掲載物件数23089

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 桜井市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)

桜井市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)

≪ 前へ|天理市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)   記事一覧   大和郡山市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

桜井市の防災マップ・ハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)について



桜井市の防災マップ・ハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)


桜井市内で「もしものとき」の災害が起こる可能がある「防災マップ・ハザードマップ」の存在はご存知でしょうか?


「防災マップ・ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。

※引用:国土交通省国土地理院ホームページ
www.gsi.go.jp/hokkaido/bousai-hazard-hazard.htm


近年、予期せぬ大規模自然災害が発生しているなか、今住んでいる桜井市内の地域・住み替え予定のエリアではどのようになっているか一度確認して見てください。


このページでは桜井市ホームページに記載されている防災に関する項目をまとめましたので下記よりご確認ください。




桜井市洪水土砂災害ハザードマップ


台風の襲来や前線の通過などで起こる大雨や集中豪雨によって、みなさんがお住まいの地域で河川のはん濫による浸水や土砂災害が発生する危険性があります。


この地図は、住民のみなさんがその危険性を事前に把握して、万一の場合でも安全に避難できることを目指して作成したものです。


みなさんがお住まいの地域において、予想される浸水深や大雨による災害の状況を日頃から把握し、危険を感じたら早めに自主的な避難をするように心がけましょう。


洪水・土砂災害ハザードマップP1~P2

洪水・土砂災害ハザードマップP3~P4

洪水・土砂災害ハザードマップP5~P6

洪水・土砂災害ハザードマップP7~P8

洪水・土砂災害ハザードマップP9~P10

洪水・土砂災害ハザードマップP11~P12

洪水・土砂災害ハザードマップP13~P14

洪水・土砂災害ハザードマップP15~P16

洪水・土砂災害ハザードマップP17~P18

洪水・土砂災害ハザードマップP19~P20

洪水・土砂災害ハザードマップP21~P22

洪水・土砂災害ハザードマップP23~P24

洪水・土砂災害ハザードマップP25~P26

洪水・土砂災害ハザードマップP27~P28

洪水・土砂災害ハザードマップP29~P30

洪水・土砂災害ハザードマップP31~P32

洪水・土砂災害ハザードマップP33~P34

洪水・土砂災害ハザードマップP35~P36

洪水・土砂災害ハザードマップP37~P38

洪水・土砂災害ハザードマップ表紙・裏表紙

<お問い合わせ先>

桜井市役所 都市建設部 土木課 管理係

〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1

電話:0744-42-9111(内線210)

FAX:0744-46-1782


※引用:桜井市ホームページ(洪水土砂災害ハザードマップ)

//www.city.sakurai.lg.jp/sosiki/toshikensetsubu/dobokuka/1394764619563.html

桜井市地震防災マップ


「地震防災マップ」は、市に大きな被害を及ぼすおそれのある奈良盆地東縁断層帯による地震や東南海・南海地震が同時発生した場合に、お住まいの地域でどれくらい揺れの強さがあり、液状化の危険があるかを想定し、地図に表示したものです。


このような地震の発生を避けることはできませんが、日ごろからいざという時のために家族や地域でできる地震対策に取り組んでいただくことで、被害を防いだり小さくすることは可能です。


市民の皆さんが今後、取り組みを進めていただく地震対策の助けになるよう、「地震防災マップ」を作成しましたので、是非ご活用ください。


地震防災マップ

<お問い合わせ先>

桜井市役所 危機管理課

〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1

電話:0744-42-9111(内線308・309)

FAX:0744-42-1747

※引用:桜井市ホームページ(地震防災マップ)
//www.city.sakurai.lg.jp/sosiki/kikikanrikan/kikikanrika/bousai/bousaisiryou/1394764356724.html



倉橋ため池ハザードマップ


倉橋に所在する倉橋ため池は、農業用ため池として昭和32年に完成し、以来貴重な灌漑用水を下流域の農地に供給しています。また、平成12年には洪水調整機能を併せ持つ防災ダムとして整備、平成17年にはため池にふれあい公園が整備されるなど市民のみなさんの安心・安全の確保と憩いの場の創出にも大きく貢献しています。


