースは殆どありません。


逆に元から設置されている物を、勝手に買い替えたりしてはいけません。


窓ガラスが割れた場合、ドアなどの故障なども同様で、基本は大家や管理会社への連絡となります。


修理が必要になった場合も、借りている側が費用を持つことは滅多にありません。


そのために家賃にプラスして、管理費を支払っているのです。


ただし、老朽化や災害などで大規模なリフォームが必要になった場合は、退去しなければいけないケースもあります。






諸事情で支払いができなくなった場合


諸事情で支払いができなくなった場合


持ち家:任意売却か競売にかけられて家を失う


賃貸:裁判や強制退去になるケースが一般的


増税や物価高、就職難などで生活が厳しくなる人が多い現在では、家を購入しても住宅ローンが支払えなくなるケースもあります。


賃貸住宅を借りている人でも、家賃を滞納してしまう人もいます。


もし住宅ローンの支払いや家賃の支払いができなくなった場合、どちらの方が大変なのでしょうか。






持ち家:任意売却か競売にかけられて家を失う


住宅ローンの支払いができなくなったらどうなるのか


住宅ローンというのは、業者からお金を借りて住宅の購入に充てられる代わりに、利息を付けて返済する義務が発生するシステムです。


そのため、住宅ローンを完済するまでは自分の持ち家とはならず、ローン業者の持ち家となっています。


途中で返済ができなくなれば、当然自分の持ち家とはなりませんし、借金を返済しきっていないことになるので、そのまま放置することはできません。


もし住宅ローンが返済できなくなった場合、そのまま放置すると家を競売にかけられます。競売にはメリットもありますが、圧倒的にデメリットの方が多いでしょう。


住宅ローンの支払いが滞ると、最初は督促状が送られてきます。


それでも支払いを行えない状態が続くと、裁判所から競売開始決定通知が届きます。


こうなると強制的に家を差し押さえられ、売却の金額なども一切決めることができません。


売れた家の料金は借金の返済に充てられるので、それで残債を支払い切れれば問題ありませんが、足りない分は競売後も支払いを続けなければいけません。


残債も競売の場合は一括で迫られるケースが多いでしょう。


立ち退きも強制的に行われますし、個人情報も一部公開されるので、プライバシーが守れないのもデメリットです。


ただ自分で手続きなどを一切行う必要がない点だけはメリットだと言えます。




住宅ローンが払えなくなったときの対策


もし住宅ローンが支払えなくなったら、競売にかけられるまで待つよりも、任意売却をした方がよいでしょう。


任意売却とは、家が競売にかけられる前に自分で家を売ってしまう方法です。


しかし、住宅ローンが完済するまでは自分の持ち家にならないのに、売ることができるのかと疑問を持つ人も多いでしょう。


もちろん勝手に行うことはできないので、債権者の許可が必要です。


共有者がいれば共有者の同意も必要ですし、連帯保証人の同意も必要です。


さらに競売や別の案件で差し押さえがされていないことが条件となっています。


これらの条件を満たして初めて任意売却ができますが、個人で全て行うのは難しいので、通常は弁護士や不動産屋に相談をして決めます。


任意売却は競売に比べて市場に近い金額で売れることや、個人情報が守られるなどのメリットが多いので、迷ったらまずは任意売却を考えてみましょう。









賃貸:裁判や強制退去になるケースが一般的


家賃が支払えなくなったらどうなるのか


住宅ローンの支払いができなくなった場合は、競売や任意売却となりますが、賃貸住宅を借りている人が家賃の支払いができなくなったらどうなるのでしょうか。


賃貸住宅というのは、家の持ち主にお金を支払うことで借りている物件であるため、当然退去しなければいけません。


しかし、1ヵ月程度であれば支払い忘れということも考えらえるので、家賃の支払いに関しても借りるときにいろいろな取り決めが行われているのです。


まず家賃の滞納が発生すると、借主のところに支払いが行われていないと連絡が来ます。


その後速やかに支払われれば問題ありませんが、支払いが行われていないと、連帯保証人に連絡がいきます。


もしくは督促状が届くこともあるでしょう。


それでも放置しておくと、契約解除通知が届きます。


