掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【ニットを長持ちさせる為には?】正しいケアや洗濯方法などご紹介

【ニットを長持ちさせる為には?】正しいケアや洗濯方法などご紹介

≪ 前へ|【賃貸の鍵を紛失した時どうする?】3つの対処法をご紹介   記事一覧   【今更聞きにくい確定申告について】期間や方法などまとめてご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:暮らしや街の情報

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


ニットを長持ちさせるには手入れが大切


ニットを長持ちさせるには手入れが大切


寒くなってくるとニットを着る人もいるでしょうが、正しい方法で手入れをしないとすぐに毛玉の付着や型崩れを起こしてしまいます。


正しいニットのケア方法としては、「ブラッシングを行う」「連続して着用しない」「毛玉をきちんと取る」「叩き拭きを行う」「種類に合わせて最適な方法で保管する」などがあります。


お気に入りのニットを長持ちさせるための手入れの方法を詳しく紹介していくので、参考にしてみてください。



目次:【ニットを長持ちさせる為には?】正しいケアや洗濯方法などご紹介
・正しいケアの方法 ・ニットはどのように洗濯するのがよいのか ・【ニットを長持ちさせる為には?】まとめ


賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





正しいケアの方法


正しいケアの方法


ニットを長持ちさせるためには、必ず手入れが必要になるのですが、手入れを行ったとしても、正しい方法で行わなければ意味がありません。


そこで正しいニットのケア方法を確認していきましょう、主な方法としては、「ブラッシングを行う」「連続して着用しない」「毛玉をきちんと取る」「叩き拭きを行う」「種類に合わせて最適な方法で保管する」などがあります。