この倉橋ため池は、平成25年に奈良県が耐震調査を実施し、その結果、堤体は阪神淡路大震災や東日本大震災程度の揺れにも耐えることができ、十分に安全であることを確認しております。


それでもなお万が一破堤する事態に備え、この度、本市では市民のみなさんが迅速かつ安全に避難していただくための情報を提供する目的で、ハザードマップを作成いたしました。


みなさんがお住まいの地域において、予想される浸水深などの状況を日頃から把握し、危険を感じたら早めに自主的な避難をするように心がけましょう。


倉橋ため池ハザードマップ

倉橋ため池ハザードマップ(説明)

<お問い合わせ先>

桜井市役所 まちづくり部 農林課
〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1
電話:0744-42-9111
FAX:0744-48-3121

※引用:桜井市ホームページ(倉橋ため池ハザードマップ)
//www.city.sakurai.lg.jp/sosiki/kikikanrikan/kikikanrika/bousai/bousaisiryou/1531455533468.html



桜井市の防災について声を集めてみた



 

 



 

もしもの時の地震や風水害に備えて


ふだんからの準備

家庭防災会議を開く

火を出さない措置や燃えない工夫をする

非常持ち出し品をまとめておく


非常持ち出し品を準備しよう


大地震が起きたときは

まず火の始末をする

あわてて外に飛び出さない

火災になったら協力して消火する

避難するときの心得

1.自動車で避難しないで必ず徒歩で避難する

2.大地震のあとはデマが飛びやすいので、ラジオや防災関係機関から正確な情報をつかむ

3.指定された避難所に避難する


桜井市災害時避難所


風水害に備えて

台風が近づいたら

1.気象情報に注意する

2.懐中電灯、飲み水などの非常持ち出し品を準備する

3.家やへいの補強をする

4.避難所をあらかじめ確認、指示を受けてから避難する


非常持ち出し品を準備しよう

桜井市災害時避難所


避難情報を正しく理解する


集中豪雨や台風の際、地域住民のみなさんの避難が必要と判断した場合は、市から次の情報を発表します。


避難準備・高齢者等避難開始

避難するのに時間を要する高齢者などの要援護者は、避難を始めてください。

通常の避難行動ができる人は、避難準備を始めてください。


避難勧告

避難対象地域内のすべての住民は避難を始めてください。

すぐに避難所へ避難してください。


避難指示(緊急)

避難中の住民は、直ちに避難を完了してください。

まだ、避難していない住民は、直ちに避難してください。

もし避難する余裕がなければ、建物の安全な所に移るなど生命を守る最低限の行動を取ってください。


避難に時間を要する高齢者などの避難行動を始めるときは、家族だけでなく地域住民のみなさんで助け合って避難してください。


桜井市安心安全システム

市民の皆さんが安全で安心な生活を過ごしていただくために、皆さんがお持ちの携帯電話やパソコンに、地震情報、気象警報、避難情報などの防災情報のほか、市からの緊急のお知らせなどをメールで配信するものです。

また、次のような新しい機能も追加しました。早速、登録してみませんか。


防災ダイヤル(登録不要)

次の番号にお電話いただくことで、配信されている防災情報や、市からのお知らせが確認いただけます。


防災情報(地震情報・避難関連情報・気象警報) 050‐5578‐2621

市からのお知らせ(防災情報以外のお知らせ) 050‐5578‐2622


◆電話やFAXによる情報配信

視覚障がいの方や携帯電話をお持ちでない高齢者の方に個人宅の電話やFAXに情報配信を行うサービスです。サービスを希望される方は危機管理課までお申し込みください。


登録できる人

メール配信サービスは、どなたでも登録できます。

電話やFAXによる配信サービスは、視覚障がい者の方や携帯電話をお持ちではない高齢者の方が対象です。


情報料

情報料は無料(ただし、登録やメール受信にかかるパケット通信料等は自己負担となります。


サービスの内容

災害情報などの市からのお知らせ(必ず受信)

