Example: A Site about Examples

掲載物件数12079

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【賃貸住宅でLED照明に交換はあり?】メリット・デメリット/注意点/選び方まとめ

【賃貸住宅でLED照明に交換はあり?】メリット・デメリット/注意点/選び方まとめ

≪ 前へ|【住みたい地域の治安を事前にチェック!】安心して住める街の調べ方とは?   記事一覧   【後悔しない洗濯機の選び方とは?】手間/洗浄力/省エネ/容量で徹底比較!|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


賃貸住宅でLED照明に交換するときの注意点


賃貸住宅でLED照明に交換するときの注意点


LED照明は長持ちしますし、電気代を節約することもできるので、賃貸住宅でも利用したいと考えている人はいるでしょう。


そこで賃貸住宅であっても、LED照明に交換しても問題はないのか、注意点などはないのか解説していきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





賃貸住宅で照明を交換するときに気を付ける点


賃貸住宅で照明を交換するときに気を付ける点


賃貸住宅は建物の持ち主から借りている物なので、あらかじめ設置されていた物を勝手に交換することは基本的にできません。


では、照明に関してはどうなのかをまとめてみました。


自分で取り付けた場合には何をしても自由

賃貸住宅を借りた場合、部屋に照明器具が取り付けられていない場合もあります。


このようなパターンの場合には、自分で照明器具を購入して取り付けるようになりますが、自分で取り付けた場合には、どのような物を使用しても問題ありません。


もちろんLED照明に交換しても全く問題はないですし、大家さんや管理会社に相談する必要もないでしょう。


基本的に天井にコンセントが取り付けられている吊り下げ型の照明は、自分で取り付けなければいけないことが多く、あらかじめ天井に直接取り付けられている照明の場合には、最初から設置されているのが一般的です。


最初から取り付けられている照明は電球のみ交換可

賃貸住宅によっては、最初から照明が設置されていることもあるでしょう。


最初から設置されているということは、この照明は大家さんや管理会社の物なので、借主が勝手に交換することはできません。


照明はともかく、電球は消耗品なので、長く使用していればいずれは使えなくなってしまいます。


そのため、電球は自由に交換しても問題はありませんが、照明器具自体は交換できないのが普通です。


もし交換したい場合には、電気代を節約してLED照明に交換したいと貸主に相談し、許可をもらってから交換しましょう。


元から取り付けられていた照明器具はきちんと保管し、退去するときに元に戻す必要があります。


共用部分は電球の交換も不可

賃貸住宅の多くはマンションやアパートなどの集合住宅になっています。


集合住宅には共用部分が存在していますが、共用部分にも照明は取り付けられています。


では、共用部分の照明に関してはどうなのかというと、最初から取り付けられている照明器具は当然交換できませんし、電球も基本的に交換してはいけません。


もし共用部分に設置されている電球が切れていて暗い場合には、管理者に電球が切れていて暗いことを告げ、交換してもらいましょう。


共用部分は貸主が責任をもって管理しなければいけないのです。






LED照明を使用するメリットとデメリット


LED照明を使用するメリットとデメリット


最近はLED照明を使用している人も多いですが、それはいろいろなメリットがあるからです。


もちろんメリットがある以上はデメリットもあるのですが、あらかじめ知っておくことも重要になります。


では、LED照明にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを見ていきたいと思います。


LED照明のメリット

LED照明を使用する最大のメリットは、やはり電気代の節約になる点でしょう。


最近は電気代もどんどん高騰しているので、できる限り節約したいという人もたくさんいます。


では、一般的な白熱電球とLED照明では、どれぐらい電気代に差が出てしまうのでしょうか。


もちろんワット数が違えば使用する電力にも違いが出てしまいます。


そこで同じ明るさのLED照明と白熱電球を使用した場合で比較をしてみると、LED照明を使用した場合には、白熱電球の5分の1から7分の1程度の電気代で済むと言われています。


