掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【洗面所に家族分のタオル掛けを設置する方法】素材の特徴やメリットをご紹介!

【洗面所に家族分のタオル掛けを設置する方法】素材の特徴やメリットをご紹介!

≪ 前へ|【奈良町で見かける赤い人形とは?】身代わり申を吊るす理由   記事一覧   【印鑑登録とは?】印鑑登録の手続きの行い方や持ち物について|次へ ≫
カテゴリ:賃貸のマサキ インフォメーション

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


洗面所に家族分のタオル掛けを設置したい


洗面所に家族分のタオル掛けを設置したい


タオルは家族であっても、自分専用の物をそれぞれ用意したいと希望する人もいるでしょう。


しかし、洗面所に家族分のタオル掛けがない場合、どうすればよいのか、どのような対策「吸盤式」「扉に引っ掛けるタイプ」「マグネットタイプ」「自立式」があるのかを紹介していきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





ちょっとした工夫で人数分のタオル掛けを用意できる


ちょっとした工夫で人数分のタオル掛けを用意できる


タオル掛けを用意するにも、洗面所が狭いのでどうすればよいか迷っている場合、ちょっとした工夫で人数分のタオル掛けを用意できます。


もちろんそれほどスペースを必要としませんし、対策をするのに大金が必要になるわけではありません。


そこでたいしてお金をかけずにできる「吸盤式のタオル掛けを使用する方法」「扉に引っ掛けるタイプのタオル掛けを使用する方法」「マグネットタイプのタオル掛けを使用する方法」「自立式のタオル掛けを使用する方法」を紹介します。


吸盤式のタオル掛けを使用する方法

タオル掛けにはたくさんの種類がありますが、吸盤式の物も販売されています。


吸盤式のタオル掛けを使用する場合には、吸い付ける場所に注意しなければいけません。


吸盤が取り付けやすいところというのは、タイルやガラス、プラスチックなどになります。


逆に取り付けにくい場所というのは、木部や漆喰、砂壁や壁紙です。


洗面所に吸盤が取り付けやすい場所があるときに効果的な方法なのですが、吸盤が取り付けにくい場所でも工夫することで何とかなります。


その方法というのは、吸盤用補助板という商品を使う方法です。


この方法なら吸盤がくっ付きにくい場所でも使用することができますし、タオルの重量に耐えきれなくて、すぐに吸盤が剥がれてしまうときにも使えます。


これなら無駄な場所を取ることなくタオルを設置することができるのですが、他の方法もいくつか存在しています。


吸盤式のタオル掛けを使用する方法も、対策の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。


扉に引っ掛けるタイプのタオル掛けを使用する方法

扉にフックで引っ掛けて使用するタイプのタオル掛けも販売されています。


設置しても痕が残らないので、賃貸住宅でも安心して使用できますし、ある程度タオルの重量があっても安心できます。


もちろん場所も取りませんので、タオル掛けとして利用するにはとてもよい方法です。


ただし、住んでいる住宅によっては取り付けられる場所が限定されてしまうこともあるので、あまり大人数で生活している家庭には向いていないと言えるでしょう。


マグネットタイプのタオル掛けを使用する方法

あまりスペースを取らずに設置できるという点では、かなり優れていると言えるのがマグネットタイプのタオル掛けを設置する方法です。


マグネットと言えば金属面などに取り付けるのが一般的ですが、洗面所にマグネットを取り付けられるところがない場合には、マグネットバーを購入することで設置が可能になります。


