Example: A Site about Examples

掲載物件数12069

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【冬に大活躍する暖房器具選び】電気代を抑えるテクニックもご紹介!

【冬に大活躍する暖房器具選び】電気代を抑えるテクニックもご紹介!

≪ 前へ|【ランドセルの最適な収納場所はどこ?】失敗しない環境づくり!   記事一覧   【収れん火災の対策とは?】原因や注意点について|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


【暖房器具選び】購入時に気をつけたいことや光熱費を抑えるテクニックを紹介!


【暖房器具選び】購入時に気をつけたいことや光熱費を抑えるテクニックを紹介!


寒い日に大活躍する暖房器具ですが、エアコンや電気ストーブ、カーペットなどさまざまな種類があり、それぞれに特徴は違います。


暖房器具を購入するなら、まず部屋全体を暖めるのか、一部分だけを暖めるのかを考えましょう。


それに加え、間取りや家族構成、負担可能な光熱費、使用しているアンペア数などを考える必要もあります。


さらに賃貸物件の場合は石油ファンヒーターが禁止されていることもあるので、購入する前に必ず契約書をチェックしましょう。


また、光熱費を少しでも安く抑えたいなら、設定温度が高くなりすぎないように気をつけ、室内でも防寒対策をすることをおすすめします。


今回は、寒い冬の日に大活躍する暖房器具についてまとめてみました。


引っ越ししたばかりでまだ暖房器具がない方や、新しいものに買い替えようと考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。


光熱費を抑えるテクニックも併せて紹介しているので、冬場の電気代に悩んでいる方も参考になりますよ。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





暖房器具を選ぶときに気をつけたいポイント


暖房器具を選ぶときに気をつけたいポイント


暖房器具を選ぶときは「家族で暮らしているのか、一人暮らしなのか」「部屋の間取りは3LDKなのか2DKなのか、それともワンルームなのか」、そのような事柄をすべて踏まえたうえ、最適なものを選ぶ必要があります。


さらに賃貸物件の場合は契約条件もありますから、そのあたりも考えながらライフスタイルにあったものを選ぶようにしましょう。


部屋全体を暖めるのか、一部分だけを暖めるのか

まずは、購入する暖房器具で部屋全体を暖める必要があるのか、それとも部屋の一部分だけを暖めるだけでいいのかを考えましょう。


部屋全体を暖めるのであればエアコンや石油ファンヒーターのようなものがいいですし、部屋の一部分だけであるなら電気ストーブやこたつのようなもののほうがいいかもしれません。


ただし、それぞれのデメリットも考えておきましょう。


たとえば部屋全体を暖める暖房器具なら部屋のどこにいても暖かいですが、部屋全体が暖まるまでに時間が掛かるため、短い時間しかその部屋にいない場合はコスパが悪くなってしまいます。


また、ほかの部屋との温度差が広がってしまうこともデメリットのひとつだと言えるでしょう。


部屋の一部を暖める暖房器具の場合はすぐに暖かくなるため、寒い外から帰ってきたときなどは便利ですが、暖かく感じる場所が一部分になってしまうため、家族で暮らしている場合や寒い地域で暮らしている場合などは、もの足りなさを感じてしまうかもしれません。


光熱費の目安も事前にチェック

暖房器具を購入するとき、やはり気になるのは光熱費ではないでしょうか。


最近は省エネを重視した暖房器具もたくさん出ているため、価格は少し割高になるかもしれませんが、そのようなものを選ぶのがいいでしょう。


また、光熱費はライフスタイルによってもずいぶんと変わります。


たとえば自宅にあまりいなかったり、部屋自体が狭かったりする場合は、部分的に暖めるタイプの暖房器具のほうがコスパは良いといえます。


最近は暖房器具ごとの光熱費を比較できるようなサイトもたくさんあるので、購入する前にチェックしてライフスタイルにあったものを選ぶようにしましょう。


契約アンペア数のチェックも忘れずに

賃貸契約をするときにアンペア数を気にする人は少ないと思いますが、しかし、暖房器具は消費する電気量が多いため、アンペア数が少ないとほかの家電と併用したときにブレーカーが落ちる可能性があります。


そのため、購入する暖房器具によっては使用する電力量が多くなるため、アンペア数を上げる必要があります。


また、アンペア数は契約している電力会社に連絡すると簡単に変更できますが、アンペア数を上げればそのぶん電気料金が上がるので注意する必要があります。


現在契約中のアンペア数が気になる方は、毎月届く検針票に記載されているのでチェックしてみましょう。


ただし、関西電力の電力量料金はアンペア契約ではなく、3段階制を採用しています。


15kWhまでは一律で最低料金が設定されており、その後、15kWh以上、120kWh以上、300kWh以上で料金が上がる仕組みです。


そのため、いくら電力量が必要な暖房器具を揃えても、アンペアを気にする必要はありません。


賃貸借契約書を確認する

賃貸契約の場合、火災によるトラブルを防止するために石油ストーブやガスストーブの使用を禁止している場合があります。


特に石油ストーブの場合は、高齢者の一人暮らしを中心に火災事故が発生しており、2014年から2018年の間に、石油ストーブによる火災で57人が死亡しているというデータもあるくらいです。


