掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 桜井市の家庭ゴミ出しのルール【2021年版】

桜井市の家庭ゴミ出しのルール【2021年版】

≪ 前へ|【日本最古、安産祈願の歴史】奈良県帯解寺の魅力とは?   記事一覧   【収納の種類ってこんなにある?】メリットとデメリットをご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:賃貸のマサキ インフォメーション

桜井市の家庭ゴミ出しのルール


【桜井市の家庭ゴミの出し方】新生活を始める前に、知っておきたいゴミ出しのルール


ようやく条件にあった物件を見つけていざ引っ越してみると、「ゴミの出し方が面倒くさい!」というご意見をいただくことがあります。

ゴミの出し方や分別方法は各自治体によって異なるため、面倒くさがり屋の方は物件探しの際に少し気にされたほうがいいかもしれませんね。


ここでは、桜井市のゴミの出し方や収集日などについてご紹介します。桜井市のホームページでも確認できる内容ですが、ホームページでは情報がバラバラに記載されているため、わかりやすくまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。




桜井市が扱っているゴミの種類と収集方法


桜井市の家庭ゴミ出しのルール


桜井市のゴミ収集日に出せるゴミは、「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「空き缶」「空きびん」「ペットボトル」「新聞・ダンボール」「雑誌・牛乳パック」の7種類です。

収集曜日は、お住まいの地域によって月曜日・木曜日コースと火曜日・金曜日コースに分かれているので、市のホームページなどで確認しましょう。

また、「粗大ゴミ」は、個別収集を申し込むか、桜井市グリーンパーク(環境処理センター)へ持ち込む必要があります。


それでは、桜井市のゴミの分別ルールや回収方法について詳しくみてみましょう。



桜井川市ごみの種類・分別と出す日・場所・出し方早見表


ごみの種類 出し方 (月曜日・木曜日コース) (火曜日・金曜日コース) 集積場所
可燃ごみ
【もやせるごみ】
有料
(指定袋)
毎週月・木曜日 毎週火・金曜日 可燃ごみ集積所
不燃ごみ
【もやせないごみ】
第1・3水曜日 第2・4水曜日 不燃ごみ集積所
空きビン 無料 第1・3金曜日 第1・3月曜日 資源物集積所
空き缶 第2金曜日 第2月曜日
ペットボトル 第2・4水曜日 第1・3水曜日
新聞 無料
(必ずひもで十字にしばる)
第1・3火曜日 第1・3木曜日
ダンボール 第2・4火曜日 第2・4木曜日
雑誌・牛乳パック 第4金曜日 第4月曜日



可燃ゴミ【もやせるごみ】(収集/週2回)


・有料(指定袋)

・可燃ゴミ【もやせるごみ】収集対象品目

生ごみ、食用油、木切れ、紙おむつ、再資源化できない紙類(銀紙、カーボン紙、感熱紙など)、再資源化できない布類(帽子、カーテン、綿入り、羽毛入りなど)、布くず、プラスチック類、ビニール類


・注意点

生ごみは、よく水切りをしてください。

食用油は、紙や布にしみ込ませるか、凝固剤で固めます。

木切れは、直径10センチメートル以内で指定袋に入るサイズのものです。

紙おむつは、汚物を取り除いてください。

プラスチック類は「PETマーク」が付いていないペットボトル、トレー、発泡スチロール、ビデオテープ、カセットテープ、その他プラスチック類に限られます。




不燃ゴミ【もやせないごみ】(収集/月2回)


・有料(指定袋)

・不燃ゴミ【もやせないごみ】収集対象品目

油ビン・カン、ガラス製品、耐熱ガラス製品、家電品、刃物類、筒型乾電池、電球、蛍光灯、傘、針、金属類、陶器類、乳白色化粧ビン・マニュキュアなど


・注意点

油ビン・カンは、水洗いできないものに限ります。

家電品は、家電リサイクル法対象品以外が対象です。

刃物類の刃物部分は、再資源化できない紙に包んで指定袋に入れて出してください。

水銀電池、ボタン電池、充電式電池は販売店などで引き取ってもらってください。

金属類は、薄いものに限られます。

乳白色化粧ビンやマニュキュアなどは、中身を使い切ってから出してください。


<家電リサイクル法対象品とは>

家電リサイクル法によって家電製品を処分する場合、消費者が小売業者に、小売業者が製造業者に廃家電製品を引き渡すことが義務づけられました。

集められた廃家電製品は製造業者が責任をもってリサイクルします。

家電リサイクル法の対象となる家電には以下のようなものがあります。


・エアコン(室外機を含む)

・テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)

・冷蔵庫(冷凍庫)

・洗濯機・衣類乾燥機


家電リサイクル法対象品を処分するときは、家電リサイクル料金が掛かります。

処分は家電小売業者に依頼するか、または、ご自身で指定引取場所、もしくは桜井市グリーンパークへ持ち込んでください。




資源物:空きカン(収集/月1回)


・無料

・資源物集積所でコンテナ収集

・資源物:空きカン収集対象品目

ジュースのカン、ビールのカンなど


・注意点

中味を出し切って洗浄し、各家庭で保管したのち収集日にカンだけを資源物集積所のコンテナに入れます。




資源物:空きビン(収集/月2回)


・無料

・資源物集積所でコンテナ収集

・資源物:空きビン収集対象品目

ジュースのビン、果実酒のビン、調味料のビン、乳白色以外のビンなど


・注意点

必ずフタを取り、中味を出し切って洗浄し、各家庭で保管したのち収集日にビンだけを資源物集積所のコンテナに入れてください。

キャップやフタは、「不燃ゴミ」になります。

ビールビン、酒、醤油等の一升ビンなどのリターナブルピン(生ビン)は、販売店に引き取ってもらいましょう。

割れた空きビンや油のビン、飲食用以外のビン(乳白色の化粧品のビンなど)、耐熱ガラス製品なども「不燃ゴミ」になります。




資源物:ペットボトル(収集/月2回)


・無料

・資源物集積所で専用ネットまたはコンテナ収集

・資源物:ペットボトル収集対象品目

飲料用、酒類、しょう油のペットボトル


・注意点

必ずフタとラベルを取り、中味を出し切って洗浄し、各家庭で保管したのち収集日に指定された資源物集積所に出します。

つぶさず、袋に入れずに出してください。

キャップやラベルは、「可燃(もやせる)ゴミ」になります。

PETマークのないもの、PET以外のマークのもの、しょう油以外の調味料(ソース・たれ等)、食用油、非食品(洗剤・シャンプー・化粧品・医薬品)などのペットボトルも対象外なので、「可燃(もやせる)ゴミ」の日に出します。




資源物:新聞・ダンボール(収集/月2回)


・無料

・資源物集積所で専用ネットまたはコンテナ収集

・資源物:新聞・ダンボール収集対象品目

新聞、ダンボール


・注意点

新聞紙には折り込み広告、チラシも含まれます。

ダンボールの場合、ガムテープ・セロテープ・ホッチキスの針などはすべて取り除いてください。

必ずひもで十字にしばって、資源物の集積所に出します。

ホッチキスの針などは、「不燃(もやせない)ゴミ」になります。




資源物:雑誌・牛乳パック(収集/月1回)


・無料

・資源物集積所で専用ネットまたはコンテナ収集

・資源物:雑誌・牛乳パック収集対象品目

雑誌類(ノート・教科書・雑誌・絵本・辞典・単行本・週刊誌・カタログ・冊子など)、牛乳パック(ビニール・アルミが貼ってあるものを除く紙パック)


・注意点

必ずひもで十字にしばって、資源物の集積所に出してください。

窓のついた封筒、油紙、アルミホイル、紙コップ、写真、感熱紙、ワックス加工紙、ノーカーボン紙、はがき、便せん、ガムテープなどは「可燃(もやせる)ゴミ」です。

金属クリツプ、ファイルの金具、ホッチキスの針などは「不燃(もやせない)ゴミ」です。




粗大ごみ(個別収集、もしくは持ち込み)


・有料(粗大ごみ収集利用券)