最近は磁力の強いタイプも販売されているので、タオルであれば問題なく掛けることができるでしょう。


値段も1000円程度で購入できるので、磁力の強いタイプを購入するのがおすすめです。


自立式のタオル掛けを使用する方法

家族の人数が多い場合には、今まで紹介してきた方法では家族分のタオルを掛けるのが難しい場合があります。


そんなときには自立式のタオル掛けを使用するのがよいでしょう。


床に置くタイプなので、他の方法よりは幅を取ってしまうのですが、その分たくさんのタオルを掛けておくことが可能です。


洗面所がある程度広い場合には、常に設置しておいてもよいのですが、あまり幅が取れないのであれば、折りたたみ式の物を購入するのがおすすめです。


そうすればタオルを掛けるときだけ設置して、使用しないときには折りたたんでしまうことができます。


多少大きなタイプを購入する場合には、普通のタオルだけではなく、バスタオルなども掛けておくことができるので、検討しておくとよいでしょう。






タオル掛けの特徴を知っておく


タオル掛けの特徴を知っておく


前項ではおすすめできるタオル掛けの種類を簡単に紹介してきましたが、現在ではいろいろなタイプの物が売られています。


同じタイプでもデザインが異なる物やサイズが異なる物もあります。


そこで最適なタオル掛けを選ぶために、タオル掛けの特徴を把握しておくべきです。


いろいろな物が販売されているので、最初にどのような物があるのかを知っておくと選びやすくなるでしょう。


タオル掛けを選ぶ場合には、幅と形も重要になります。


一般的なタオル掛けの場合には、幅が30センチから40センチぐらいの物が多いですが、使用するタオルの種類や洗面所の構造によっても最適なタイプは変わってきます。


狭い洗面所で複数のタオル掛けを使用する場合には、やはり幅の狭いタイプでなければ人数分設置するのが難しくなるので、30センチかそれ以下のタイプがよいでしょう。


ある程度広い洗面所であれば、余裕をもってタオルを掛けられる40センチかそれ以上の物がおすすめできます。


また、タオル掛けにはタオルバーと呼ばれている棒状の物がよく使用されていますが、どうしても幅が取れないのであれば、リング状のタオル掛けを使うのもよいでしょう。


リング状なので幅は狭くなってしまいますが、狭い場所でも問題なく使えるのがメリットです。


タオルリングは幅が15センチぐらいの物が一般的になります。






タオル掛けに使われている素材


タオル掛けに使われている素材


タオル掛けにはいろいろな素材が使用されています。


素材によってメリットやデメリットも異なりますし、販売価格も異なります。


そこでタオル掛けによく使用されている「プラスチック」「真鍮(しんちゅう)」「ステンレス」「陶器」「木材」の5つの素材について見ていきましょう。


プラスチック

プラスチックもタオル掛けにはよく使用されています。


プラスチックはとても軽い上に低価格で売られていることが多いので、気軽に購入しやすい素材です。


しかし、他の素材に比べて耐久力があまりないのがデメリットですが、それでも丁寧に取り扱えば比較的長く使用できるでしょう。


真鍮(しんちゅう)

銅と亜鉛の合金が真鍮と呼ばれている素材ですが、水に強いのでタオル掛けにも使用されているのです。


錆びる心配もありませんし、耐久性も高いので、タオル掛けとしてはとても向いています。


他の素材よりも多少重量はありますが、タオル掛け自体が軽いので、取り付けや取り外しも簡単に行えるでしょう。


ステンレス

タオル掛けの定番の素材と言っても過言ではないのがステンレスです。


シンクなどにも使用されている錆びに強い素材になります。


見た目もきれいなので、人気の素材だと言えます。


ただし、全く錆びないというわけではなく、錆びた物と接していると、錆び移りをしてしまうので注意しましょう。


陶器

それほど数が多いわけではありませんが、陶器製のタオル掛けも販売されています。


ナチュラルな雰囲気が特徴なので、落ち着いた空間が好きな人に向いているでしょう。


錆びることもなく丈夫ですが、衝撃には弱いので、落とさないように注意が必要です。


木材

木製のタオル掛けも販売されているのですが、数はそれほど多くありません。


また、木製の素材は周りの雰囲気を柔らかくしてくれるので、タオル掛けもおしゃれにしたい場合には取り入れてみるのもよいでしょう。


軽くて取り扱いやすいのも特徴です。






導入しやすいおすすめのタオル掛け


導入しやすいおすすめのタオル掛け


今までタオル掛けの種類や素材について紹介してきましたが、種類が多すぎてどれを購入するべきか迷う人もいると思います。


そこでおすすめできる「真空吸着フック付きマルチバー」「tower」というタオル掛けがあるので、購入するときには検討してみてはいかがでしょうか。


真空吸着フック付きマルチバー

真空吸着フック付きマルチバーは、吸盤タイプのタオル掛けになります。


真空吸着フックという名前が付けられているように、真空吸着構造になっているので、普通の吸盤よりも強力に取り付けることができます。


バーにフックが取り付けられており、人数が多くても無駄なスペース取らないのがメリットです。


tower

towerというタオル掛けには、マグネット式と扉に引っ掛けるタイプがあります。

サイズも小さくタオルを押し込むだけで設置できます。


ただし、タオルを1つしか設置できないので、家族分購入するようになるでしょう。


複数購入するのは嫌だという人は、バスタオルハンガーを購入するのがおすすめです。


バスタオルハンガーは床に置く自立式の物になるので、多少幅は取ってしまう物が多いのですが、towerのバスタオルハンガーはスタイリッシュな設計になっているため、それほど幅は取りません。






【洗面所に家族分のタオル掛けを設置する方法】まとめ


【洗面所に家族分のタオル掛けを設置する方法】まとめ


洗面所に家族分のタオル掛けを設置したいのであれば、市販されているタオル掛けを利用するのがよいでしょう。


現在ではいろいろな種類があるので、どのように使用するのか、どのような素材やデザインの物があるのかをよく調べておくべきです。


その上で自宅に最適な物や、自分が気に入った物を取り入れてみましょう。


少し工夫するだけで、狭い空間の洗面所にも家族分のタオルが設置できるようになります。





関連記事


【独立洗面台のない物件を選ぶメリットとは?】工夫次第で快適生活!
【独立洗面台のない物件を選ぶメリットとは?】工夫次第で快適生活!≫

【賃貸版!家族3人で住むおススメ間取りとは?】間取りごとに解説!の記事
【賃貸版!家族3人で住むおススメ間取りとは?】間取りごとに解説!≫




Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【奈良町で見かける赤い人形とは?】身代わり申を吊るす理由   記事一覧   【印鑑登録とは?】印鑑登録の手続きの行い方や持ち物について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
学研都市H
エスポアジュネス
ネット料金
川久保町貸家
フラッツセンチュリー
プレミ
ラ ヴィ
奈良 神殿町
西の京駅
池の端ハイツ
川西町
リバーヒルM.
リバティ
九条駅

検索履歴をもっと見る