そのため、暖房器具として石油ストーブやガスストーブの購入を検討している方は、事前に必ず契約内容を確認しましょう。






暖房にかかる光熱費を抑えるには


暖房にかかる光熱費を抑えるには


ここでは、少しでも暖房による光熱費を抑えるコツについてご紹介します。


設定温度を徹底的に管理する

当たり前ですが、暖房器具は温度を高く設定すればするほど光熱費が掛かります。


そのため、少しでも温度設定を低めにしておくほうが、光熱費の節約になります。


最近は、一定の室温や時間になると自動的に電源が落ちる機能が付いている暖房器具もあるので、そのようなものを上手に活用することをおすすめします。


ただし、部屋の温度を設定温度まで上げるときが一番電気代が掛かるエアコンだけは、弱運転よりも自動運転のほうが短時間で室温が上がるため省エネにつながります。


部屋の中でも防寒対策をしっかりする

あまり暖房器具を使わず、服をたくさん着るなどして防寒対策をするのも、シンプルですが光熱費を抑える効果があります。


最近は体温を逃がさないアンダーウェアなども販売されているので、上手に活用してみてはいかがでしょうか。


また、温風を送り出すタイプの暖房器具は扇風機やサーキュレーターを併用することをおすすめします。


室内の空気を循環させることで、効率よく室内を暖められます。


さらに、ホームセンターなどで購入できる断熱シートを活用するのもいいでしょう。


室温を逃がしやすい窓に貼っておくと、暖房で暖めた室内の温度を保ってくれます。






おもな暖房器具の特徴


おもな暖房器具の特徴


ここからはおもな暖房器具の特徴についてご紹介します。


エアコン

暖房だけでなく冷房や送風、除湿など、季節を問わず活躍するエアコンですが、賃貸物件の中にもエアコン付きの物件がたくさんあります。


火傷の心配がないため、小さなお子さんがいるご家庭にも人気ですが、室温が上がるまで一定時間が掛かるため、コスパが悪いというデメリットも。


ただし、最近は電気代を抑える省エネモデルもたくさん発売されています。


また、加湿機能や空気清浄機能が付いていればさまざまな用途に使えるため、暖房器具の購入を検討するご家庭では一番の候補に挙げられるようです。


石油ファンヒーター

石油ファンヒーターは、灯油の力でファンを回転させて熱風を送り出す暖房器具です。


暖房器具の中ではパワーがあるため、少しの時間でもすぐに部屋全体を暖めることができます。


ただし、石油ファンヒーターは灯油だけでなく電気の費用も掛かるため、コスパはそれほど良いわけではありません。


また、空気が汚れたり乾燥したりしやすく、一酸化炭素が発生することも考えられるため換気をこまめにする必要があるのがデメリットです。


そして、先ほども書きましたが石油ファンヒーターは火災の危険を伴うため、賃貸物件では禁止されているところが多いです。


石油ファンヒーターの購入を検討している方は、契約書を確認してみましょう。


ガスファンヒーター

石油ファンヒーターと違ってガスの力を利用して熱風を送り、部屋全体を暖めるのがガスファンヒーターです。


ガスファンヒーターも石油ファンヒーター同様に暖房能力が高いため、部屋が広くても比較的素早く暖めることができます。


しかし、同じように空気が汚れたり、乾燥したりする可能性があるため、十分に換気をする必要もあります。


また、ガスファンヒーターはガス栓からガスを引くため、賃貸物件の場合は契約したときからガス管が通ってないと工事をする必要があります。


そのため、物件によっては利用できない可能性もあるでしょう。


セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーターは、内部に設置されたセラミックに電気を通すことで加熱し、温風を外へ放出する暖房器具です。


