Example: A Site about Examples

掲載物件数12153

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!

【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!

≪ 前へ|【2020年(令和2年)4月施行】連帯保証人の責任範囲や限度額が変わる?   記事一覧   ハウスクリーニング(ルームクリーニング代)|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


「24時間換気システム」ってなに?


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


24時間換気システムとは読んで字のごとく、24時間建物内を換気し続けるシステムのことなのですが、自宅に付いていたり付いていなかったり、必要なのかどうかが分かりにくかったりと、皆さんの認識はバラバラです。


改めて、24時間換気システムとはなんのために必要なのか、その効果や種類などについてご説明します。








「24時間換気システム」は必要なものなの?


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


そもそも、換気がなんのために必要なものなのかを考えなければならなりません。


換気が必要な理由は、「シックハウス症候群の予防」です。


2003年の建築基準法の改正によって、24時間換気システムの導入が義務付けられました。


それまではマンションなどの鉄筋コンクリート製の集合住宅が対象でしたが、法改正によってすべての建築物が対象になりました。


これは、建築技術の進歩によって住宅が高気密・高断熱住宅が一般化したことで、建築資材に含まれるホルムアルデヒドなどに代表される化学物質が宅内に溜まりやすくなり、シックハウス症候群を引き起こす原因となるからです。


人によって症状の内容が大きく異なりますが、頭痛やめまい、吐き気といったものから、花粉症に似たアレルギー反応のような症状まで、その症状は多岐にわたります。


建築資材に使用されている化学物質が空気中に発散されることが原因とされていますが、代表的なものは壁紙やカーペットに使用される接着剤や塗料、合板や家具に使われる接着剤・防腐剤・防カビ剤などが挙げられます。


特に新築やリフォーム直後の建物は発散される化学物質も多く、注意が必要だとされています。






「24時間換気システム」の仕組みや種類とは?


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


24時間換気システムの仕組みは簡単で、宅内の各所に給排気口や換気扇を取り付けて強制的に換気するものです。


建築基準法では「1時間で部屋全体の空気の半分以上が入れ換わっていることが必要である」と定められています。


主な換気の仕組みとして、リビングや個室などに設けた給気口から新鮮な外気を取り入れ、洗面所やトイレといったに設置した換気扇から外へ排出するような流れで設計されます。


24時間換気システムには3種類の換気方法があり、それぞれに一長一短があります。


第1種換気方式

給気と排気を共に換気扇を使う換気方式。


窓の開閉などの影響を受けにくく安定して換気を行え、気密性の低い建物でも高い換気効果が期待できる。


給気口にフィルターなどを設置することで、花粉やPM2.5などを除去することが出来るメリットがある。


デメリットは導入する機材が多くなることで導入コストやランニングコストが高くなることと、ダクトなどが後付けでの導入が難しい場合があることが挙げられます。



第2種換気方式

給気を換気扇で行い、排気は自然排気に任せる換気方式。


第1種同様に給気口にフィルターなどを取り付けることができることと、宅内の気圧が高くなることで窓を開けても花粉やPM2.5を含む外気が入り込みにくい。


給気と排気のバランスが悪いと換気されない部屋があったり、結露などが発生しやすいというデメリットがある。



第3種換気方式

排気を換気扇で行い、給気は自然給気に任せる換気方式。


機械装置が排気のみのためコストが抑えられることと、結露を防ぐことが出来るため日本の家屋で主流の換気方式。


一般的に洗面所やトイレ、浴室などの湿度が高い部屋に排気用の換気扇を設け、換気扇から離れた部屋に給気口を設けることで、除湿効果を高めます。


気密性の低い建物では換気効果が落ちることと、窓を解放すると各部屋の換気が十分にできないこと、花粉やPM2.5を含む外気が入り込みやすくなることがデメリットになります。








「24時間換気システム」の主流は第3種換気から第1種換気へ


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


新築で住宅を建てる場合、どの換気システムを導入するかを検討することになります。


やはり気になるのは導入コストとランニングコストです。


第2種換気は日本全体で見ると導入は少ないのですが、その原因として結露対策が難しいことが難しい点が挙げられます。


結露は住宅を傷めてしまう原因になることや、カビなどもシックハウス症候群の一因であったりその他の病気の原因になることがありますので、強制的に排気が出来て結露に強い第3種換気や第1種換気が多くの場合で候補に挙がります。


今まではコスト面などもあって第3種換気が主力として導入されていましたが、徐々に第1種換気に主力が切り替わりつつあります。


その大きな理由として、熱交換気の導入が出来ることで冷暖房への影響を抑えることが出来るという点と、給気口にフィルターが使えるという点の2点のメリットが挙げられます。


