掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【失敗しない冷蔵庫の選び方】人数やサイズ、本体容量!どれが選ぶポイント?

【失敗しない冷蔵庫の選び方】人数やサイズ、本体容量!どれが選ぶポイント?

≪ 前へ|【奈良県内のコンビニ数と飲食店の比較】ランキング別でご紹介!   記事一覧   【家賃口座の変更はできる?】支払い方の種類・滞納時の対処法について解説!|次へ ≫
カテゴリ:賃貸のマサキ インフォメーション

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


【冷蔵庫の選び方】必要な容量や設置場所を考え、ライフスタイルに合った製品を選びましょう


【冷蔵庫の選び方】必要な容量や設置場所を考え、ライフスタイルに合った製品を選びましょう


一人暮らしや新生活を始めるにあたって、準備しなければならないのが家具や家電です。


特に毎日の食生活に関わってくる家電である冷蔵庫は、はじめに揃えなければならないもののひとつとして挙げられます。


いざ家電量販店などへ行き冷蔵庫を選ぼうと思っても、さまざまなメーカーや種類があり、正直どれを選べばよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、冷蔵庫を選ぶ場合のコツについて、また、最新の冷蔵庫のおすすめの点や古い冷蔵庫の処分の方法などについて詳しく見ていきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





冷蔵庫選びのコツ


冷蔵庫選びのコツ


ここでは、冷蔵庫を選ぶ際に確認しておきたいさまざまな点について詳しく見ていきたいと思います。


容量


これから一人暮らしを始めるという人には、容量150Lぐらいのものがおすすめです。


容量が110Lぐらいの冷蔵庫の場合だと、野菜室や製氷室がない場合もあるため注意してください。


料理好きで、買い物の際にはまとめ買いしたり、料理を作り置きしたりするという場合は、もう少し大きなサイズでも大丈夫です。


二人暮らしの場合は、だいたい容量が310~400Lぐらいの冷蔵庫を選ぶといいでしょう。


3~4人家族で特に小さなお子さんのいる家庭などは、今後のことを考えて大きめサイズのものを選ぶのもひとつの方法です。


設置スペース・搬入経路


新しく冷蔵庫を購入する際には、どのぐらいのサイズの大きさのものであれば置くことができるのか、また廊下などを通らせることができるかなどをチェックしておくことも重要です。


ちなみに最新式の冷蔵庫は一見スリムに見えても、以前の同サイズの冷蔵庫よりも容量がアップしていることが多いため、よく大きさなどをチェックしてみてください。



ドアの開き方


多くのメーカーから発売されている冷蔵庫ですが、通常は右利きの人が使いやすいようにドアが右側に開くタイプになっています。


このタイプは各メーカーの製品の種類も多く、選びやすいのがメリットであると言えるでしょう。


一方、キッチンの広さや冷蔵庫の設置場所を考えた場合に、左開きタイプの冷蔵庫の方が向いている場合もあります。


そんな時には、まずキッチンのどこに冷蔵庫を置くかを考えてから購入しましょう。


左右どちらにも開閉可能な両開きドアの冷蔵庫の場合は、置き場所が自由に選べるのがメリットのひとつとして挙げられます。


ただし、両開きドアの冷蔵庫は、片開きのものより種類が少ないため注意が必要です。


冷蔵室のドアが真ん中から開く観音開きタイプのものは、左右同時に開けられるため食品を出し入れしやすくなっています。


また、冷蔵庫前にスペースがあまりなくても、ドアを開閉しやすいのもポイントです。



引き出しのレイアウト


一般的な冷蔵庫の冷蔵室は冷蔵庫上部に配置されており、ガラス製の棚で仕切られているものが多く見られます。


また、冷蔵庫のドアについているポケットには飲料や調味料、また卵を収納する場所がついています。


最新の冷蔵庫の引き出しも、ほとんどがこのタイプなので、引き出しのレイアウトで迷うことはあまりないかもしれません。


ただ、中には奇をてらったものもあるので、購入するときは自分が使いやすいようなレイアウトの引き出しになっているかどうかも確認しましょう。



機能


・冷凍室やチルド室


急速冷凍することで肉類や魚類の細胞破壊を遅らせることが可能な冷凍室や、食材の乾燥や酸化を防ぐ効果のあるチルド室などを備えた冷蔵庫は、食品の鮮度を保つことができるためおすすめです。



・脱臭機能


食品の匂いや冷蔵庫内の匂いが気になるという人は、脱臭機能のある商品を選ぶといいでしょう。


このタイプの冷蔵庫には、匂いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できるため、より衛生的に食品を保存できます。



・野菜室や冷蔵室の切り替え


冷蔵庫の中には、野菜をまとめ買いしたときに広いスペースを野菜室へ切り替えたり、冷凍室に切り替えたりすることが可能なものもあります。


このようなタイプの商品は、買い物の量に合わせて入れる場所を変えられるので大変便利です。



・自動製氷機能


通常、冷蔵庫にはタンクに水を入れるだけで自動的に氷を作ることができる自動製氷機能がついています。


最新の冷蔵庫の中には、氷の大きさを調節できるタイプや、ミネラルウォーターを使用できるものもあります。






最新の冷蔵庫はここが違う!