気象庁が発表した警報、地震情報など(必ず受信)

気象庁が発表した注意報、市役所からのお知らせなど(受信するかは選択できます。)


登録する方法

携帯電話やパソコンに、次のアドレスを入力又は、QRコードを読み込み、空メール(件名・本文不要)を送信してください。

空メール配信アドレス bousai.sakurai-city@raiden2.ktaiwork.jp


数分以内に、登録用URLが記載されたメールが届きますので、添付されたURLに接続し、ガイドに従って登録してください。


注意していただきたいこと

登録は随時行っていただけます。登録及び解除は登録者自身で行ってください。

携帯電話で登録する場合、迷惑メール対策でドメイン(領域)指定受信等を設定している方は、次のアドレス(bousai-city@raiden2.ktaiwork.jp 及び @raiden2.ktaiworkmd.otenki.jp)からのメールを受信できるように設定してから登録してください。

携帯電話の場合、電波状況や電話会社サーバの状態により、着信の遅れ等の障害が起こる可能性があります。

配信後何らかの理由(メール等の消滅)で配信されないことがあっても、再送信は行いませんのでご了承願います。

メール配信システムへの返信で、ご意見・ご要望等は承りませんのでご了承願います。

メールアドレスを変更された場合は、再登録が必要です。

その他、利用上の注意事項に同意の上、登録してください。


配信先メールアドレスの変更について

登録いただいているメールアドレスが変更になった場合は、お手数ですが元のメールアドレスを解除し新しいメールアドレスで登録してください。


自主防災活動に取り組もう

私たちはここ数年、日本各地で発生した大規模な地震や集中豪雨による大きな被害を、テレビやラジオ等を通じて目の当たりにしています。

このような災害は、他人事ではなく、いつわれわれの身にふりかかってくるとも限りません。いざという時、地域に住むみなさんが連携し、協力しあって地域の被害を最小限に抑えることが必要です。

しかし、このような活動は、災害が起こって急にできるものではなく、日ごろから身近なコミュニティ活動の一環として位置づけながら地域の防災活動を行うことが重要であると言えます。そこで、地域での防災活動に取り組む方法の1つとして「自主防災組織」を結成するという方法があります。自主防災活動には、「こうしなければならない。」といった決まりごとはありませんので、それぞれの地域にあった方法で活動を始めてみてはいかがでしょうか?


「自主防災組織」を結成する


自主防災組織について「興味がある。」「地域で一度話し合ってみたい。」など関心がありましたら、危機管理課までご相談ください。

(西分庁舎内 電話:42-9111 内線:308・309)

また、地域で自主防災組織を結成した場合は、次の「1.設立届」に必要事項を記入の上、「2.規約」・「3.役員名簿」・「4.班編成図」をつけて危機管理課まで提出してください。

なお、記入の方法等について不明な点がありましたら、危機管理課までお問い合わせください。


注意報・警報の発表区域を確認しよう

気象庁は、大雨や強風などの気象現象によって災害が起こるおそれのあるときに16種類の「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときに7種類の「警報」を発表して、注意や警戒を呼びかけます。

注意報・警報は市町村ごとに発表されますが、テレビやラジオによる放送では、複数の市町村をまとめた地域(桜井市の場合は「奈良県北西部」に含まれます)を用いてお知らせする場合もあります。

注意報や警報が発表された場合には、テレビやラジオによる放送や、(地上デジタル放送の)データ放送、インターネット、携帯電話などへの情報提供サービス、スマートフォン用アプリなどで知ることができます。


「緊急地震速報」を理解しよう

「緊急地震速報」とは、震源近くの観測点で地震(P波、初期微動)をキャッチし、位置、規模、想定される揺れの大きさを予測し、地震による強い揺れ(S波、主要動)が到達する数秒から数十秒前に強い揺れが迫っていることをお知らせする情報です。

