Example: A Site about Examples

掲載物件数12069

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【人参は皮ごと食ベられる!?】豊富な栄養を逃さず接種しよう!

【人参は皮ごと食ベられる!?】豊富な栄養を逃さず接種しよう!

≪ 前へ|【感染予防】正しい手洗い&咳エチケットを詳しく解説   記事一覧   【リモート向け】バンライフとは?車中泊生活の実例紹介|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


人参の栄養を逃さず摂取するには皮も調理することが大事


人参の栄養を逃さず摂取するには皮も調理することが大事


人参にはいろいろな栄養素が含まれていますが、調理方法によってはせっかく含まれている人参の栄養素を逃してしまうことになります。


そこで人参の栄養素をしっかり摂取するには、どのように調理すればよいのかを紹介していきます。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





しっかりと摂取するべき人参の栄養素


しっかりと摂取するべき人参の栄養素


人参にはたくさんの栄養素が含まれていますが、その中でも特に健康によく、絶対に摂取するべき栄養素を紹介ます。


また、その栄養素がどのような働きをしているのかも詳しく見ていきましょう。



緑黄色野菜の中でも人参には特に多いβカロテン

緑黄色野菜にたくさん含まれているβカロテンですが、数多くある緑黄色野菜の中でも、人参は特に多く含まれています。


人参の中でも皮の部分に多く含まれている栄養素なので、皮をむいてしまうとせっかくのβカロテンが失われてしまうのです。


βカロテンはフィトケミカルの一種です。


フィトケミカルというのは、植物が害虫や紫外線から身を守るために作り出す物質なのですが、フィトケミカルには数千種類存在していると言われています。


その数千種類の中には、カロテノイドという種類もあるのですが、βカロテンはこのカロテノイドの一種になります。


カロテノイドには抗酸化作用があるので、老化の防止や生活習慣病の予防に効果を発揮するのです。


しかも必要な分だけビタミンAに変換されるのも特徴です。


そんなβカロテンを逃してしまうのはもったいないので、余すことなく摂取するべきでしょう。



様々な効果を発揮してくれるビタミンA

人参に含まれているβカロテンによって、必要な分だけビタミンAに変換することができます。


ビタミンAは皮膚や粘膜の乾燥を防ぐ働きがあります。


皮膚の乾燥を防ぐことで美肌効果や肌荒れ予防に効果を発揮してくれますし、粘膜の乾燥を防ぐことにより、風邪の予防にも効果を発揮するのです。


最近はパソコンやスマートフォンなどを長時間見ることが多いので、ドライアイになる人が多いと言われています。


ビタミンAには粘膜の乾燥を防ぐ効果が期待できることから、ドライアイの予防にも力を発揮してくれるのです。


よくビタミンAは目によいということを聞いたことがある人もいるでしょうが、実際目にもよいと言えるでしょう。


ビタミンAが欠乏してくると、ちょっとした光でもまぶしく感じる、暗い場所だと周りが見えなくなるなどの症状が起こるので、しっかりと摂取しなければいけません。


他にも胃腸を守ってくれる働きもあります。



血液の循環を良くしてくれるカリウム

人参にはカリウムという成分も含まれています。


カリウムは血液の循環をよくしてくれる働きがあります。


血液の循環がよくなると、余計な塩分を排出しやすくなりますし、むくみの予防にもなるのです。


神経や筋肉への伝達活動を助ける効果もあるので、カリウムが不足してしまうと筋力の低下や疲れが取れなくなるなどの症状も出てきます。


酷くなると心不全などを発症することもあるので、とても大切な栄養素だと言えるでしょう。



5大栄養素に続く6番目の栄養素・食物繊維

よく5大栄養素という言葉を聞くことがあるでしょう。


5大栄養素というのは、ミネラルにビタミン、炭水化物にたんぱく質、脂質のことを指します。


この5大栄養素に続く6番目の栄養素と言われているのが食物繊維です。


人参には食物繊維もたっぷりと含まれていますが、食物繊維は便秘の解消や整腸作用があると言われています。


そんな食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維というのが存在しています。


水溶性食物繊維は便を柔らかくしてくれる働きがあり、便秘の解消が期待できるでしょう。


不溶性食物繊維は便のかさを増やす働きがあるので、体内には不要で有害な物を排出しやすくする効果が期待できるのです。


この2種類の食物繊維が人参には含まれているので、定期的に食べることをおすすめします。






人参の健康効果


人参の健康効果


たくさんの栄養素が含まれている人参ですが、定期的に適量の人参を食べることで、いろいろな健康効果が期待できます。


では、具体的にどのような健康効果が期待できるのか見ていきましょう。



風邪の予防

人参には粘膜の乾燥を防ぐ効果が期待できることから、気温が下がって乾燥すると発生しやすい風邪の予防に効果を発揮します。


人参に含まれているビタミンAによって、鼻や喉の粘膜を保護してくれるからです。


最近風邪をひきやすくなったと感じる人で、あまり人参を食べないという人は、普段の食生活に人参を取り入れてみましょう。



美肌効果

人参には便秘の予防効果や、肌の乾燥を防いでくれる効果が期待できます。


便秘はお腹が張って苦しくなるだけではなく、肌荒れの原因にもなります。


肌も粘膜と同じく乾燥に弱く、あまり乾燥しすぎてしまうとやはり肌荒れの原因になってしまうのです。


人参に含まれているビタミンAの効果で肌荒れを防止できますし、食物繊維によって便秘の解消にも一役かってくれるので、その結果美肌効果が期待できるのです。