最新の冷蔵庫はここが違う!


ここでは、最新の冷蔵庫のデザインや機能性など注目すべきポイントについて詳しく見ていきます。



デザインが豊富


・ミラータイプの冷蔵庫


最近は、冷蔵庫の扉の素材に強化ガラスを使用した、まるでインテリアのようなデザイン性の高い冷蔵庫が人気です。


見た目だけではなく耐久性や耐熱性に優れており、長く使用しても傷がつきにくいですし、汚れても簡単に拭き取ることができるので、お手入れが楽なのも魅力のひとつです。



・木目調の冷蔵庫


カントリー風やカフェ風のキッチンにピッタリなのが木目調の冷蔵庫です。


部屋の家具やフローリングなどともよくなじむため、部屋全体を温かみのある木目調にまとめたいという人におすすめです。



・シルバー製のステンレス冷蔵庫


一般的な冷蔵庫はシルバー製ですが、特にシンプルなシルバー製のステンレスタイプの冷蔵庫は、無駄のないデザインとして老若男女を問わず使いやすいでしょう。



スマホとの連携やAI搭載


最近はスマホアプリ対応の冷蔵庫が増加傾向にあり、庫内の温度や製氷機能、省エネ機能の設定などが簡単にできるようになっています。


また、ドアを開閉した回数のチェックや閉め忘れたときの通知設定もできるため、離れて暮らす家族の見守り機能として使うこともできます。


さらに、AIが搭載されている冷蔵庫の場合は、使用者の生活パターンを予測することで料理レシピの表示や提案までしてくれる、大変便利なものも発売されています。



省エネ性能


常に電源が入っている冷蔵庫は、家庭内の家電の中でも電気使用量の多いもののひとつです。


しかし、最新式の冷蔵庫の省エネ性は、古いタイプの製品と比較すると格段に高まっており、買い替えるだけで消費電力量を抑えることができます。


また、最近はアプリと連動し、それぞれの生活に合わせた省エネ方法をアドバイスしてくれる冷蔵庫もあります。






一人暮らしなら冷蔵庫付き物件がおすすめ!


一人暮らしなら冷蔵庫付き物件がおすすめ!


新たな生活を始めるためにいざ冷蔵庫の購入を検討した場合、サイズや容量を決めたり、部屋に設置したりするための時間や費用がかかるため、正直面倒だと感じている人がたくさんいるようです。


ですから、特に一人暮らしの場合は、新しく冷蔵庫を購入するよりも冷蔵庫などの家電付きの部屋を借りることをおすすめします。


家電のほかにも家具がついている部屋であれば、購入費用などを抑えることができます。


また、入居した当日から快適な生活を送ることができる上、退去時にも不要となった家具や家電を処分する費用がかからないこともメリットとして挙げられます。


ただし、自分好みの家電を選べないため、特にインテリアにこだわりたいという人は避けた方がいいでしょう。






冷蔵庫でもできる!家庭の省エネ術


冷蔵庫でもできる!家庭の省エネ術


ここでは、家庭の冷蔵庫を使うときにできる、さまざまな省エネ方法について具体的に見ていきます。


食品を入れすぎない


冷蔵庫に食品を多く入れすぎると冷気の流れが滞るため、均一に冷却できなくなって余計な電気代がかかってしまいます。


そのため、冷気の吹き出し口の前に食品を置くのは避け、奥の壁が見えるぐらい隙間を開けて食品を入れた方が省エネにつながります。


また、冷蔵庫の中をきちんと整理しておくと食品を探す手間がかからないため、冷気が外に漏れて中の温度が高くなることを防げます。



冷凍室は隙間がない方がよい


冷凍室の場合は冷蔵室や野菜室とは異なり、隙間なく食品を入れておくことで食品同士が互いを冷やす役割を果たすため、電気代を抑えることができます。


また、こうすることでドアを開閉したときの温度の上昇を抑えることができ、食品が傷みにくくなります。



温度は通常設定にしておく


チルド室などの温度設定ができるタイプの冷蔵庫の場合は、特に暑い夏場以外は低温よりも通常の温度に設定していた方が、電気代を節約することができます。



ドアの開閉は最小限にする


冷蔵庫のドアを開閉する回数が多いと中の冷気が逃げやすくなり、庫内の温度が上がるため電気代がかかってしまいます。


そのため、普段からよく使う食品は手前側に置くなどして、なるべく開ける回数を減らすようにするといいでしょう。



温かい食品は冷ましてから保存する


温めた食品を冷やさずにそのまま冷蔵庫に入れてしまうと、庫内の温度が上がり、ほかの食品の温度の上昇にもつながるため、食品が傷みやすい状態になってしまいます。


そのため、一度温めた食品は、一旦冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしてください。



冷蔵庫の後ろを掃除する


冷蔵庫の後ろなどにゴミやホコリが溜まると、電気使用量が増えたり冷えづらくなったりする原因となるため、できるだけこまめに掃除をして、きれいな状態を保つようにしましょう。