この情報を聞いて、大きな揺れが始まる前に防災行動を取ることにより、地震による被害を軽減することが期待されます。

ただし、震源に近い地域では、「緊急地震速報」が強い揺れに間に合わないことがあります。

1.地震発生

2.P波をキャッチ

3.(数秒後) 情報発表:この短い間に身を守るための行動を取る必要があります(震源から離れるほど猶予時間が長くなります)

4.S波到達

http://www.seisvol.kishou.go.jp/eq/EEW/kaisetsu/index.html


緊急地震速報の原理

地震の揺れは、震源から波紋のように波(地震波)として伝わります。

地震波は主に、カタカタ揺れる波(P波)とユサユサ揺れる波(S波)があります。

地震が起こると、最初にP波が伝わり、次に強い揺れのS波が伝わります。

地震による被害は、主にユサユサ揺れる波(S波)によってもたらされます。


緊急地震速報

「強い揺れが来ます!」という緊急地震速報(揺れの予告)をテレビなどで知り、速やかにテーブルの下など安全な場所に避難し、危険を回避する。

このように緊急地震速報を有効に活用するためには、緊急地震速報を見聞きした際に適切に行動できるように「訓練」しておくことが必要です。

<お問い合わせ先>

桜井市役所 危機管理課

〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1

電話:0744-42-9111(内線308・309)

FAX:0744-42-1747

※引用:桜井市ホームページ


桜井市でもし災害が起こったら!


洪水のときはこうして避難!

市から避難の情報(避難指示等)が出されたら、すぐに行動を始めてください。


避難情報を正しく理解しよう


洪水時の避難のポイント

安全な服装で

防災ずきんやヘルメットをかぶり頭を保護します。靴は、ひもでしめることができる運動靴が最適です。裸足、長靴は厳禁です。


ロープでつなぐ

はぐれないようにお互いの体をロープで結んで避難します。特に、子どもから目を離さないようにしてください。


歩ける深さ

水深が50センチメートルを上回る(ひざ上まで)場所での避難は非常に危険です。また、水の流れが速い場合は、それ以下の水深でも歩けないことがあります。このような場合は、無理をしないで高所で救援を待ちましょう。


足下に注意

水面下には、どんな危険がひそんでいるかわかりません。長い棒を杖がわりにして、水面下の安全を確認しながら歩いてください。土砂災害に注意しよう


土砂災害に注意しよう!

土砂災害の種類と前ぶれ現象を理解して、早めに避難しましょう。


土石流

長雨や集中豪雨などで、山腹や渓流の石や土砂が一気に下流へ押し流されます。

強大な威力と圧倒的なスピードで、進行方向にあるものを次々とのみ込み、破壊させていきます。


土石流の前ぶれ(目安)

山鳴りがする。

雨が降り続いているのに川の水位が下がる。

川の流れが濁ったり、流木が交ざり始める。

腐った土の臭いがする。 など

急傾斜地の崩壊(がけ崩れ・山崩れ)

雨水がしみ込んで、やわらかくなった斜面が急激に崩れ落ちます。

日本で最も多い土砂災害です。


急傾斜地の崩壊の前ぶれ(目安)

崖からの水が濁る。

地下水やわき水が止まる。

斜面のひび割れ、変形がある。

小石が落ちてくる。 など


地すべり

ぜい弱な地質の土地に豪雨が降り、ゆるくなった斜面の一部が、地下水の影響と重力でゆっくり下方へ移動する現象です。

ひとたび発生すると、家屋や道路、鉄道など広範囲に被害を与えます。 ・地面にひび割れができる。


地すべりの前ぶれ(目安)

井戸や沢の水が濁る。

崖や斜面から水が吹き出す。

家やよう壁、樹木電柱が傾く。

家やよう壁に亀裂が入る。 など


災害が起こったら…?(地震)

地震が起こった時、あなたを守る次の行動は?