※「熱交換器」はエアコンにも使用されている機械ですが、Panasonicが換気用に製造する「熱交換気ユニット」が24時間換気システムとの親和性が高いことで注目を集めています。


24時間換気システム全体で言えるデメリットは、冷暖房への影響です。


夏は外の蒸し暑い空気が、冬場は冷たく乾いた空気が室内に入り込むことで、換気と共に冷暖房などの空調を動かすコストがかかります。


せっかくの高気密・高断熱の住宅でも、換気をすることで温めたり冷たくしたりと空調を動かさねばなりません。


しかし、第1種換気に加えて熱交換気を使うことで、外気のきれいさを維持して温度や湿度を室内の状態に近づけて取り込むことが出来るため、余計な空調のコストをかけずに済む方法が注目を浴びています。


余計な空調のコストが減れば、換気に必要なランニングコストも気にならなくなります。


初期の導入コストが少々かかったとしても、後々の維持がしやすくなるのであれば、検討の余地が出てくるというのです。






実際にかかるランニングコストはどのくらい?


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


24時間換気システムですが、取り付ける換気扇の消費電力を元に計算します。


第3種換気の場合、浴室とトイレの換気扇を24時間換気システムとして利用したとして、それぞれ浴室用が20W前後、トイレ用が3W前後が標準的な消費電力です。


その他の場所にもトイレ用と同等程度の換気扇を導入して動かした場合で、合計で約30Wの消費電力になったと仮定します。


電気料金が1kWhあたり25円として、合計で30Wの換気扇を導入し、1カ月間で30日24時間つねに動作した場合の計算は以下の通りです。


30W(消費電力)÷ 1000 × 24時間 × 30日 × 25円 = 540円

※電気料金の1kwあたりの価格は契約内容によって変わります。


極端に高額な維持費というわけでもなく、シックハウス症候群でつらい思いをするくらいであれば、むしろ安いコストで維持できていると感じる人も多いのではないでしょうか。


また、第1種換気の場合では換気用機材として給気用に同等くらいの機材が必要になるため、第3種換気の2倍くらいのランニングコストが発生します。


さらに「熱交換気」を導入すると約40W程度(720円)の追加となります。


ただし、「熱交換気」を導入することで冷暖房費を抑えられるため、結果的には全体のコストが抑えられることが多いようです。


24時間換気システムにも、宅内に操作パネルがあり換気の状態を調整できる機能を備えたものがあります。


原則として換気を止めてはいけないということになっていますが、冷暖房との兼ね合いで換気を弱くしたり、逆に強くしたりと調整をしたい場面もあるでしょう。


「熱交換気」などの場合は換気に合わせて温度や湿度を調整できますので、そういった調整機能を備えた機器を導入した場合には、定期的に動作状況を確認して適切に調整しましょう。






「24時間換気システム」を長く使うためにできることとは?


【24時間換気システム】必要?不必要?そして気になるその効果や種類を一挙にご紹介します!


24時間換気システムは常に動作し続けているため、負担がかかることで機器の消耗を早めたり、故障の原因となる場合があります。


屋外でも室内でも、空気の通り道となっているところには物を置かず、給排気に影響が出ないようにしましょう。


フィルターのあるものは、定期的にフィルターの掃除を行うことを忘れないようにしましょう。


数カ月に一度くらいはフィルターを取り外し、掃除機などを使って清掃するのが良いでしょう。


また、フィルターそのものの傷みがあるようであれば交換をし、花粉やPM2.5対策のフィルターなどの場合は定期交換を心掛けましょう。




関連記事


【お部屋のにおいの原因とは?】効果的な消臭方法を教えます!
【お部屋のにおいの原因とは?】効果的な消臭方法を教えます!≫

【住宅の換気口は閉めても大丈夫?】換気が必要な理由や正しい使い方
【住宅の換気口は閉めても大丈夫?】換気が必要な理由や正しい使い方≫



Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【2020年(令和2年)4月施行】連帯保証人の責任範囲や限度額が変わる?   記事一覧   ハウスクリーニング(ルームクリーニング代)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

フォンド・メゾンB

フォンド・メゾンBの画像

賃料
7.8万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市四条大路3丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩20分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
サンコーハイツ
奈良女子大学 近い
レトロ
D-room
イル
南紀寺
若草
se
port
ma
asa com
TV
TVインターホン
TN

検索履歴をもっと見る