Example: A Site about Examples

掲載物件数12065

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【賃貸?購入?どちら派がお得?】費用をはじめ、それぞれのメリット・デメリットを解説!

【賃貸?購入?どちら派がお得?】費用をはじめ、それぞれのメリット・デメリットを解説!

≪ 前へ|キーワードは“単純化”というシンプリストとは?   記事一覧   【賃貸編】忘れないで!新生活を始める前に必要な事とは?|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

【賃貸?購入?どちら派がお得?】費用をはじめ、それぞれのメリット・デメリットについて


【賃貸?購入?どちら派がお得?】費用をはじめ、それぞれのメリット・デメリットについて


現在、賃貸物件にお住まいの方の中には、結婚や出産などを機に住宅を購入しようかと考える方も少なくないでしょう。


しかし、住宅の購入は大きな買い物ですから簡単には決められませんし、賃貸と購入、どちらが本当にいいのかわからないという方もいらっしゃると思います。


そこで、今回は賃貸物件に住み続けることと、マンションや戸建てを購入することの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。


住み替えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。




賃貸と購入、それぞれに掛かる費用は?


賃貸と購入、それぞれに掛かる費用は?


賃貸物件とマンションや戸建ての購入を比較するときに、最も気になるのは費用ではないでしょうか。

まずは、それぞれの場合でどのような費用が発生するのかを確認しておきましょう。




賃貸の場合に掛かる費用


マンションなどを賃貸する場合には、次のような費用が発生します。



・家賃

賃貸の場合、費用で一番大きな割合を占めるのが家賃です。

家賃は間取りや築年数、周辺環境、最寄り駅までの距離などによって変わります。


また、独居なのか、ファミリーなのかによっても異なりますし、最近はセキュリティがしっかりしている物件が増えているので、付帯設備が増えれば増えるほど、家賃は高くなる傾向があります。



・共益費、管理費

賃貸物件を維持・管理するための費用を、共益費や管理費という名目で徴収されます。

賃貸物件を探すときに「家賃は〇万円、共益費は〇千円」というような表記を目にすると思いますが、共益費や管理費は、通常は家賃と共に毎月管理会社などに支払います。


ちなみに共益費というのは、エントランスなど共用部分の電気代や清掃費など、共有部分を維持管理するための費用のことで、管理費とは建物の設備維持や管理にかかる費用全般のことです。



・更新料

マンションやアパートなどの賃貸物件は、通常2年契約になっています。

そのため2年に1度、契約を更新するかどうかの手続きを行い、更新する場合は家賃の1~2か月分の費用を更新料として支払うのが一般的です。


物件によっては更新料が不要だったり、地域によって異なったりするため、更新料については契約時に必ず確認しましょう。



・火災保険料

万が一、火災によって家財が燃えてしまったり、オーナーに迷惑をかけてしまったりしたときに金銭的な保証が受けられるのが火災保険です。


マンションやアパートなどの建物自体にはオーナー自らが火災保険に入っていますが、借主は借家人賠償責任保険という火災保険に加入して、自身の家財の補償やオーナーからの損害賠償請求に備える必要があります。



・駐車場などの設備利用料

車を所有している場合は、当然駐車場代が掛かります。

また、駐車場のほかにも専用の庭やルーフバルコニーなどが設置されている物件の場合は、それぞれ利用料が掛かる場合があります。




マンションなどを購入した場合に掛かる費用


では、続いてマンションなどを購入した場合、どのような費用が掛かるかを見ていきましょう。



・住宅ローン返済費用

賃貸物件における家賃と同様の費用ですが、住宅ローンの返済の場合、7割程度は資産に当たる費用になるため、たとえ同じ金額でも家賃とは意味合いが異なります。


また、購入の場合は頭金などの初期費用が掛かりますが、最近は頭金なしで金融機関から融資が受けられたり、購入に掛かる諸費用なども含めたフルローン契約も行われたりするようになっているので、家賃と違って予算に応じて月々の返済費用を調整することが可能です。



・管理費、修繕積立金

マンションの場合は賃貸物件と同様に、共用部分の電気代や清掃費用などを管理費として管理人や管理会社に支払います。

また、経年劣化に伴う共用部分の修繕費として、修繕積立金を徴収されるのが一般的です。



・固定資産税、都市計画税

マンションなどの所有者は、毎年1月1日時点で固定資産税や都市計画税として地方税を納税する義務が発生します。所有者には4月に通知されるので、期限までに支払わなければいけません。



・団体信用生命保険特約料、火災保険料

もし、所有者が亡くなったり、病気の長期療養などで返済が難しくなったりした場合、疾病特約付きの団体信用生命保険(団信)に加入していれば、条件に応じて返済が免除されます。

また、火災に備えて火災保険に加入するのが一般的です。



・駐車場などの設備利用料

賃貸物件と同様、車を所有している場合は駐車場代が掛かるのが一般的です。

また、ほかにも共有の庭やジム、プールなどがある場合は、別途利用料が発生します。




家賃とローンの返済額が同じの場合、どちらが得か


【賃貸?購入?どちら派がお得?】費用をはじめ、それぞれのメリット・デメリットについて


家賃を払い続けるのと、マンションなどを購入してローンを返済するのと、どちらが得かという話がよくでますが、これは30年、40年単位で考えなければいけないことなので、一概には言えません。


