Example: A Site about Examples

掲載物件数12258

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【2024年の冬至はいつ?由来は?】冬至はかぼちゃを食べる・柚子湯に入るのはなぜ?

【2024年の冬至はいつ?由来は?】冬至はかぼちゃを食べる・柚子湯に入るのはなぜ?

≪ 前へ|【一人暮らしにおすすめのペットとは?】ペットを飼う際の注意点!   記事一覧   天理駅前店(駐車場・営業時間・電話番号)|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


【かぼちゃ・柚子湯】2024年の冬至はいつ?由来は?


【2024年の冬至はいつ?由来は?】冬至はかぼちゃを食べる・柚子湯に入るのはなぜ?


12月の後半には冬至と呼ばれる日があり、今年2024年は12月21日が冬至にあたります。


これは一体どういう日で、どんな由来があるのでしょうか。


地球や太陽にまつわる話や暦上の仕組みの話、冬至に行われている習慣の起源などについて詳しく解説していきます。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





冬至ってどんな日?


冬至ってどんな日?


12月に入りすっかり冬らしく、寒くなってきましたね。体調を崩さないようとくに注意が必要な時期です。


冬は寒いだけでなく、お昼の時間――日の出から日の入りまでの時間が短い季節でもあります。昼が短く夜が長いということですね。


この日の出から日の入りまでの時間は日々わずかずつ変化していくのですが、その短さがピークを迎える日、つまり1年でお昼の時間がもっとも短い日をわが国では「冬至」と呼びます


冬至のタイミングは毎年ほぼ決まっており、12月21日もしくは12月22日になります。


今年2024年の冬至は【12月21日(土)】です。


冬至と反対に1年でもっともお昼の時間が長い日は「夏至」と呼ばれています。


その名の通り夏の時期、毎年6月21日か6月22日が夏至にあたります。


それにしても、どうしてこのようにお昼の時間が短くなったり長くなったりするのでしょうか。


そもそも冬至や夏至という呼び名はどこからきているのでしょうか。


また、冬至にはかぼちゃを食べたり柚子湯に入ったりといった習慣もありますが、これは何故なのでしょうか。


気になる冬至の秘密を少し、ひも解いてみましょう。






謎のカギは地球の傾きにあった!


謎のカギは地球の傾きにあった!


まず、どうして昼が長くなったり短くなったりするかの話をしていきましょう。


ご存知の通り地球には「自転」というものがあり、回転軸(地軸)を中心に1日かけて1回転しています。


地球においては太陽の光が当たっている側が昼、当たっていない側が夜となるのですが、自転によってこれが移り変わるため、日が昇り沈む、朝を迎えやがて夜が訪れるというサイクルを繰り返すのです。


そしてこれもご存知の通り、地球は自転のほかに地球自体が1年をかけて太陽の周りを1周する「公転」という運動があります。


この公転する軌道(公転面)に対して地軸が垂直であれば、1日において昼のほうが長かったり夜のほうが長かったりといった差が生まれることはなく、1年を通じて昼の長さが変化することもありません。


ですが実際には地軸は公転面に対して約23.4度傾いており、そのため地球上のある地点において太陽の光が当たっている時間の長さは公転に合わせて日々変化していきます。


1日のなかで太陽の光が当たっている時間のほうが長い時期は昼が長くなり、気温が高くなります。


逆に太陽の光が当たっていない時間のほうが長い時期は昼が短くなり、気温が低くなるのです。


その長くなったり短くなったりがピークを迎えるタイミングが夏至や冬至というわけですね。


ちなみに北半球と南半球では地軸の傾きと太陽光の当たりかたの関係は正反対で、たとえば北半球において地軸の傾きが太陽の方を向いているとき南半球では地軸の傾きは太陽と逆を向くかたちになります。


北半球が冬至を迎えるタイミングで、南半球ではもっとも昼の時間が長くなっているわけです。


また、緯度が高くなればなるほどこの昼と夜の時間差は大きく表れるようになります。


緯度66.6度より北――北極圏では冬至の前後は1日じゅう、薄明るくはなるものの太陽の姿を見ることができません。


これを「極夜(きょくや)」と呼び、いっぽうの南極圏ではその逆で1日じゅう太陽が沈まない「白夜(びゃくや)」が訪れています。


夏至にはこれが逆転することになります。






冬至や夏至の由来は?


冬至や夏至の由来は?


