掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】トイレの排水の仕組み

【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】トイレの排水の仕組み

≪ 前へ|【賃貸の防犯対策!】面格子を取り付ける目的や種類について   記事一覧   【冷蔵庫の正しい処分方法とは?】かかる料金や手間などを徹底解説!|次へ ≫
カテゴリ:暮らしや街の情報
  • 木原_写真
  • 担当者:木原一憲

    趣味は休日バイクでツーリングすること!不動産キャリア20年以上の経験と奈良生まれ奈良育ちの知識を活かし奈良の情報を語ります!


知っておきたいトイレの排水の仕組み!下水道、浄化槽、汲み取り式のそれぞれの違いとは?


知っておきたいトイレの排水の仕組み!下水道、浄化槽、汲み取り式のそれぞれの違いとは?


トイレを流せば下水道へと流れていくのが一般的なイメージだと思います。


しかし、あまり見かけなくなりましたが浄化槽や汲み取り式のトイレは現在も使われています。


そんなトイレの各仕組みの違いと、それぞれのメリットやデメリットについて詳しく解説します!





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





排水処理の仕組みとは?


排水処理の仕組みとは?


自分が住む物件探しであれば当然ですが、不動産の購入あるいは運営を行う際にも気にしておきたいポイントのひとつが排水処理の仕組みです。


キッチンやトイレは住宅には必ず備わっていますが、事務所や倉庫といった不動産でも多くの場合でトイレが備わっており、排水処理の仕組みは維持管理をする上で知っておくべきポイントです。


排水は主に3種類あり、マンホールなどに記載されていることもあるので目にする機会があるでしょう。


・汚水(トイレから出る排水)


・雑排水(台所、風呂、洗面などから出る排水)


・雨水(雨樋などを通じて排水される雨水)


これらのうち、雨水はそのまま河川へ放流されることが多いですが、汚水と雑排水は放流する前に処理を必要とします。


各地にある下水処理場や浄化センターといった名称の施設へと流れていき、適切に処理されてから河川への放流を行います。


この汚水と雑排水の処理方法とトイレの方式は密接な関係となり、維持管理に深く関わってきます。






下水道の仕組みとは?


下水道の仕組みとは?


一般的に下水道と呼ばれるものは「公共下水」のことで、各自治体が下水道を維持管理し、下水管へと接続するだけで使用することができます。


下水管は下水処理場へと繋がり、そこで処理された後に河川へと放流されます。


所有している不動産を新たに下水道へと接続する際には「受益者負担金」という下水道配備費用の一部を支払うことになります。


しかし、すでに多くの地域で下水道が整備されており、多くの場合で毎月の「下水道使用料」を支払って使用しています。


下水道使用料は下水排水量を元に請求されますが、水量を測定することは難しく、上水道の使用量を元に算出されます。


地域によっては汚水と雑排水の他に雨水も一緒に下水管へと流す場合がありますが、それによって下水道使用料が増加しないのは上水道の使用量を元に算出されるからです。






浄化槽の仕組みとは?


浄化槽の仕組みとは?


浄化槽とは、小型の汚水処理設備を敷地内に埋め込み浄化してから排出する仕組みで、現在も下水道配備がされていない地域やなどでは良く見られます。


汚水・雑排水を一度浄化槽へと流し、微生物が汚れを分解してから河川や用水路などへと排出します。


また、浄化槽の維持には定期的な清掃と点検が法的に義務付けられています。


・定期清掃(年1回程度)


・法定点検(年1回程度)


・保守点検(浄化槽の大きさや利用者の人数によって年3回~毎月実施)


これらの清掃や点検の他に、浄化槽内の微生物のために空気を送るブロアーという機械が設置されます。


ブロアーは24時間動かし続ける必要があり、電気代も負担する必要があります。






汲み取り式の仕組みとは?


汲み取り式の仕組みとは?


汲み取り式は、家庭から出る汚水をそのまま便槽と呼ばれるタンクに溜めこみ、定期的にバキュームカーで汲み取って処理する方式です。


下水道が整備されていない地域で、浄化槽から排出する用水路などが無い場合には汲み取り式を利用することになります。


便槽には浄化槽のような処理機能は無いため、便槽がいっぱいになる前に汲み取ってもらう必要があります。


汲み取り式のトイレには大きく分けて2種類あり、「汲み取り式便所」と「簡易水洗」です。


便槽から汲み取った量に応じて費用を支払う仕組みが多く、自治体ごとに費用の差があります。


汲み取り式便所は便槽に繋がる穴に落ちる音からボットン便所とも呼ばれ、下水道整備が行われていない地域では多く見られます。


便器の穴の下がそのまま便槽となっており、便座と便槽の間にフタが付いている物もありますが多くの場合汚水の臭いがします。


簡易水洗の見た目は一般的な水洗トイレですが、便器と便槽の間に水で蓋をすることで汚水の臭いが漏れることはありません。


しかし、ボットン便所のタイプと比べると水洗で流す水が増えるために便槽に汚水が溜まるペースが早くなり、汲み取り頻度が高くなります。






トイレの仕組みそれぞれのメリットとデメリットは?


トイレの仕組みそれぞれのメリットとデメリットは?


下水道

・メリット


下水道は設備の維持管理を行う必要が無い。


・デメリット


始めて下水道へ接続を行う場合のみ、受益者負担金が必要。


汲み取り式

・メリット


断水や停電などの影響を受けずに使用できる。


・デメリット


汚水の臭いが酷い。


定期的な汲み取りが必要。


簡易水洗の場合は汲み取りの頻度が増える。






各トイレの仕組みごとの費用負担は?