・個別収集は1回4点以内、2か月に1回だけ申し込み可能

・粗大ごみ収集対象品目

タンス、椅子、じゅうたん、自転車、ふとん、など


・注意点

指定袋に入らないもの、破砕や切断処理をしなければならないものが対象です。

事前に電話申し込みをし、収集日に出しておきます。

持ち込みの場合は、桜井市グリーンパーク(環境処理センター)へ直接持ち込むことになります。

収集利用券で持ち込む場合は無料ですが、無い場合は10キログラムにつき160円の費用が掛かります。




指定収集袋、粗大ごみ収集利用券について


指定収集袋と粗大ごみ収集利用券は、「取扱店」の表示または掲示のある店で購入できます。

指定収集袋の料金(2019年10月現在)は以下のとおりです。


・大(45リットル)10枚入り…500円

・中(30リットル)10枚入り…300円

・小(15リットル)10枚入り…150円


粗大ごみ収集利用券には、100円券、200円券、300円券の3種類があります。

粗大ごみの種類によって処理手数料が変わるため、必要な分だけ購入して使用します。




使用済小型家電は専用の回収ボックスへ


桜井市の家庭ゴミ出しのルール


これまで「ゴミ」として廃棄されていた小型家電にはレアメタルなどの貴重な資源が含まれていることがわかりました。

そのため、使用済の小型家電を回収し、資源の有効利用を図るために「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が定められました。

桜井市では、この大切な資源をリサイクルするため、市施設に回収ボックスを設置し、無料で回収をおこなっています。


・回収方法

市内7ヶ所にある専用の回収ボックスに投入


・回収ボックス設置場所

市役所本庁舎、桜井市グリーンパーク、市立中央公民館、市立図書館、市立桜井北ふれあいセンター、市立桜井西ふれあいセンター、市立桜井東ふれあいセンター


・使用済小型家電対象品目

31cm×15cmの投入口に入る使用済小型家電(17品目)


・具体的な対象品目

携帯電話・PHS、スマートホン、電話機、ゲーム機(卓上型・携帯型)、デジタルカメラ、ビデオカメラ、ポータブルDVDプレーヤー、ICレコーダー、テープレコーダー(デッキを除く)、電子辞書・電子手帳・電卓、携帯ラジオなど


※詳しくは桜井市のホームページでご確認ください。




ちょっとした工夫で、ゴミの分別を簡単に!


桜井市の家庭ゴミ出しのルール


ゴミを細かく分別するのは「面倒くさい」と思われるかもしれませんが、少し工夫すれば意外と簡単です。

たとえば、桜井市の場合は「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「空きビン」「空き缶」「ペットボトル」がおもな分別対象になるので、ゴミ箱を5つ用意するのがもっとも効率的です。


ただし、ゴミ箱を5つも揃えるとスペースを取るので、3つだけ用意して「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」は一つずつ、あとの「空きビン」「空き缶」「ペットボトル」は少し大きめのゴミ箱の中に3枚のビニール袋をセットするといいでしょう。

そうすればゴミ箱を置くスペースは、かなり抑えられます。

それでも手狭に感じるようなら、縦に重ねるタイプのゴミ箱を選ぶのもいいかもしれません。


ゴミは毎日出るものです。ストレスを感じないようにライフスタイルに合わせて工夫してみましょう。




桜井市ごみについてのお問合せ先


桜井市市役所


住所:〒633-8585 奈良県桜井市大字粟殿432-1
業務時間:8時30分~17時15分
閉庁日:土・日・祝・年末年始
電話:0744-42-9111
ファクス:0744-42-2656
桜井市公式ホームページ




関連記事


【奈良市vs桜井市】住みやすさ徹底比較!住環境・口コミ・評判ご紹介の記事
【奈良市vs桜井市】住みやすさ徹底比較!住環境・口コミ・評判ご紹介≫

≪ 前へ|【日本最古、安産祈願の歴史】奈良県帯解寺の魅力とは?   記事一覧   【収納の種類ってこんなにある?】メリットとデメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
TM
サンリット
AL
NARA
城山台
高塚
玄関収納
イル
モンターニュ
リビングタウン
花木鳥
西川
フローレンス
フローレンス 

検索履歴をもっと見る