整腸作用

食物繊維は便秘の解消や予防だけではなく、腸の働きを活性化してくれる効果もあります。


腸の働きが活性化することで、体内に残っている不要な物を体外に排出しやすくなり、必要な栄養素の吸収を助けてくれるのです。


その結果むくみの予防にもなりますし、下痢の予防やアレルギー症状の緩和にも繋がると言われています。



不整脈や高血圧の予防

たくさんの栄養素が含まれている人参ですが、カリウムの効果によって、塩分を体外に排出しやすくなります。


余計な塩分を排出してしまうことで、不整脈や高血圧の防止にも繋がると言われているのです。


ただし、腎臓に疾患がある場合にはあまりカリウムを多く摂取するのはよくないので、注意が必要になります。



目の健康維持

人参に含まれているビタミンAによって、目の渇きを防止する効果も期待できるでしょう。


最近増えているドライアイの予防にも効果がありますし、ちょっとした光でもまぶしく感じる、少々暗くなると周りが見えにくくなる鳥目の防止も期待できます。


目の健康を維持するには、人参は欠かせない食材だと言えるでしょう。






栄養素を逃さない調理法


栄養素を逃さない調理法


せっかくたくさん栄養が含まれている人参ですが、調理法によっては本来人参に含まれている栄養素を逃がしてしまうことがあります。


そこで人参に含まれている栄養素を逃さずに調理する方法や、効率的に栄養素を吸収できる調理法などを見ていきましょう。



皮をむかずに調理する

人参にはβカロテンという栄養素が含まれていますが、このβカロテンは人参の皮を含めた外側に多く含まれています。


逆に内側にはあまり栄養素が含まれていないので、にんじんは皮ごと調理するのが基本です。


人参は収穫をした後も葉があった方へ栄養を送ろうとします。


そのため、時間の経過とともに中心部分の栄養素は失われていくので、外側を食べないと人参に含まれている栄養を摂取するのが難しくなるのです。



油で炒める

人参に含まれているβカロテンは、ビタミンAに変わるという性質を持っています。


しかし、ビタミンAは脂溶性の栄養素であるため、体内で吸収されにくいのです。


そこで体内でビタミンAを吸収しやすくするように、人参を油でコーティングすれば、吸収率を大幅に高めることが可能になります。


ちなみに人参を生で食べた場合には、βカロテンの吸収率は僅か8パーセントにすぎませんが、油でコーティングすると、βカロテンの吸収率が70パーセントまで上昇するのです。


油を使えば炒めるだけではなく、揚げることでもβカロテンの吸収率は高まります。



蒸すのも効果的

油を使って炒めたり揚げたりする以外にも、人参を蒸すことによってβカロテンの吸収率を高くすることが可能です。


さらにカロテンを失うことなく調理できるのも特徴でしょう。


蒸す場合には蒸し器を使用する方法もありますが、電子レンジを使えばもっと簡単に蒸すことができます。


蒸した人参や電子レンジでチンした人参は、冷ませば冷蔵庫で保管することもできるので、少し多めに作って食べたい分だけを食べるのもよいでしょう。


もちろん長期間保存できるわけではないので注意が必要です。






【人参は皮ごと食ベられる!?】まとめ


【人参は皮ごと食ベられる!】まとめ


人参にはβカロテンやビタミンA、カリウムや食物繊維など、体によい栄養素がたくさん含まれています。


そんな体によい栄養素を逃さずに摂取するには、皮もしっかりと調理しなければいけません。


皮を付けたままの状態で、油で炒めたり揚げたりすることでビタミンAの吸収率が高まるのです。


また、蒸すことでカロテンを逃さずに摂取することもできます。




人参以外にも体に良い食べ物はたくさんあります。快適なキッチンで効率的に栄誉を取ることができるお料理を作りませんか?


システムキッチンがあるお部屋をお探しの方はこちら≫

コンロ2口以上のキッチンをお探しの方はこちら≫

カウンターキッチンの物件をお探しの方はこちら≫

ガスコンロの物件をお探しの方はこちら≫


関連記事


助成金制度を利用して生ごみ処理機をお得に購入しよう!助成金の申請方法まとめ
【生ごみ処理機をお得に購入!】奈良市の助成金申請について≫

【魚介に潜む「アニサキス」】症状と予防方法について解説!
【魚介に潜む「アニサキス」】症状と予防方法について解説!≫

【新常識】もっと美味しいお米の炊き方を解説!
【炊飯時の浸水・蒸らしは必要ない!?】新常識!美味しいご飯の炊き方≫

【痛み・空咳】つらい喉の不調に効く食べ物・飲み物は?
【つらい「喉の痛み・空咳」に効く】喉にいい食べ物・飲み物は?≫

この冬はお家で焼き芋を食べよう!簡単調理法、美味しいお芋の見分け方をご紹介!
【焼き芋は火を使わずに作れる?】簡単調理法をご紹介!≫

お正月ついたお餅の保存方法とアレンジレシピについて
【お餅の保存とアレンジレシピ】正しい保存方法とおいしい食べ方!≫

【一人暮らしの節約メニューは冷凍術が決め手!】自炊も簡単に楽しくクッキング
【一人暮らしの節約メニューは冷凍術が決め手!】自炊も簡単に楽しくクッキング≫

【鮮度の良い卵の見分ける方法とは?】卵の豆知識ご紹介!
【鮮度の良い卵の見分ける方法とは?】卵の豆知識ご紹介!≫


Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【感染予防】正しい手洗い&咳エチケットを詳しく解説   記事一覧   【リモート向け】バンライフとは?車中泊生活の実例紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
サンガーデン
大和郡山 南郡山
ダイワハウス【賃貸住宅 D-ROOM】大和リビング奈良賃貸特集
筒井駅
奈良市法蓮町
違約金 奈良市
管理人常駐
三条大路 駐車場
第3
3DK
サンガ
積水ハウスの賃貸住宅【シャーメゾン】奈良賃貸特集
西大寺 幸
てん

検索履歴をもっと見る