Example: A Site about Examples

掲載物件数12101

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【色褪せの原因家具も日焼け対策を!】紫外線から守る方法

【色褪せの原因家具も日焼け対策を!】紫外線から守る方法

≪ 前へ|【窓ガラスの種類とは?】特徴や効果など解説!   記事一覧   【ピクチャーレールの活用術】賃貸物件でも壁を傷つけない取り付け方|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


家具も日焼け対策をしないと色褪せてくる


家具も日焼け対策をしないと色褪せてくる


人間も日焼け対策をしないとシミになるように、家具も日焼け対策をしないと色褪せて見た目が悪くなってしまいます。


そこで家具の日焼け対策にはどのような方法があるのかを紹介していくので、日当たりのよい物件に住んでいる人は参考にしてみてください。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





なぜ日光に当てると家具は色褪せてしまうのか


なぜ日光に当てると家具は色褪せてしまうのか


家具を日光に当てると、どんどん色褪せてきてしまうのですが、なぜ家具が色褪せていくのか気になる人も多いでしょう。


そこで家具が色褪せる原因について見ていきますが、主な原因は紫外線です。


紫外線は人間が浴びると日焼けをしてしまい、日焼けが酷くなったり、加齢などで回復能力が衰えてくると、シミになったりすることがあります。


それと同じように、家具も日焼けをすることで本来持っている色が褪せてしまうのです。


紫外線は太陽の光に含まれている高いエネルギーな光のことなのですが、よくUVという言われ方もしています。


UVにはUV-AにUV-B、UV-Cという3種類が存在していますが、UV-Cは地表まで届くことがない紫外線です。


UV-Aは地表まで届きますが、波長が長いのでそこまで影響はありません。


問題なのはUV-Bで、3種類の中では最も波長が短いため、日焼けの原因はUV-Bという紫外線だと言われています。


もちろんUV-Aという紫外線も若干ながら影響が出て、徐々に家具の色褪せを進ませていくので、注意が必要です。


昔から日当たりが良好な物件が人気ですが、家具の色褪せ対策もしっかりと行わないと、どんどん見た目が悪くなってしまいます。


この色褪せは家具だけではなく、洋服やカーテン、プラスチック製品に至るまで影響が出ます。


そのため、全ての家具で日焼け対策が必要になるのですが、どのような方法で対策をするのがよいのか、どのような方法が効果的なのかを次項で紹介していきます。






いろいろとある家具の色褪せ対策


いろいろとある家具の色褪せ対策


家具を色褪せから守るためには、紫外線対策が必要不可欠です。


主な方法としては、「レースのカーテンを使用する」「UVカットフィルムを貼り付ける」「日の当たらない場所に家具を配置する」「紫外線に強い素材の家具を選ぶ」「日当たりがあまりよくない物件を選ぶ」「ワックスやスプレーを使用する」などがあります。


レースのカーテンを使用する

日当たりが良好な物件に住んでいる場合には、窓から日が入っています。


しかも季節によって日の当たり具合は変わってくるので、その度に家具の配置換えを行うのは面倒です。


そこでレースのカーテンを使用すれば、紫外線をかなり防ぐことができるようになります。


重要なのはレースのカーテンにもいろいろな種類があることですが、最近では紫外線を9割前後カットできる製品も販売されています。


しっかりと紫外線をカットできるレースのカーテンを使用すれば、日光の当たり具合に関係なく、好きな場所に家具を設置することができるでしょう。


ただし、若干室内が暗くなってしまいますが、それでも十分に光を取り込めるので、それほど暗くなるわけではありません。


しかも外から部屋の中を見えにくくする効果もあるので、防犯と紫外線カットの両方の効果が期待できるのです。


だからこそレースのカーテンを活用している人も多くいるのです。


UVカットフィルムを貼り付ける

レースのカーテンを使用する方法以外にも、UVカットフィルムを貼り付けることで、紫外線から家具を守ることができます。


UVカットフィルムには、窓に貼り付けて使用する物もありますし、家具に貼り付けて使用する物もあります。


便利なのは窓に貼り付けて使用するタイプです。


窓に貼り付けてしまえば、後はどこに家具を置いてもしっかりと紫外線を防ぐことができます。


しかも窓にUVカットフィルムを貼ることで、窓ガラスの飛散防止効果もあります。


地震などの災害が発生したときにはとても効果的です。


また、断熱効果のあるUVカットフィルムも販売されているので、うまく活用すれば冷暖房費の節約にもなるでしょう。


ただし、窓ガラスにもいろいろな材質があるので、材質によってはUVカットフィルムがうまく貼り付かないこともあります。


そんなときには家具にUVカットフィルムを貼り付けて使用すれば、しっかりと紫外線をカットできるので安心です。


日の当たらない場所に家具を配置する

部屋があまり広くない物件の場合には、レースのカーテンやUVカットフィルムを用いた方がおすすめですが、ある程度部屋が広い物件に住んでいる場合、日が当たらない場所に家具を設置すれば、紫外線による劣化や色褪せを防ぐことができます。


