Example: A Site about Examples

掲載物件数12252

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【賃貸物件とシェアハウスの違い】シェアハウスについて詳しく知ろう!

【賃貸物件とシェアハウスの違い】シェアハウスについて詳しく知ろう!

≪ 前へ|【独立開業!創立費・開業費について解説】見こめる節税効果とは?   記事一覧   【ブラインドとカーテンの違いとは?】メリットとデメリットについて|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


シェアハウスについて詳しく知ろう


【賃貸物件とシェアハウスの違い】シェアハウスについて詳しく知ろう!


シェアハウスについて何となく知っている、名前だけは聞いたことがあるという人もいるでしょう。


しかし、詳しくは知らないという人もいると思うので、シェアハウスについて簡単に言えば1つの住宅の中で複数人が生活をする物件のことを言います。


どのような物件なのか、家賃相場やメリットなどを紹介していきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





シェアハウスとはどのような物件なのか


シェアハウスとはどのような物件なのか


まずはシェアハウスについて紹介していきますが、簡単に言えば1つの住宅の中で複数人が生活をする物件のことを言います。


家族での生活や友人、カップルなどと一緒に暮らす同棲とも違いますし、個人のプライベートをきちんと守れる個室が設けられているのが特徴です。


廊下やキッチン、トイレや風呂場などは共用スペースとなっており、社員寮や学生寮に近い感じだと言えるでしょう。


しかし、寮は門限や食事の時間などの決まりが設けられていますが、シェアハウスの場合には全て自由です。



そのため、食事や掃除なども全て自分たちで行うようになるのが寮とシェアハウスの違いです。


似たような物件にゲストハウスというのがありますが、ゲストハウスは短い期間だけ利用するのが一般的なので、住居というよりは宿泊施設といった感じです。


もちろんゲストハウスでも長期滞在が可能な場合もあるのですが、シェアハウスは宿泊施設ではなく、住居という扱いになっています。






シェアハウスにもいろいろな種類がある


シェアハウスにもいろいろな種類がある


一般的な賃貸住宅にも、アパートやマンション、一軒家などが存在しているように、シェアハウスにもいろいろな種類があります。


基本的には一般的な賃貸住宅と同じで、「集合住宅タイプ」と「一軒家タイプ」が存在しています。


さらに「相部屋タイプ」のシェアハウスも存在しているのです。



集合住宅タイプ


シェアハウスには、マンションやアパートのような集合住宅タイプの種類もあります。


しかし、一軒家タイプを一般的にシェアハウスと呼び、マンションやアパートのようなタイプのシェアハウスは、ソーシャルアパートメントと呼んで分けていることもあります


ソーシャルアパートメントの場合には、1人用の個室が設けられているだけではなく、風呂場やキッチンなども個人用として設置されているのが普通です。



一般的なマンションよりも、共用スペースが多く設けられているので、しっかりとコミュニケーションは取れるようになっています。


一軒家のシェアハウスではハードルが高いけれど、他の住民ともきちんと交流がしたいという人、自分だけになれる空間もしっかりと確保したいという人は、集合住宅タイプのソーシャルアパートメントを利用してみるのもよいでしょう。



一軒家タイプ


シェアハウスと言えば、こちらの一軒家タイプを想像する人も多いでしょう。


一軒家タイプのシェアハウスは、自分の部屋として使用するスペースはしっかりと設けられていますが、それ以外は全て共用となっている物件が大半を占めています。


風呂場やトイレ、キッチンやベランダ、庭なども同様です。


そのため、住民と協力をすることが必須となるので、しっかりとコミュニケーションを取ることができるでしょう。



食事や風呂などはしっかりと順番を決めて利用するようになりますし、自分の部屋以外は共有スペースになるので、自由に物を配置するのではなく、住民同士で話し合って決めるようになります。


住民同士で親戚や友人のような付き合い方をしたいという人は、一軒家タイプのシェアハウスがおすすめです。



相部屋タイプ


それほど数が多いわけではありませんが、シェアハウスの中には1つの部屋を複数人で使用するタイプも存在しています。


よくドミトリータイプと呼ばれることがありますが、これが複数人で部屋を使用するタイプになります。


主な特徴としては、2段ベッドがあらかじめ設けられている点でしょう。


シェアハウスの中では最も家賃が安くなっている傾向にあるので、学生の利用が多くなっています。


中には同じ部屋の中にカーテンやパーテンションなどで簡易的に仕切られている半個室タイプも存在しています。






家賃の相場はどれぐらいなのか


家賃の相場はどれぐらいなのか


シェアハウスの場合には、通常の賃貸物件よりも家賃が安く設定されているのが一般的です。


では、どれぐらいの家賃になっているのかというと、やはりシェアハウスがある場所によって大きく異なると言えるでしょう。


そこで近畿地方では家賃が高い物件が多い大阪市内でシェアハウスを借りた場合、どれぐらいの家賃相場になっているのかを確認してみますが、大阪市内であれば4万円から5万円ぐらいで借りることができます。