古い冷蔵庫を処分する方法


古い冷蔵庫を処分する方法


ここでは、使わなくなった冷蔵庫を処分するときの方法や注意点について詳しく見ていきます。


冷蔵庫は家電リサイクル法で定められたもののひとつ


冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機などの家電を処分する場合は、家電リサイクル法によって、小売業者や製造業者などに引き取ってもらい、リサイクルを推進することが義務づけられています。


業者に引き渡すときには、冷蔵庫のサイズによって異なりますが、収集運搬料金としておおよそ1500円、リサイクル料金として4000円~6000円ほどかかるため注意しましょう。


新しい冷蔵庫を購入する場合


新しい冷蔵庫に買い替えるという場合は、冷蔵庫を搬入するときに古い冷蔵庫を引き取ってもらいましょう。


ただし、その場合でも収集運搬料やリサイクル料金は必要になります。



古い冷蔵庫だけを処分したい場合


処分したい古い冷蔵庫は、その冷蔵庫を購入した店舗に収集を依頼しましょう。


もし購入した店が不明な場合やすでにないという場合には、家電リサイクル受付センターに連絡して回収を依頼してください。


家電リサイクルセンターに依頼した場合の料金は、おおよそ7000円~8000円ほどとなっています。



指定引取場所へ持ち込んで処分する場合


指定引取場所へ冷蔵庫を持ち込む場合は、郵便局でリサイクル券を購入して料金の振込を行い、発行された証明書と一緒に各自治体の引取所に持ち込みましょう。


この場合にも、リサイクル料金と振込手数料がかかります。


また、持ち込むには予約が必要な場合もあるため、事前に引取所に連絡して確認するようにしましょう。



リサイクルショップで冷蔵庫を買い取ってもらう


リサイクルショップに冷蔵庫の買取を依頼する場合、年式が古い冷蔵庫や故障している冷蔵庫は買い取ってもらえない場合があります。


その点も考慮してから持ち込むようにしましょう。



無許可の回収業者には要注意


冷蔵庫などの家電リサイクル法で定められている廃棄物は、住んでいる自治体のルールにしたがって適切に処分しなければなりません。


ちなみに冷蔵庫を処分する場合には、一般廃棄物処理業の許可を持つ業者に依頼する必要があります。


しかし、中には不当な方法で家電を処分してしまう悪質な業者もいるため、注意が必要です。


そのような業者に引き渡してしまうと、高額な処分料を支払わなくてはならなくなったり、環境問題への影響が懸念されたりするため、くれぐれも気をつけましょう。






【冷蔵庫の選び方】のまとめ


【冷蔵庫の選び方】のまとめ


新たな生活を始める前に、準備するもののひとつとして挙げられるのが冷蔵庫です。


冷蔵庫を選ぶときには、必要な容量や設置場所、ドアのタイプやついている機能などに着目して、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶといいでしょう。


また、最新式の冷蔵庫にはミラータイプなどデザイン性に優れたものが多く、また省エネ性能に優れていたり、スマホ連動型やAI搭載の製品もあったりするため、家電量販店などでチェックしてみることをおすすめします。


冷蔵庫の電気代を節約したいという場合には、冷蔵室に食品を詰め込みすぎないように注意したり、なるべく中を整理して食品を取り出しやすくして、ドアを開ける時間や回数を少なくしたりすることが大切です。


さらに、古い冷蔵庫を処分する場合には、家電リサイクル法に基づいて収集運搬料金やリサイクル料金などをきちんと払いましょう。


不当な方法で処分してしまうと、高い処分料を支払わなければならなくなったり、地域によっては罰則などがあったりするため注意が必要です。




関連記事


【二人暮らし】これだけは揃えたい! 家具・家電
【二人暮らしの準備】必要な家具・家電と揃えたいものについて≫

【電子レンジの選び方】家族構成や容量、サイズ、使いたい機能で選びましょう!
【電子レンジの選び方】家族構成や容量、サイズ、使いたい機能で選びましょう!≫

【炊飯器の選び方とは?】家族構成・ライフスタイル・ご飯の好みから選ぼう!
【炊飯器の選び方とは?】家族構成・ライフスタイル・ご飯の好みから選ぼう!≫

【賃貸物件に置く冷蔵庫の選び方とは?】注意点まとめてみました!
【賃貸物件に置く冷蔵庫の選び方とは?】注意点まとめてみました!≫




Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【奈良県内のコンビニ数と飲食店の比較】ランキング別でご紹介!   記事一覧   【家賃口座の変更はできる?】支払い方の種類・滞納時の対処法について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
CATV
戸建
セジュールならやま
家族
保証会社
一戸建て
一戸建
レトロ
ルナ
2LDK指柳町
ラ ハレ
マイ
ペット可 賃貸

検索履歴をもっと見る