ブラッシングを行う

ニットのケアの基本となるのがブラッシングです。


ブラッシングもただ行えばよいわけではなく、正しい方法でニットを傷めにくい材質の物を使用しなければいけません。


正しいブラッシングの方法は、繊維に沿って上から下に向けて優しく行います。


ブラシは豚の毛や馬の毛が使われている物がよいでしょう。


化学繊維を使用しているブラシを使うと、ニットを傷めてしまう原因になるのでおすすめできません。


ブラッシングを行う目的は、繊維を整える、毛玉を取り去る、汚れを取り去ることです。


長く使用していると、汚れが繊維の隙間に入り込んで取りにくくなる場合があります。


そんなときには繊維に沿って下から上に向かってブラッシングを行ってみましょう。


間違っても力いっぱい擦ってはいけません。


ブラッシングが一通り終わったら、繊維の流れを整える目的で軽く擦っておくことが重要です。


連続して着用しない

寒い季節になると、同じニット続けて着用する人もいるでしょうが、連続しての着用はやめましょう。


また、1度着用してもすぐには洗わず、2日続けて着用することもあるでしょうが、これもおすすめはできません。


ニットにはウールやカシミアなどが使用されていることも多いですが、これらの素材は肌触りのよさを取り戻すのに時間がかかります。


連続して着用すると、肌触りが戻る前に着用することになり、傷みが激しくなるのです。


1度着用して洗濯をしたら、2日から3日ぐらいは休ませてから着用するのがよいでしょう。


また、1度着用したらきれいに洗濯をすることも重要なのです。


冬なのだからあまり汗もかかないし、2日ぐらいなら続けて着用しても大丈夫と思われがちですが、連続して着用すると皮脂や汗などの汚れがより一層酷くなってしまいます。


汚れていないように見えても、実はかなり汚れているので、連続して着用するのはよくありません。


毛玉をきちんと取る

ニットで厄介なのが、1度洗濯をすると毛玉ができてしまう点でしょう。


そこで毛玉をきちんと除去しておく必要が出てくるのですが、どのような方法で取るのがよいのかを見ていきます。


主な方法としては、ハサミを使って根元から切る、毛玉取り機を使用する、食器用のスポンジを使用する、剃刀を使うなどがあります。


ハサミを使って根元から切る方法は、かなり手間暇がかかってしまいますし、間違ってニットの布を切ってしまう可能性もあります。


しかし、確実に毛玉を除去できる方法でもあるので、時間がある場合にはおすすめできる方法です。


毛玉取り機は電動ですし、比較的簡単に毛玉を除去することができます。


その反面パワーが強いので、細かい毛玉まで取ろうとするとニットを傷める原因になるので注意しましょう。


食器用スポンジを使用する場合には、柔らかい方ではなく硬くてザラザラした面のある物を使います。


比較的効率的に毛玉を除去できるのでおすすめです。


ただし、あまり強く擦るとニットを傷めてしまうので、やさしく擦るようにして取り除きましょう。


剃刀は布を切ってしまう可能性がありますし、刃の部分に布が絡まってしまうこともあるのでおすすめできません。


毛玉を取るのはかなり面倒に感じる人もいるでしょうが、長持ちさせるだけではなく、見た目を悪くしないためでもあるので、必ず行うべきでしょう。


叩き拭きを行う

ニットを収納する前に、行うべき作業があります。


それが叩き拭きと呼ばれる方法です。


まずタオルを水で濡らし、しっかりと絞ります。


そうしたら汚れが付着していそうなところをポンポンと叩くのですが、汚れが付着していなさそうでも、首の回りや袖の部分は汚れが付着していることが多いのです。


特に目立った汚れがない場合には、首の回りと袖の部分だけでも叩き拭きを行いましょう。


種類に合わせて最適な方法で保管する

ニットは1種類しか存在していないわけではありません。


いくつかの種類が存在しているので、種類によって最適な保管方法が変わります。


最低でもローゲージとハイゲージで保管方法を分けるようにしましょう。


ローゲージというのは、編み目が大きくて重いニットのことです。


重量があるので、ハンガーにかけて保管すると型崩れの原因になります。


そのため、きちんと折りたたんで保管しましょう。


ハイゲージというのはローゲージとは逆で、編み目が細かくて軽量のニットになります。


編み目が細かいとシワになりやすいので、折りたたんで保管してはいけません。


ハンガーにかけて折り目を付けずに保管するのが最適な方法です。


ハンガーを使用する場合には、緩めのカーブが付いているタイプを使用しましょう。


滑りにくい上に型崩れもしにくくなっています。






ニットはどのように洗濯するのがよいのか


ニットはどのように洗濯するのがよいのか


ニットも洗濯をしないと不潔な状態になるので、1度着用したら洗濯をしなければいけません。


ニットは洗濯の方法も重要になるので、「洗濯表示を確認する」「乾燥機は使用しない」「平干をする」「ネットに入れて洗濯をする」「色落ちの確認をする」これらの点を守って洗濯をしましょう。


洗濯表示を確認する

ニットにもいろいろな種類があるので、種類によって洗濯の方法が異なります。


どの種類のニットはどういう風に洗うのかを覚えるのは大変なので、洗濯方法が表示されているタグを確認するのがおすすめです。


確認するべき表示は、洗濯機で洗濯可能か、手洗いは可能か、家庭では洗えないニットではないか、この3点は見ておきましょう。


洗濯機の使用が不可能な場合には、手洗いならできるのかを確認します。


手洗いならできる場合には、面倒でも手で洗うようにしましょう。


家庭で洗うことができないニットであれば、クリーニング屋に持って行くしかありません。


頻繁にニットを着るという人は、洗濯方法が表示されているタグを確認してから購入するのがよいでしょう。


毎回クリーニングに出すのは手間がかかりますし、お金もかなりかかってしまいます。


乾燥機は使用しない

洗濯機の使用や手洗いができる場合には、家で洗濯をするのが一般的ですが、全てのニットに共通することがあります。


それは乾燥機を使用してはいけないことです。


ニットは冬に着る物なのですが、寒いと服が乾きにくくなります。


しかも天気が悪ければ外に干すこともできないので、より乾きにくくなるでしょう。


そんなときには乾燥機を使用して乾かす人もいるでしょうが、ニットに乾燥機を使うと縮む原因になります。


ニットは自然乾燥させなければいけないので覚えておきましょう。


平干をする

洗濯物は洗濯ハンガーやピンチハンガーと呼ばれている物に、洗濯バサミで洗濯物を挟んで干すことが多いでしょう。


もしくは普通のハンガーを使って干すこともあるでしょうが、ニットの場合には平干にするのがおすすめです。


なぜならニットにかかる負担を軽減し、型崩れするのを防ぐことができるからです。


平干用のハンガーは低価格で購入できるので、ニットを愛用している人は購入しておくとよいでしょう。


ネットに入れて洗濯をする

洗濯機に入れて洗濯が可能なニットの場合には、そのまま洗濯機に入れて洗うのではなく、洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。


ネットに入れて洗濯をすることで、ニットが縮んでしまうのを予防できます。


また、ニットは裏返しにして洗濯ネットに入れるのがよいでしょう。


裏返すことで毛玉ができにくくなる効果があります。


ただし、完全に毛玉を防げるわけではないので、毛玉の除去も毎回行いましょう。


色落ちの確認をする

ニットは色が付いている物が大半を占めていると言ってよいでしょう。


特に購入したばかりのニットを洗濯すると、色落ちしてしまうこともあるのです。


そこで洗濯をする前に色落ちテストをするようにします。


色落ちテストの方法は、洗濯に使用する洗剤と、色移りしても問題のない白いタオルを用意します。


次にニットの目立たない部分に洗剤を付けておき、そのまま5分ぐらい置いておきましょう。


5分ぐらい経過したら、洗剤を付けた部分を白いタオルで叩きます。


このときにタオルに色が移ったら色落ちする可能性が高いということになります。


色落ちを防ぎたい場合には、洗濯機は使用しないで手で洗濯をするのがよいでしょう。


手洗いでも色落ちはする可能性があるので、それも防ぎたいのであれば、クリーニング屋に持って行くべきです。






【ニットを長持ちさせる為には?】まとめ


【ニットを長持ちさせる為には?】まとめ


ニットは正しい方法で洗濯や保管をしないと長持ちさせることができません。


洗濯する前には洗濯表示のタグをきちんと確認しましょう。


また、洗濯をした後にはきちんとケアをする必要があります。


繊維を整えるためのブラッシングや毛玉の処理、叩き拭きなどを行い、連続して着用するのは避けるべきです。




関連記事


【布団と毛布の正しい洗い方とは?】洗った後の収納法なども解説
【布団と毛布の正しい洗い方とは?】洗った後の収納法なども解説≫

【タオルの干し方や洗い方を工夫して気持ちよく使う
【タオルを気持ちよく使う方法とは?】干し方・洗い方を工夫しよう!≫

【梅雨の時期に必見!】洗濯物が綺麗に乾く干し方とは?の記事
【梅雨の時期に必見!】洗濯物が綺麗に乾く干し方とは?≫

【バスマットの正しい洗濯方法!】素材別の特徴や注意点を知っていこう
【バスマットの正しい洗濯方法!】素材別の特徴や注意点を知っていこう≫





Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【賃貸の鍵を紛失した時どうする?】3つの対処法をご紹介   記事一覧   【今更聞きにくい確定申告について】期間や方法などまとめてご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
クレジットカード
法蓮 D
ヴェルジェⅠ
西本
駐車場
和室
ドール
パーク
コーポならまち
宝来町
奈良 古市
南新町ビル
ラ・ルミエール
アンビエンテ新大宮

検索履歴をもっと見る