一般的な一人暮らし向けの賃貸住宅であれば、6万円前後することが多いので、いかにシェアハウスが安いのかがわかるでしょう。


関東の中でも家賃の高い東京都内で一般的な一人暮らし向けの住宅を借りた場合、家賃の相場は8万円前後となっています。


それに対して同じ地域でシェアハウスを借りた場合には、6万円前後となっているので、かなり相場が異なっていると言えるでしょう。



中にはもっと安いシェアハウスもありますし、相部屋となるドミトリータイプのシェアハウスであれば、大阪であれば3万円前後、東京であっても4万円前後の家賃で借りられるところもあります。


このように家賃が安く設定されているからこそ、シェアハウスを希望する人がいるのです。






光熱費は誰がどのように支払うのか


光熱費は誰がどのように支払うのか


シェアハウスであっても家賃は個別に支払うようになるので、特に問題はありません。


しかし、シェアハウスの場合には、部屋が異なるとはいっても共用スペースが多く、基本的には1つの家の中で生活をするので、光熱費をどのように支払うのか気になる人もいるでしょう。


通常は「共益費に含まれている」「共益費プラス定額の光熱費を支払う」「入居者で折半する」という3つの支払い方法があります。


そこでこの3つの支払い方法について詳しく確認してみたいと思います。



共益費に含まれている


シェアハウスでは家賃の支払いは当然行わなければいけませんが、家賃とは別に共益費の支払いがある物件が多いでしょう。


共益費は物件によって高く設定されていることもあります。


共益費が高く設定されている場合、共益費の中に光熱費の分が含まれていることもあるのです。


このような場合、いくら電気やガス、水道を使用したとしても、共益費に含まれている分しか支払う必要がないので、お得な物件だと言えるでしょう。



ただし、外出していることが多いなど、あまり電気や水道、ガスなどを使用しない人にとっては、割高になってしまうこともあります。


いくら使用しても同じ金額とはいえ、あまりにも過剰に使用すると、注意されることもあるので無駄遣いはやめましょう。



共益費プラス定額の光熱費を支払う


シェアハウスによっては、家賃と共益費の他にも、別途光熱費の金額が設定されていることがあります。


この場合も共益費の中に光熱費が含まれている場合と同じように、毎月の光熱費の金額が一定となっています。


共益費と別々の支払いという名目にはなっていますが、実際には同じような感じです。


家で仕事をしているなど、家にいることが多くて電気や水道、ガスを多く使用する人にとっては、光熱費を安く済ませられる可能性もあります。



入居者で折半する


シェアハウスで使用した光熱費は、最初から定額になっている物件も多く存在していますが、中には光熱費の支払いが毎月の支払いに含まれていないこともあります。


このような場合には、当然入居者が電気や水道、ガスを使用した分だけ支払うことになるのですが、同じ建物内で生活をしているので、誰がどれだけ使用したのかを調べるのは難しいでしょう。