各トイレの仕組みごとの費用負担は?


一般的な家庭で使用した場合の各トイレの仕組みごとに掛かる費用を数値化してみます。


モデルケースとして下記の条件で、1年間の負担額を算出します。


・奈良市在住 5人家族


・水道管の呼び径:20mm(一般家庭用)


・上水道の使用量:28.5㎥(全国平均)


・汲み取り式の汚水発生量:500リットル(簡易水洗の場合 1人平均100~120リットル)


下水道

奈良市の下水道使用料は、上水道使用量を元に算出されます。


上水道使用量が29㎥(切上げ)の場合、下水道使用料は4,120円となり、4,120円 × 12 = 年間49,440円 となります。


浄化槽

環境省の公表している5人家族用の浄化槽の年間維持管理費の例は以下のとおりです。


清掃:25,000円


保守点検:18,000円


法定検査:5,000円


ブロアー電気代:11,000円


合計:59,000円



この他に、ブロアーが故障したり、浄化槽内のトラブルで微生物が死滅した場合などの修理費用が発生する場合があります。


洗剤の使用量が多い場合や異物を流してしまった場合、雑排水側から酷い汚れや油を流すといった行為でトラブルが発生することが多く、使用に注意が必要です。


汲み取り式

便槽1個に付き、汲み取り基本料金が340円必要になります。


トイレの使用者1人に付き、人頭割として220円必要です。


汲み取り量が1人50リットルを超える場合、加算料が10リットル毎に70円加算されます。


奈良市では月に2回目の汲み取りを依頼する場合、上記料金の70%の料金で利用できます。


・月に1度、500Lの汲み取りを依頼した場合


340円(基本料金)+220円×5(人頭割)+70円×250L(加算料)=18,940円

年間 227,280円


・1ヶ月に250Lずつ2回の汲み取りを依頼した場合


1回目 340円(基本料金)+220円×5(人頭割)+2回目((340円(基本料金)+220円×5(人頭割))×0.7=2,448円

年間 29,376円


計算がややこしいですが、奈良市の計算方法では1人当たり50リットルを超える汲み取り量となった場合の加算料負担がかなり高額となってしまいます。


汲み取り量が増える簡易水洗の場合には複数回依頼するように心がけないと上記のように負担額が非常に高額になる傾向があります。


また、奈良市以外の場合には計算方法が大きく異なる地域もあり、一概に安価な方法とは言い切れません。






トイレの方式、どれが一番良いの?


トイレの方式、どれが一番良いの?


メリットやデメリット、年間の維持費を見比べてみると、下水道が最も優れていることは良く分かります。


一見して汲み取り式が安価に見える部分もありますが、核家族化に伴い人頭制を廃止して基本料で定める一定の汲み取り量以上が従量制となる場合や定額制となっている場合など、時代に合わせて同じ使い方でも負担額が大きく変わる可能性があります。


また、費用負担の差額以上に汲み取り式の臭いの問題は注視しておくべきポイントです。


長い目で見れば下水道が選べるのであれば下水道を選択すべきでしょう。


下水道が整備されていない地域であれば浄化槽を、浄化槽の設置が難しいのであれば汲み取り式を選ぶといった順位になるでしょう。






不動産投資を検討しているのなら下水道がベスト!


不動産投資を検討しているのなら下水道がベスト!


近年では多くの物件情報には「公共下水」の記載があり、借主も下水道が当たり前と考えて物件を探すことが多くなっています。


浄化槽では維持費を家賃や共益費として徴収することになり、借主にメリットがありません。


維持費が安価な可能性のある汲み取り式も、不慣れな層には受け入れがたいものがあるでしょう。


いずれ下水道が整備されれば下水道への切り替えは避けられません(自治体の条例などで定められています)が、その工事に関わる費用負担はもちろんオーナーであるため、もともと下水道が整備された物件の方が投資価値としてもメリットが大きいでしょう。


下水道が未整備の地域なら少なくとも浄化槽でなければ、良好な運用は難しいと考えた方が良いでしょう。






【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】まとめ


【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】まとめ


比較的新しく住宅地として造成されているのであれば多くの場合で下水道は整備済みで、探せば浄化槽を採用している物件も見つかるといった程度です。


古民家ブームで農村や山間部で物件を探せば浄化槽や汲み取り式が当たり前の地域もあり、そういった生活を望むのであれば下水道との違いをしっかりと知っておかないといけません。


投資のために不動産運用を考える場合であっても、実際に自分が住むための物件探してあっても、トイレの方式と排水処理の仕組みについてはしっかりと調べて検討するのが良いでしょう。




関連記事


【風水から見る良いトイレの作り方とは?】健康運と金運アップ?!
【風水から見る良いトイレの作り方とは?】健康運と金運アップ?!≫

【賃貸住宅のトイレが詰まったら?】詰まらせた原因と対処方法!
【賃貸住宅のトイレが詰まったら?】詰まらせた原因と対処方法!≫




  • 木原_写真
  • 担当者:木原一憲

    趣味は休日バイクでツーリングすること!不動産キャリア20年以上の経験と奈良生まれ奈良育ちの知識を活かし奈良の情報を語ります!


≪ 前へ|【賃貸の防犯対策!】面格子を取り付ける目的や種類について   記事一覧   【冷蔵庫の正しい処分方法とは?】かかる料金や手間などを徹底解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
TV
TH
奈良市内
RC
OM
森田
単身者向け
さやか
ノワ
asa
アルドゥ
シティパレス 奈良市
ラノ
ビデオ

検索履歴をもっと見る