Example: A Site about Examples

掲載物件数12179

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【ブルーマップとは?】活用法や閲覧方法など詳しく解説

【ブルーマップとは?】活用法や閲覧方法など詳しく解説

≪ 前へ|【賃貸のお部屋に防犯カメラ設置はあり?】個人で取り付け時注意すべき事   記事一覧   【こむら返りの原因とは?】知っておきたい4つの対策をご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


ブルーマップについて詳しく知る


ブルーマップについて詳しく知る


ブルーマップという名前は聞いたことがあるけれど、どんなものなのか、どのように活用するのかまでは知らないという人もいるでしょう。


「地番」「公図」「用途地域」「住居表示」この4つの情報を知りたい時に役立ちます。


そこでブルーマップの活用方法や、どのような情報が得られるのかなどを詳しく解説していきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





ブルーマップとは何か


ブルーマップとは何か


ブルーマップというのは、住居表示地番対照住宅地図のことで、住宅が詳しく記載されている地図に、地番の情報を重ね合わせたマップのことを言います。


地図に記載されている内容が青色で書かれていることから、ブルーマップと呼ばれているのです。


一般的な地図の場合には、住所や施設の名前、道などが表示されているのですが、地番は表示されていません。


しかし、登記事項証明書を取得するためには地番の情報が必要になるので、その際にブルーマップが使用されているのです。


地番以外にも公図界や公図名、親番界などを知ることができるのですが、一般の人の場合には、住所や目的の場所を知るために地図を活用するので、あまりブルーマップをメインで使用することはないでしょう。


それもそのはずで、もともとブルーマップというのは、不動産関係の人や官公庁向けに作られているのです。


主にブルーマップを使う人というのは、不動産関係の仕事をしている人、金融機関に勤めている人で、不動産登記に関する業務を行っている人などに限られます。






ブルーマップを使うと何がわかるのか


ブルーマップを使うと何がわかるのか


一般的な地図では、施設などの場所や道順などを調べるために活用されていますが、ブルーマップは別の目的で使用されています。


そこでブルーマップを使うことで得られる「地番」「公図」「用途地域」「住居表示」について解説していきます。


地番

ブルーマップを使うことで、一般的な地図では得られない情報をいろいろと知ることができるのですが、その1つが地番になります。


ブルーマップを見ると、青い文字で数字が書かれているのがわかりますが、この数字が地番です。


地番というのは、土地の特定性を表す目的で与えられている番号になるのですが、主に不動産登記で使われています。


親番号や枝番号などと言われることもありますが、一般的には地番と言うことが多いでしょう。


公図

ブルーマップには、公図番号が表記されています。


最初に公図と書かれており、その後に番号が振られています。


この番号のことを公図名と呼ぶのですが、公図の請求を行う際に必要な情報となっています。


地番はそれほど正確に記載されているわけではないのですが、公図は比較的正確に記載されているため、土地の位置、形状などを正確に把握することを目的に利用されています。


用途地域

ブルーマップを見ると、用途地域に関する情報も確認することができます。


地方自治体が作成している都市計画図には、商業地域や工業地域、住宅地域などが明記されていますが、わかりやすいように地域別に違う色が使用されているのが特徴です。


例えば商業地域であれば、青い色が用いられています。


さらに容積率や建ぺい率も記載されているので、容積率を見たい場合には上段の数字を確認し、建ぺい率を見たい場合には下段の数字を確認しましょう。


住居表示

ブルーマップでは住居表示を知ることも可能です。


よく見るとブルーマップにはピンク色で町名が書かれているのがわかるでしょうが、これが住居表示になります。


大きくて有名な施設から探したいエリアを特定することも可能です。






主なブルーマップの活用方法


主なブルーマップの活用方法


ブルーマップの見方はわかっても、どのように活用するのかを知らなければ意味がありません。


そこで主なブルーマップの活用方法である「住居表示から地番を調べる」「用途地域の情報を調べる」「土地の正しい位置や容積率を調べる」これらについて解説をしていきます。