このような場合には、入居者全員で折半するのがよい方法です。



他人も自分の光熱費を負担していると思えば、あまり無駄遣いをしないように心がける人も多いので、毎月の負担を減らすこともできるでしょう。


逆に非協力的な人と一緒に生活すると、たとえ折半であっても負担が大きくなる可能性もあります。


また、近年は電気もガスも自由化されてしまったため、契約している会社によっても支払いの金額が変わってしまいます。






シェアハウスにはいろいろなメリットがある


シェアハウスにはいろいろなメリットがある


自分の部屋以外は全て他人と共同という物件が多いシェアハウスですが、実はいろいろなメリットがあります。


例えば「家賃が安い」「共有スペースが広い」「家事の負担が減る」「審査が多少緩め」などです。



家賃が安い


シェアハウス最大のメリットといっても過言ではないのが、家賃が安いという点でしょう。


家賃が高く設定されていることが多い東京都内の物件であっても、一般的な住宅に比べて家賃はかなり安いので、駅前の一等地であっても気軽に借りられることもあるのです。


家賃が安くなっている理由としては、他の入居者と実質上折半となっていることから安く済ませられるのですが、他にもいくつか理由があります。



一般的な賃貸住宅に入居する場合、最初に敷金や礼金の支払いが発生する物件が多いでしょう。


しかし、シェアハウスでは敷金や礼金が一切必要ありません。


敷金や礼金は家賃の1ヶ月分や2ヶ月分に設定されていることが多く、かなり初期費用が高くなってしまいます。


それがないだけでもかなり負担を減らせます。


さらに最初からある程度家電製品が揃えられているため、引っ越し時の負担や新たに購入する家具類の金額も減らすことが可能です。



初期費用が大きく抑えられる上に、毎月支払う家賃も一般的な賃貸住宅よりも安いので、シェアハウスの方がよいと希望する人もいるのです。


さらにドミトリータイプという自分の部屋も共用になっているシェアハウスが存在しています。


こちらの物件を選択すれば、さらに家賃を安くすることができるでしょう。


インターネットなどのライフラインの手続きも不要なので、入居時の時間も節約することができるのです。



共有スペースが広い


シェアハウスは複数の人がキッチンなどを使用するので、共有スペースが広く作られていることが多いのです。


一人暮らし向けの物件を選択すると、ワンルームや1Kなどの物件が多いですが、このような物件はキッチンが狭く、物を置くのにも工夫が必要になります。


しかし、シェアハウスは共有スペースが広いため、いろいろと好きな物を置けることが多いのもメリットだと言えるでしょう。



家事の負担が減る


せっかくシェアハウスを利用するのであれば、食事も個々で行うのではなく、みんなで食べることが多くなるでしょう。


そうすれば家事を分断することになるので、1人で何でも行う必要がなくなるため、家事の負担が減ることもあります。


もちろん入居者によっては家で食事をする機会が少ない場合もあるので、必ずしも負担が減るとは限りません。


しかし、トイレットペーパーなどの補充や掃除は業者が行ってくれるので、家事全般と考えると負担は軽減されます。



審査が多少緩め


賃貸住宅に入居するためには、周りの人に迷惑をかけないか、きちんと家賃を支払ってくれるのかが重要になります。


そのため、入居前には審査が行われるのが一般的なのですが、シェアハウスは一般的な賃貸住宅よりも、審査が緩くなっています。


物件によっては連帯保証人が不要なケースもあるので、気軽に入居できる点もメリットです。






【賃貸物件とシェアハウスの違い】シェアハウスについて詳しく知ろう!まとめ


【賃貸物件とシェアハウスの違い】シェアハウスについて詳しく知ろう!まとめ


最近は近隣の住民同士でコミュニケーションを取ることが少なくなっていますし、リモートワークが多くて人と会う機会すら減少しています。


しかし、シェアハウスであれば毎日他の住民と顔を合わせることができるので、しっかりとコミュニケーションが取れます


しかも家賃を安く済ませられるなどのメリットもたくさんあるのです。


よい物件も多いので、興味のある人はシェアハウスを探してみてはいかがでしょうか。





関連記事


複数人入居とルームシェアはどう違うの?ルームシェア不可の理由とは
【複数人入居とルームシェアの違いとは?】不可の理由や注意点などまとめ≫

【同棲を始める時の準備や手続きとは?】トラブルにならないためのまとめ
【同棲を始める時の準備や手続きとは?】トラブルにならないためのまとめ≫

【共同名義で賃貸契約は可能?】同棲やルームシェアする時の注意点まとめ
【共同名義で賃貸契約は可能?】同棲やルームシェアする時の注意点まとめ≫

【結婚前提の同棲開始時期とは?】メリット・デメリット
【結婚前提の同棲開始時期とは?】メリット・デメリット≫

【短期賃貸物件はどんな種類がある?】メリットだけではないデメリットもご紹介!
【短期賃貸物件はどんな種類がある?】メリットだけではないデメリットもご紹介!≫

【コミュニティ型賃貸住宅とは?】シェアハウスとの違いやメリットを解説
【コミュニティ型賃貸住宅とは?】シェアハウスとの違いやメリットを解説≫

【一戸建てでルームシェアはメリットいっぱい?】成功させる秘訣を解説
【一戸建てでルームシェアはメリットいっぱい?】成功させる秘訣を解説≫




Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


≪ 前へ|【独立開業!創立費・開業費について解説】見こめる節税効果とは?   記事一覧   【ブラインドとカーテンの違いとは?】メリットとデメリットについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
プライスカット
クレイス四条大路
トウエイハウスA
ラ・ヌーヴェル
カード
奈良市 ペット可
近鉄奈良駅
天理よろづ相談所病
協栄
おすすめ
サンミット生駒
四条大路1丁目
ベル・シャトー
トラック 駐車場

検索履歴をもっと見る