火やガスを使わないので空気を汚す心配がなく、また、加熱後にすぐ温風を放出するというメリットがあります。


ただし、暖房能力はそれほど高くないので、大きな部屋や寒冷地での使用はあまりおすすめできません。


また、消費電力量が多いためメインの暖房器具ではなく、部分的に暖めたい場所で使用するのがいいでしょう。


オイルヒーター

若い人の間で人気のオイルヒーターですが、内部に設置されたオイルを電気で暖め、循環させながら熱を放出することで部屋全体を暖める暖房器具です。


セラミックファンヒーターなどと比べると音が静かというメリットはありますが、部屋全体が暖かくなるまでに時間が掛かり、電気代も高くなるというデメリットがあります。


ただし、隙間の少ない部屋などでは暖房効率が高くなることから、弱運転や一定温度で電源が切れる機能などをうまく使えば、メインの暖房器具としても十分に活用できます。


パネルヒーター

パネルヒーターは、内部にあるパネルを電気によって温めて輻射熱を放つタイプの暖房器具です。


オイルヒーターと似ていますが、電気を利用するのですぐに暖かくなるのが特徴です。


また、空気が乾燥したり汚れたりする心配もなく、形状がスリムなので置く場所にも困りません。


ただし、部屋全体を暖めるための暖房器具ではないため、メインとして使うには無理があるでしょう。


電気ストーブ

ハロゲンやカーボンなどの発熱体を電気で温めて、放熱するタイプの暖房器具です。


コンパクトなものが多いため、いろいろな場所で使えるというメリットがあります。


ただし、基本的には部分的に暖めるために開発されているため、部屋全体を暖めるよりもトイレや脱衣所などの冷えを解消するために用いるのがいいでしょう。


また、短い時間での利用に最適なので、あまり暖房は使わないというご家庭なら電気代の節約にもなります。


こたつ

テーブルの代わりにもなるこたつは、ファミリーにも一人暮らしにも人気の暖房器具です。


ただし、冬以外の季節はこたつ布団をしまうスペースに困ることが考えられるため、収納が少ない家庭やワンルームなどには不向きの暖房器具かもしれません。


また、こたつの中以外は暖かくならないため、こたつから出られなくなるという弊害も考えられます。


ホットカーペット

冷たい空気は下にさがるので、エアコンなどをつけていても足元が寒いときがあると思います。


そんなときに役立つのがホットカーペットです。


ホットカーペットはカーペット自体が電気の力で暖めてくれるので、どんなに寒い日でもしっかりと足元を暖めてくれます。


ただし、ホットカーペットだけでは部屋全体は暖まらないので、あくまでもほかの暖房器具の補助的な使い方をするものだと考えましょう。






「【暖房器具選び】購入時に気をつけたいことや光熱費を抑えるテクニックを紹介!」のまとめ


「【暖房器具選び】購入時に気をつけたいことや光熱費を抑えるテクニックを紹介!」のまとめ


今回は寒い地域や冬には欠かせない暖房器具について見てきました。


ひとくちに暖房器具といっても、エアコンからホットカーペットまで様々な種類があるので、それぞれの特徴を考えて購入する商品を選びましょう。


また、使用する暖房器具によって経済的な負担は大きく変わるので、間取りや家族構成などを考えて選んでみてはいかがでしょうか。


ぜひ、今回の記事を参考に、ご自分に合った暖房器具を探してみてください。





関連記事


エアコンの使い方を工夫して電気代を安くする方法
【電気代節約術!】エアコンを上手に使用する方法とは?≫

【一人暮らしのこたつ選び】一人暮らしにおすすめな「こたつ」の最適サイズは?
【一人暮らしのこたつ選び】一人暮らしにおすすめな「こたつ」の最適サイズは?≫

【賃貸では石油ストーブ利用禁止!?】意外と知らない契約内容とその理由
【賃貸では石油ストーブ利用禁止!?】意外と知らない契約内容とその理由≫

【一人暮らしにオススメなアンペア数】各家電のアンペア数も合わせてご紹介
【一人暮らしにオススメなアンペア数】各家電のアンペア数も合わせてご紹介≫

一人暮らしの水道光熱費ってどれぐらいかかるの?カンタンにできる節約術についても解説します
【一人暮らしの水道光熱費】どのくらいかかる?節約術もご紹介!≫

賃貸物件でのお部屋で暖かく過ごす方法
【賃貸でできる寒さ対策】ちょっとした工夫でお部屋を快適に!≫




Web担当者:出口晏奈

かわいいものや流行に敏感な私が奈良に関する情報からお部屋にまで様々な情報分かりやすく発信していきます!


≪ 前へ|【ランドセルの最適な収納場所はどこ?】失敗しない環境づくり!   記事一覧   【収れん火災の対策とは?】原因や注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
ダイワハウス【賃貸住宅 D-ROOM】大和リビング奈良賃貸特集
筒井駅
奈良市法蓮町
違約金 奈良市
管理人常駐
三条大路 駐車場
第3
3DK
サンガ
積水ハウスの賃貸住宅【シャーメゾン】奈良賃貸特集
西大寺 幸
てん
てん
奈良市 電子ロック

検索履歴をもっと見る