新潟県中越地震やスマトラ島沖地震など、大きな地震はいつ起こるかわかりません。

被害を少なくするためにも、普段から「いざというときにどういう行動をとればよいのか」確認をしましょう。 


まず落ち着いて身の安全を確保する

机やテーブルに身をかくす

揺れを感じたら、まず丈夫な机やテーブルなどの下に身を隠しましょう。

座ぶとんなどが身近にあれば、頭部を保護しましょう。


非常脱出口の確保

揺れを感じたら、玄関などの扉を開けて非常脱出口を確保しましょう。


あわてて外へ飛び出すな

大揺れは1分程度でおさまるので周囲の状況をよく確かめ、あわてて外へ飛び出すことなく落ち着いて行動しましょう。


あわてず冷静に火災を防ぐ

地震!すばやく火の始末を

使用中のガス器具、ストーブなどは、すばやく火を消しましょう。(石油ストーブは「対震自動消火装置」のものを使用しましょう。)

ガス器具は元栓を締め、電気器具はコンセントを抜きましょう。


火が出たらまず消火を

万一出火したら、まず消火器や三角バケツなどの消火用具でボヤのうちに消し止めましょう。大声で隣近所に声をかけ、みんなで協力しあって初期消火に努めましょう。


狭い路地、塀ぎわ、崖や川べりに近寄らない

狭い路地や塀ぎわは、瓦などが落ちてきたり、ブロック塀やコンクリート塀が倒れてきたりするので遠ざかりましょう。崖や川べりは地盤のゆるみで崩れやすくなっている場合があるので、これらの場所から遠ざかりましょう。


避難のテクニック

避難は徒歩で、持物は最小限に

避難するときは、必ず徒歩で避難しましょう。服装は、活動しやすいものにしましょう。携帯品は、必要品のみにして、背負うようにしましょう。


山崩れ、がけ崩れに注意

山ぎわや急傾斜地域では、山崩れ、がけ崩れが起こりやすいので、自分ですばやく決断し、ただちに避難しましょう。


正しい情報の入手を

テレビ、ラジオの報道に注意してデマにまどわされないようにしましょう。

市役所、消防署、警察署などからの情報には、たえず注意しましょう。

不要、不急な電話は、かけないようにしましょう。特に消防署等に対する災害状況の問い合わせ等は消防活動等に支障をきたすのでやめましょう。


協力しあって応急救護を

軽いケガなどの処置は、みんながお互いに協力し合って応急救護しましょう。


協力しあって救出活動を

建物の倒壊や落下物などの下敷きになった人がいたら、地域のみんなが協力しあって救出活動を行いましょう。


災害が起こったら…?(安否確認)

災害用伝言ダイヤル等を活用しよう!

緊急時に家族や親類などの安否確認の方法として次のような方法があります。災害用伝言ダイヤルは、携帯電話、PHSからも利用できます。毎月1日に体験利用できますので、いざという時のために試しておいてはいかがでしょうか?


災害用伝言ダイヤル「171」を利用する

171 にダイヤルする


→ 伝言を録音するときは、 1をプッシュ →「被災者の電話番号」+「伝言をふき込む」

→ 伝言を再生するときは、 2 をプッシュ→「被災者の電話番号」→伝言を聞く


災害用ブロードバンド伝言板(web171)を利用する

http://www.web171.jpにアクセスする

→ 登録するときは… 被災者の電話番号入力→登録者名、伝言内容を入力

→ 確認するときは… 被災者の電話番号入力→伝言内容を確認→(返信の伝言を入力)


携帯電話の「災害用伝言板」を利用する

携帯電話各社のトップメニューから「災害伝言板」を開く → 伝言を登録する場合→「登録」を選択して伝言を入力

→ 伝言を確認する場合→「確認」を選択し、被災地の人の携帯番号を入力して伝言を見る


災害で被害があった場合は…?

水がひいた後の安全対策は? 

落下物や倒壊した危険な物はないか確認する。(あればただちに補強や点検を行う)

断線した電線が家屋などに接触していないか確認する。

飲料水や食べ物など衛生面に気をつける。

浸水の被害にあったら消毒を念入りに行う。(クレゾール等を散布する)

家の中は、風通しを良くして乾燥させる。

活動する時は、ケガをしないような服装を心がける。(肌は露出しないこと)


災害発生時の給水地点


弾道ミサイルが発射された場合、あなたを守る次の行動は?

○弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。

○ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

○被害を少なくするためにも、普段から「いざというときにどういう行動をとればよいのか」確認をしましょう。 


メッセージが流れたら、直ちに以下の行動をとってください。

【屋外にいる場合】


 ・近くの建物の中、又は地下に避難する。

 ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。


【屋内にいる場合】


 ・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

<お問い合わせ先>

桜井市役所 危機管理課

〒633-8585 桜井市大字粟殿432-1

電話:0744-42-9111(内線308・309)

FAX:0744-42-1747

※引用:桜井市ホームページ


桜井市の人口推移について


令和2年(2020年)3月末時点で、桜井市の世帯数は24,833世帯、人口が56,643人でとなっています。男性よりも女性の方がやや多く、男性が26,977人なのに対して、女性は29,666人が暮らしています。


令和2年(2020年)の人口だけでは桜井市の人口がどのように変わってきたのかはわかりませんので、過去10年をさかのぼって人口の推移を見ていきたいと思います。


年度人口男性女性世帯数
令和2年(2020年)56,64326,97729,66624,833
平成31年(2019年)
令和元年
57,13927,24429,89524,696
平成30年(2018年)57,70527,49430,21124,641
平成29年(2017年)58,38627,83630,55024,629
平成28年(2016年)58,88928,02030,86924,532
平成27年(2015年)59,31628,23531,08124,389
平成26年(2014年)59,60128,37331,22824,126
平成25年(2013年)60,01628,59831,41823,969
平成24年(2012年)60,50128,87631,62523,969
平成23年(2011年)60,86729,01631,85123,809
平成22年(2010年)61,18729,20431,98323,569

※集計は毎年3月末時点となります。



令和2年  (2020年) と平成22年(2010年)と比較した場合、総人口が-4,544人、男性が-2,227人で、女性が-2,317人、世帯数+1264になります。


全体的に見て平成22年(2010年)の方が多くの人が暮らしていましたが、人口は減少傾向にあります。その一方で世帯数だけをみると、+1264世帯となっておりますので、一人暮らしをしている方が増加傾向にあるといえます。


※参考:桜井市ホームページ(統計情報 人口)



桜井市のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)情報一覧について



昨今の異常気象により大量の雨が降ることが多くあり

警戒レベルに応じた桜井市内の避難場所をあらためて確認する機会になれば幸いです。


各ハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)データはそれぞれのURLよりご確認いただけます。

桜井市ホームページはこちらから





関連記事


【義務化スタート】重説での水害リスク説明について
【説明義務化スタート】重要事項説明と水害リスク説明について≫

【非常用持ち出し袋】これだけは用意しておきたい物と素早く持ち出すためのコツとは?
【非常用持ち出し袋】災害時・緊急時のための防災準備!≫

【奈良市vs桜井市】住みやすさ徹底比較!住環境・口コミ・評判ご紹介の記事
【奈良市vs桜井市】住みやすさ徹底比較!住環境・口コミ・評判ご紹介≫

近鉄/JR 桜井駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
近鉄/JR 桜井駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

三輪駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
三輪駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫



≪ 前へ|天理市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)   記事一覧   大和郡山市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


noir blanc

noir blancの画像

賃料
9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市田部町
交通
天理駅
徒歩9分

シャーメゾンレジデンス学園北

シャーメゾンレジデンス学園北の画像

賃料
15.5万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市学園北1丁目
交通
学園前駅
徒歩6分

Cervo felici(チェルヴォフェリーチ)

Cervo felici(チェルヴォフェリーチ)の画像

賃料
7万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市中筋町
交通
近鉄奈良駅
徒歩1分

ライムストーン新大宮

ライムストーン新大宮の画像

賃料
10.2万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大宮町6丁目
交通
新大宮駅
徒歩6分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
OM
DK
Ca
BS
An
Be
AS
高の原駅
ma
TV
TM
3L
se
ai

検索履歴をもっと見る