ただし、日当たり具合は季節によって変わるので、どの季節でも日が当たらない場所がある物件に限って有効的な方法だと言えるでしょう。


紫外線に強い素材の家具を選ぶ

家具もいろいろな材質の物が存在しています。


材質によっては紫外線にかなり弱い物も存在している反面、紫外線に強い材質の物を使用した家具も販売されているのです。


では、どのような材質の物が紫外線に強いのでしょうか。


それはアクリル樹脂です。


基本的に木材は自然の物を使用しているので、それほど紫外線に強いわけではありません。


しかし、プラスチックは人が作った物なので、種類によっては紫外線に強い物も存在しているのです。


ただし、アクリル樹脂が使用されているからと言って、全く紫外線の被害を受けないわけではありません。


他の素材よりも紫外線の影響を受けにくいというだけなので、ある程度は紫外線対策をしておいた方が長持ちするでしょう。


最近はあらかじめUVカットが施されている家具も販売されていますが、種類も数も現在ではまだ少なくなっています。


日当たりがあまりよくない物件を選ぶ

レースのカーテンやUVカットフィルムも使いたくないけれど、紫外線で家具が変色してしまうのは防ぎたいという人の場合は、思い切って日当たりがあまりよくない物件を選ぶ方法もあります。


日当たりがよければ洗濯物がよく乾きますし、部屋の中も明るくなるので人気が高くなっています。


逆に日当たりのよくない物件はあまり人気がありませんが、紫外線の影響は受けにくいので、検討してみるのもありでしょう。


ワックスやスプレーを使用する

家具にUVカットフィルムを貼りたくないという人は、別の方法で家具を保護することも可能です。


それはワックスやスプレーを利用する方法です。


家具に使用するタイプのワックスやスプレーが販売されているので、購入して家具に使用すれば、しっかりと紫外線から保護することができるでしょう。


ただし、家具にもいろいろな素材の物が存在しているので、物によってはワックスやスプレーが使用できない、相性の悪い素材の物もあります。


まずは自宅で使用している家具の種類を調べ、ワックスやスプレーが使用できるか確認しておくことが大切です。


問題なく使用できるのであれば、購入して使ってみるのもよいでしょう。






紫外線による影響は色褪せだけではない


紫外線による影響は色褪せだけではない


家具が紫外線に当たることによって発生する影響は、色褪せてしまうことだけではありません。


家具の種類や使用されている素材によっても異なりますが、紫外線は家具の表面がささくれてしまう原因や、家具にひびが入ってしまう原因になることもあるのです。


見た目が悪くなるだけではなく、家具の状態も悪くなってしまうので、しっかりと紫外線対策は行わなければいけません。






【色褪せの原因家具も日焼け対策を!】まとめ


【色褪せの原因家具も日焼け対策を!】まとめ


家具はしっかりと日焼け対策をしないと、どんどん色褪せてきてしまいます。


物によってはささくれが発生しやすくなる場合や、ひびが入ってしまうこともあるのです。


このような事態を避けるためには、レースのカーテンやUVカットフィルムを使用するなどの対策を講じなければいけません。


自宅で使用している家具や、生活をしている物件の間取りをしっかりと把握し、どの対策が最適なのかを検討してみるとよいでしょう。





関連記事


【カーテンの洗い方】カーテンの汚れをキレイにスッキリ落とすポイントとは?
【カーテンの種類と洗い方】汚れをキレイに落とすポイントとは?≫

【ブラインドとカーテンの違いとは?】メリットとデメリットについて
【ブラインドとカーテンの違いとは?】メリットとデメリットについて≫

【二人暮らし】これだけは揃えたい! 家具・家電
【二人暮らしの準備】必要な家具・家電と揃えたいものについて≫

【絶対に南向きを選ぶべき?】お部屋のメリット、デメリット
【絶対に南向きを選ぶべき?】お部屋のメリット、デメリット≫

【洗濯物の色褪せと日焼けを防ぐ方法とは?】日焼けしやすい素材や色について
【洗濯物の色褪せと日焼けを防ぐ方法とは?】日焼けしやすい素材や色について≫

【お部屋の家具にも寿命があるの?】家具を長持ちさせるコツをご紹介!
【お部屋の家具にも寿命があるの?】家具を長持ちさせるコツをご紹介!≫




Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【窓ガラスの種類とは?】特徴や効果など解説!   記事一覧   【ピクチャーレールの活用術】賃貸物件でも壁を傷つけない取り付け方|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


フォンド・メゾンB

フォンド・メゾンBの画像

賃料
7.8万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市四条大路3丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩20分

亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
駐車場 大和郡山
セキュリティ
LDK
BUILD
給湯
近鉄 奈良
シャーメゾ
くろ
ダイワハウス【賃貸住宅 D-ROOM】大和リビング奈良賃貸特集
奈良市中山町
シャーメゾン
タウ
協栄
東京

検索履歴をもっと見る