住居表示から地番を調べる

ブルーマップを使用しても、簡単に地番がわからないこともあります。


そんなときには住居表示を調べることで、地番が探しやすくなります。


まずは市区町村名で探し、その次に町域名、そして丁目という順番で探すようになるのですが、探す場合には50音順で並んでいるので、比較的探しやすいでしょう。


しかし、日本には同じ漢字が使われていても、地域によって読み方が異なる場合が多々あります。


そのため、正確な読み方を事前に調べておくことも重要です。


用途地域の情報を調べる

土地というのは使用用途があらかじめ決められています。


大きく分けると商業地域に工業地域、住宅地域がありますが、場所によって建築が可能な建物の種類が決まっています。


何か建物を建設したい場合には、建設が可能であるかあらかじめ知る必要があるのですが、そのための情報収集にもブルーマップは活用できるのです。


また、建ぺい率の計算にも用いることができます。


土地の正しい位置や容積率を調べる

税金大国である日本では、遺産相続をするときにも相続税という税金を取られてしまいます。


特に土地や建物のような不動産の場合、かなり高額の遺産となるので、相続税の支払いが発生する可能性が高いと言えるでしょう。


しかし、一般の人では物と違って正確な価値がわかりませんので、税理士に依頼をして相続税の計算をしてもらうのが一般的です。


相続税の計算には、容積率や土地の正しい位置などを知る必要があるのですが、その際にもブルーマップは活用できるのです。






一般の人でもブルーマップを見ることができる


一般の人でもブルーマップを見ることができる


あまり一般の人がブルーマップを見ることはないでしょうが、実は一般の人でも普通にブルーマップを見ることが可能です。


しかし、見たことがないという人も多いでしょうから、どのようにして見るのかを確認してみましょう。


主な方法としては「国会図書館」「規模が大きな図書館」「法務局」「ゼンリン」「役場」「オンラインショップ」で購入、閲覧が可能になっています。


国会図書館

日本では東京都と京都府の2箇所しか存在していない国会図書館で、ブルーマップを見ることができます。


国会図書館に行けば、日本全国のブルーマップを見られるのが大きなメリットでしょう。


ただし、図書館で貸し出しを行っている本とは違い、ブルーマップは借りることはできないので、複写やその場で閲覧するしか見る方法はありません。


規模が大きな図書館

図書館の中には規模が大きなところも存在しています。


規模が大きな図書館に行けば、ブルーマップが置かれている場合もあります。


もちろん規模が大きければどこの図書館にも置いてあるというわけではありません。


また、他の本のように貸し出しには対応していないため、国会図書館と同じように、その場での閲覧や複写をするようになります。


法務局

各市区町村には、法務局が設けられていることもあります。


法務局に行くことでもブルーマップの閲覧や複写は可能ですが、貸し出しにはもちろん対応していません。


また、法務局が管轄しているエリアのブルーマップしか置かれていないのも特徴です。


もし地番だけ知りたいという場合には、法務局まで出向くよりも、電話で問い合わせをした方が手っ取り早いですし、法務局まで行く手間も省けます。


ゼンリン

ブルーマップはゼンリンが発行しているため、ゼンリンの営業所やサービスセンターに行くことで購入ができるのです。


また、ゼンリンの公式オンラインストアでも購入が可能ですが、図書館や役場、法務局と異なっている点は、無料で閲覧ができるのではなく、お金を出して購入してから見るという点です。


一般の人は購入するメリットがあまりありませんが、不動産関連の人であればブルーマップは必需品となっているので、購入してみるのもよいでしょう。


役場

市区町村の役場でも、ブルーマップを見ることは可能です。


しかし、ブルーマップその物ではなく、ブルーマップの代わりとなる地積合成図になっています。


もちろんその場での閲覧だけではなく、複写をすることも可能です。


オンラインショップ

ゼンリンの公式オンラインショップだけではなく、別のオンラインショップでもブルーマップを取り扱っているところがあります。


ただし、ゼンリンと同じように、ブルーマップの閲覧や複写を無料で行うのではなく、実際に購入してから見るという形になります。






【ブルーマップとは?】まとめ


【ブルーマップとは?】まとめ


あまり聞くことや見ることがないブルーマップですが、一般的な地図では得ることができない情報を確認することができます。


そのため、不動産関連の業者や、不動産登記に関連しているような業務の人しか見る機会がないと言えるでしょう。


しかし、不動産を相続した場合などは、ブルーマップのことについて知っておくと便利なので、どのような情報を見ることができるのか、どういった活用法があるのかなどを知っておくと役立ちます。





  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


≪ 前へ|【賃貸のお部屋に防犯カメラ設置はあり?】個人で取り付け時注意すべき事   記事一覧   【こむら返りの原因とは?】知っておきたい4つの対策をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

コンフォート酒井

コンフォート酒井の画像

賃料
5.9万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺3丁目
交通
奈良駅
徒歩20分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
ALHOUSE南城戸
みつがらす
家(
シャーメゾン きたまち
動画
四条大路 シャーメゾン
レサ
D-room
タケダ
パレス郡山
加茂
デュ
東井

検索履歴をもっと見る