ところでこの冬至や夏至という呼び名。


これらは「二十四節気(にじゅうしせっき)」という古い暦から来ており、もともとは紀元前の中国発祥のものです。


二十四節気は太陽の動きをもとにして1年に24の区切りを設け、それぞれに名前をつけたものです。


冬至や夏至はそのひとつで、春分や秋分(=昼と夜の長さが同じになる日)とともに1年を大きく4等分する形になっています。


さらにそれらの間に立春・立夏・立秋・立冬があり、またその間にさらに細かい区切りが設けられています。


二十四節気をもとにすれば今が1年においてどの季節にあたるかが把握しやすく、わが国においても長らく活用され今でもこうして名前が残っているのです。


しかし1年を正確に24に区切っているのであれば、どうして冬至や夏至などの日付が21日もしくは22日などとずれることがあるのでしょうか。


実はこれは、「暦の上での1年」と「地球が太陽の周りを1周する1年」が微妙に異なるためなのです。


こんにち日本で採用されている暦(グレゴリオ暦)の上では1年=365日というのはもはや常識ですよね。


ですが実際に地球が太陽の周りを1周する1年(=1太陽年)を正確に計算すると365.2422日(365日+約6時間)となり、若干のずれがあります


このずれの影響で冬至や夏至のタイミングも年々ずれていくことになります。


とはいえずっとずれたままでは暦として具合がわるいですよね。


ですからグレゴリオ暦にはこのずれを修正するための仕組みがあります。


暦と地球の公転周期が1年あたり約6時間ずれていくということは4年で約24時間――だいたい1日分ずれることになります。


これを修正するため、4年に1回だけ1年を366日とする「閏年(うるうどし)」を設けて調整しているのです。


ただし4年で24時間のずれというのもおおよその話なので、閏年で調整してもさらに微妙なずれは生じてきます。


グレゴリオ暦ではそれも修正するため、閏年のあるなしを決める仕組みなどが設けられています。ここで細かい説明は省きますが、1年のずれとそれを修正する仕組みによって、冬至や夏至の日付は21日もしくは22日という範囲に収まっているわけです。






冬至にかぼちゃを食べて柚子湯に入るのはどうして?


冬至にかぼちゃを食べて柚子湯に入るのはどうして?


「冬至はかぼちゃを食べる日」というイメージの方も少なくないと思います。


冬至にかぼちゃを食べる習慣はどうして始まったのでしょうか。


かぼちゃの収穫時期は夏から秋にかけてですが、そのまま風通しよく涼しいところに置いておけば数ヶ月は保存可能な野菜です。


今でこそさまざまな栽培方法や輸入という手段が確立され冬場でも新鮮なお野菜が手に入りますが、昔はそうはいきませんでした。


保存しておけば冬場に食べることができ、カロテンやビタミン・食物繊維などたくさんの栄養素をもつかぼちゃは、庶民にとってとてもありがたい存在だったのです。


冬至は冬の節目となる日。


その日に栄養たっぷりのかぼちゃを食べて、厳しい季節に負けないようにしようという考えが習慣となり、こんにちにまで根づいたというわけです。


ただし江戸時代以前に記された文献にはこのような習慣について書かれていないため、明治時代以降のわりと新しくできた習慣ではないかと言われています。


冬至の習慣といえばもうひとつ、「柚子湯に入る」というものがあります。


こちらは江戸時代からあったようで、1838年(天保9年)刊行の『東都歳時記(とうとさいじき)』という文献に、冬至に銭湯にて柚子湯が行われている様子が記されています。


そもそもは「冬至」を「湯治」、「柚子」を「融通(→融通が利く→身体が丈夫になる)」と言葉をかけてお風呂屋さんが始めたもののようですが、ちょうど冬至の頃は柚子の実が多く出回る時期で、柚子の皮にはビタミンCやヘスペリジンといった成分が多く含まれており風邪予防・保湿・血行改善といった身体に良い効果があるとされています。


きっかけは駄洒落のようなものだとしても、健康のためにちゃんと理にかなっているわけですね。






まとめ~冬至という節目を楽しんでみよう~


まとめ~冬至という節目を楽しんでみよう~


いかがでしたでしょうか。


今回は冬至の起源や習慣について見ていきました。


今では寒い冬の時期に食べるものも風邪をひかない工夫もさまざまな選択肢がありますから、冬至の日に必ずかぼちゃを食べて柚子湯に入ろうというようなものではありません。


ですが、こうした暦の節目をイベントごととして楽しむ気持ちは、心を豊かにして暮らすうえではとても大切なものではないでしょうか。


12月の何かと慌ただしいなかで一度リラックスして年末を迎える機会として、ぜひこの日を活用してみてください。





関連記事


賃貸物件でのお部屋で暖かく過ごす方法
【賃貸でできる寒さ対策】ちょっとした工夫でお部屋を快適に!≫

【寒さに負けない】真冬に向けて体を「冬仕様」にする方法は?
【奈良の寒さに負けないために】体の「寒冷順化」で冬支度を!≫

【夏と冬の室内の適温はどれくらい?】適温に調整するための工夫
【夏と冬の室内の適温はどれくらい?】適温に調整するための工夫≫

【部屋の最適な湿度とは?】湿気を除去方法や対策について
【部屋の最適な湿度とは?】湿気を除去方法や対策について≫




Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


≪ 前へ|【一人暮らしにおすすめのペットとは?】ペットを飼う際の注意点!   記事一覧   天理駅前店(駐車場・営業時間・電話番号)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
短期
鳥居前駅
南後背
近鉄郡山駅 郡山駅 九条駅
朝日プラザアーバネート奈良
関西本線郡山駅
古民家
豊井町
スターレ
オフィス
南京終町 一戸建て
木津清水
新大宮 貸家
フレグランス

検索履歴をもっと見る