例えば白熱電球を使用した場合の電気代が1000円かかったとすると、LED照明を使用した場合には、143円から200円ぐらいの電気代で済むというわけです。


そう考えると、LED照明はかなりの電気代の節約になることがわかるでしょう。


LED照明のメリットは、電気代の節約になることだけではありません。


それは白熱電球に比べてLED照明は長持ちするという点です。


例えば1日で照明を10時間使用したとします。


この場合、白熱電球は4ヶ月程度しか持ちません。


それに対してLED照明を使用した場合には、種類によって多少の違いがあるものの、長ければ10年前後使用できるのです。


蛍光灯を使用した場合でも、長くて3年程度の寿命となるので、LED照明の寿命がどれだけ長いのかがわかるでしょう。


さらにLED照明は熱をあまり持ちません。


白熱電球はかなり高熱になるので、触れると火傷をしてしまうこともあるのです。


LED照明であれば火傷をしてしまう心配もないので、安全性も高いと言えるでしょう。


熱を持つということは、当然部屋の温度も若干上昇してしまいます。


夏場は若干の温度上昇でもきついですが、LED照明なら部屋の温度が上昇することも殆どないので、エアコンを使用する電気代も節約できるでしょう。


LED照明のデメリット

たくさんのメリットがあるLED照明ですが、当然デメリットもいくつか存在しています。


それは白熱電球や蛍光灯に比べると、値段が高いという点です。


長寿命な上に熱を持たない設計になっているので、値段が高くなるのは仕方がないとも言えるでしょう。


しかし、LED照明の値段自体は高いのですが、長寿命で電気代の節約にもなるので、総合的には白熱電球や蛍光灯よりも料金が安くなります。


LED照明は白熱電球や蛍光灯よりも繊細で精密に作られています。


そのため、強い地震がくると衝撃で故障する可能性が高いのです。


引っ越しのときにも強い衝撃が加わったことで故障する場合があるので、この点もデメリットだと言えるでしょう。


また、洗面所や風呂場などは、電球を守るために照明にカバーが取り付けられているのが一般的です。


密閉型になっている照明器具の場合、LEDに対応していないことが多いのです。


このようなデメリットがあることも、あらかじめ知っておくとよいでしょう。






LED照明を選ぶときのポイント


LED照明を選ぶときのポイント


もし賃貸住宅でLED照明に交換する許可が下りた場合、何を基準にして選べばよいのかわからないこともあるでしょうし、購入したけれど取り付けられなかったらどうしようという不安もあるでしょう。


そこでLED照明を選ぶときのポイントをいくつか紹介していきます。


口金のサイズを確認する

LED照明を選ぶ場合には、必ず口金のサイズを確認しましょう。


日本国内ではE26、E17、E11の3種類が使用されています。


この数字は口金の直径のサイズを表しているのです。


E26は最も一般的なサイズで、小型の場合にはE17が主に使用されています。


E11はハロゲンランプ形となっています。


最適な明るさの物を選ぶ

LED照明も種類によって明るさが異なるので、使用する場所に最適な明るさの物を選ぶ必要があります。


LEDの明るさは、ルーメンという単位で表わされているので覚えておきましょう。


ちなみに325ルーメンで30ワット相当となり、485ルーメンで40ワット相当となります。


光の広がり方も重要

LED照明は、種類によって光の広がり方も違っています。


大きく分けると全方向タイプ、広配光タイプ、下方向タイプに分けられます。


全方向タイプは光の広がり方が約260度となっており、広配光タイプは光の広がり方が約180度となっています。


下方向タイプは光の広がり方が約140度になっているので、どれぐらい部屋を明るくしたいのかによって種類を変えるようになります。


LEDの光の色も複数ある

LED照明には色の種類が3色存在しています。


それはオレンジ色の電球色、太陽の明るさに近い昼白色、青白い色をしている昼光色です。


電球色は落ち着いた雰囲気の場所に適しており、和室やトイレ、風呂場などによく用いられています。


昼白色はどのような場所にも合うのが特徴ですが、特にリビングや化粧をする部屋、服を選ぶ部屋に適しています。


昼光色は集中力が高まる色と言われていることから、勉強部屋や作業部屋、オフィスなどに最適な種類です。






【賃貸住宅でLED照明に交換はあり?】まとめ


【賃貸住宅でLED照明に交換はあり?】まとめ


賃貸住宅でLED照明に交換する場合、あらかじめ照明器具が設置されている場合には、大家さんや管理会社に交換してよいか聞いて許可をもらいましょう。


ただし、電球は消耗品なので、電球であれば自由に交換できます。


照明器具が設置されておらず、自分で設置する場合には自由に交換が可能です。


共用部分は貸主が管理するのが一般的なので、電球が切れていることを告げるのはよいのですが、照明器具も電球も勝手に交換をしてはいけません。




関連記事


ムダをなくして電気代を節約する
【電気代を節約したい!】電気代を安くする見直しポイント!≫

【賃貸物件の照明は勝手に交換してもいい?】交換方法などご紹介
【賃貸物件の照明は勝手に交換してもいい?】交換方法などご紹介≫

【アパート・マンション共用部の照明は自動?手動?】どうやってオン/オフしてるの?
【アパート・マンション共用部の照明は自動?手動?】どうやってオン/オフしてるの?≫

【賃貸住宅に適した照明の選び方とは?】照明の種類や特徴の解説
【賃貸住宅に適した照明の選び方とは?】照明の種類や特徴の解説≫

【建築物省エネ法改正いつからどう変わる?】 賃貸住宅への影響
【建築物省エネ法改正いつからどう変わる?】 賃貸住宅への影響≫



  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


≪ 前へ|【住みたい地域の治安を事前にチェック!】安心して住める街の調べ方とは?   記事一覧   【後悔しない洗濯機の選び方とは?】手間/洗浄力/省エネ/容量で徹底比較!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

フォンド・メゾンB

フォンド・メゾンBの画像

賃料
7.8万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市四条大路3丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
シャルム
シャーメゾ
南紀寺
フリー
鍵交換代
大安寺 駐車場
三幸マンション
奈良市 法華寺
敷金
クレア
奈良市南紀寺町
奈良女子大学 近い
24時間
大福

検索履歴をもっと見る