契約書の内容や持ち主によって、契約解除通知が届くのが早い場合と遅い場合がありますが、3ヶ月以上家賃の滞納をした場合、確実に届くと思ってよいでしょう。


それでも退去や支払いが行われないと、裁判となって強制退去を迫られることとなります。






家賃が支払えなくなった場合の対処法


どうしても家賃が支払えなくなった場合、大家や管理会社に連絡をして、なぜ支払いが難しいのかを申し立てて相談しましょう。


病気やケガなど、やむを得ない事情がある場合には、家賃の分割払いや後に支払いをまとめて行うなどの対策をしてくれることもあります。


その際には連帯保証人を交えて交渉する可能性が高いでしょう。しかし、現在では身内がいない人が多いため、保証会社を利用する人もいます。


保証会社を利用していると、取り立てが厳しくなることも多いですし、融通が利かない場合が殆どです。


家賃の支払いが滞る前に相談をするのが基本なので、生活が厳しくなったら、契約書にもう1度目を通して家賃に関する取り決めなどを見直しておきましょう。


そして督促状の送付や連帯保証人へ連絡がいく前に相談しましょう。






賃貸住宅と持ち家の主なメリット


賃貸住宅と持ち家の主なメリット


持ち家:ローン完済後は自分の資産となり支払額も減る


賃貸:住み替えがしやすく修繕費用が不要


持ち家にも賃貸住宅にもいろいろとデメリットもありますが、メリットもあります。


い点を比較することで、どちらが自分に適しているか考えてみるのもよいでしょう。


今まで紹介した点を踏まえてメリットを紹介します。




持ち家のメリット


持ち家最大のメリットは、自分の資産になることでしょう。


自分の資産となれば、他に借入を行う場合の担保にすることも可能です。


住宅ローンを完済してしまえば、固定資産税以外は定期的な支払いもなくなります。


家を自分好みに作ることもできますし、気に入らなければ改装もできます。


自分の生活スタイルや好みに合わせて設計でいる点も持ち家のメリットです。




賃貸住宅のメリット


賃貸住宅は、共用スペースや最初から取り付けられている器具類などの修繕を一切行う必要はありません。


もちろん自分の不手際で壊した場合は除きます。


生活する上で必ず必要になるメンテナンスやリフォームの費用が必要ないのはかなりのメリットでしょう。


住む場所を変えたい場合でも、気軽に引っ越しができます。近年は家賃の増額もあまり行われておらず、据え置きの物件が多くなっています。






【賃貸と持ち家のメリット、デメリット】のまとめ


【賃貸と持ち家のメリット、デメリット】


今回は賃貸と持ち家のメリット、デメリットについてまとめてみたのですがいかがでしたか。


賃貸住宅のメリットは、共用部分や最初から配置されているクーラーなどの電化製品などが故障した場合でも、修理にお金が必要ないことです。


引っ越しもしやすいので住み替えにも便利ですが、毎月家賃の支払いが発生することや、自分の資産にならないというデメリットもあることを覚えておきましょう。


持ち家の場合には、住宅ローンを完済すれば自分の資産となりますし、リフォームなども自由に行えます。


ただし修繕費用は全て実費となりますし、固定資産税の支払いが発生するのはデメリットです。


両方とも一長一短があるので、よく比較をして考えてみましょう。


お互いのメリットとデメリットがわかれば、より自分に合った物件で生活できる可能性が高くなります。




関連記事


【賃貸物件に長く住み続けるのは損?それとも得?】ちょっとした豆知識
【賃貸物件に長く住み続けるのは損?それとも得?】ちょっとした豆知識≫

【老後は持ち家?それとも賃貸?どっちが良い?】メリット・デメリットの紹介
【老後は持ち家?それとも賃貸?どっちが良い?】メリット・デメリットの紹介≫



≪ 前へ|【ヨガスタジオとオンラインヨガの違いを徹底解説】自分にピッタリなヨガの練習スタイルとは?!   記事一覧   【寒いとスマホのバッテリーの減りが早い?】噂と寒さ対策について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
asa
家庭菜園
奈良市押熊町
ラ ハレ
学園緑ヶ丘
尼ヶ辻 一戸建て
レオパレスブルーメ
大和郡山 南郡山
サガラ
大和西大寺 レオパレス
天理二階堂パーク・ホームズ
コート富雄
追い炊き
耐震構造

検索履歴をもっと見る