社会情勢によって地価も住宅の価格も変動するため、たとえローンを払い終えた時点で購入しているほうがメリットは大きいとシミュレーションしたとしても、経年による劣化や災害による影響などで、住宅の価値というのは大きく下落することも考えられます。


その点、家賃は基本的には変わりませんが、ただし、現実的に考えると同じ物件に30年も40年も住み続けるというのは考えにくいことですから、引っ越しの度にまとまった費用が掛かりますし、物件を探す手間暇も発生します。


しかも、年を取れ取るほど賃貸できる物件は少なくなりますから、希望する物件に住める確率は下がると言えるでしょう。


そう考えると、費用の面だけで賃貸と購入のどちらがいいかを決めるのは難しく、総合的に考えるのが大切だと言えるでしょう。




費用のほかに抑えておきたい賃貸と購入の違い


費用のほかに抑えておきたい賃貸と購入の違い


では、費用のほかに賃貸と購入を考える上で参考にしたい、それぞれのメリットについて見ていきましょう。




賃貸物件のメリット


賃貸のメリットには次のようなものがあります。


・初期費用が安い

最近はフルローンなどを提案している金融機関もありますが、住宅を購入する際には、基本的に価格の約20%の頭金を支払うのが一般的です。

そのため、どうしても初期費用が掛かってしまいます。


その点、賃貸の場合は頭金を支払う必要がないため、初期費用を抑えることができます。


もちろん、家賃を月々支払う必要はありますが、住宅ローンのように数千万円の借金を抱えてローンを返済するということではないので、精神的な負担もありません。


また、土地や住宅を所有していると固定資産税や都市計画税などが発生しますが、賃貸ならそのような費用も発生することがありません。


さらに、先ほども書きましたが、購入すると土地や建物の価値が下がるなど、景気に左右されることがありますが、賃貸ではそのような心配は無用ですし、地震などの自然災害や、火災によって資産を失う心配もありません。



・設備メンテナンスの必要がない

戸建てなどを購入すると、経年劣化によって修繕などをする必要がありますが、賃貸の場合はすべて貸主側で対応してくれます。

賃貸物件は管理費用さえ支払っていれば、設備の故障の修繕、補修なども管理会社に任せることができるのです。

そのため、自分自身でメンテナンスを行う手間や費用を省くことができます。



・住み替えによって生活環境を変えられる

賃貸の場合は突然転勤が決まったり、近所住民とトラブルになったりした場合、気軽に引っ越せるというメリットがあります。

子どもの就学や自立など、ライフスタイルの変化に合わせて引っ越すことも可能でしょう。


また、収入面の変化に合わせて設備が充実しているところに住みかえたり、逆に家賃を抑える目的で引っ越しをしたりすることもできますし、たとえば両親の介護のために賃貸を引き払って、実家暮らしをするというような選択もしやすいでしょう。


ライフスタイルに合わせて住む場所を選べるのが、賃貸物件の一番の魅力と言えるかもしれません。




住宅購入のメリット


では、続いて住宅を購入した場合のメリットについて見てみましょう。


・資産として残る

賃貸物件の場合はいくら長く住み続けても、家賃を払うだけで自分の資産にはなりません。

その点、住宅を購入した場合はローンさえ払い終えれば自分の資産になるため、家族に財産として残すことができます。


一戸建てを購入すれば、たとえ建物自体は経年で資産価値がなくなったとしても、土地の資産価値は変わらないため、どれだけ年月が経っても子どもや孫に財産として譲ることができます。


また、所有者自身がたとえば亡くなったり、寝たきりになったりしてローンが支払えなくなっても、団体信用生命保険にさえ加入していれば残りのローンが免責されるので、家族に負担をかけることもありません。


さらに、購入していれば老後の資金に困ったときでも売却すれば資金が確保できますし、リバースモーゲッジという制度を利用すれば、自宅を担保として一括、もしくは年金のように定期的に融資を受けることも可能です。



・自由にリフォームできる

賃貸物件の場合は釘一本打つだけでもオーナーに確認する必要がありますが、住宅を購入すれば、たとえば子どもの成長に合わせて間取りを変更したり、バリアフリーにリフォームしたりするなどの改築が自由にできます。


また、自分の趣味に合わせたアレンジをしたり、賃貸物件では制約がある家庭菜園やガーデニングなど庭を使用して楽しんだりすることもできます。




賃貸と購入、それぞれのデメリットとは?


賃貸と購入、それぞれのデメリットとは?


賃貸と購入、それぞれにメリットがありますが、当然デメリットもあります。

次は、それぞれのデメリットについて見ていきましょう。




賃貸物件のデメリット


賃貸物件のデメリットの代表的なものには、次のような事柄が挙げられます。


・資産にならない

賃貸物件の場合は住宅購入と違って、どれだけ長く家賃を支払っても自分の資産になることはありません。

そのため、家賃を支払うのがもったいないと思う方は、購入を検討したほうがいいかもしれません。


物件を購入すれば自分の資産になるため、子どもや孫に財産として残すことができます。



・家賃を払い続ける必要がある

賃貸物件を借り続けると、当然のことながら家賃を払い続けなければなりません。

そのため、たとえば失業したり、給与が大幅に減少したりした場合、家賃が支払えなくなる可能性があります。

住宅ローンなら金融機関と相談して支払額を変更することも可能ですが、賃貸の場合はそういうわけにもいかないからです。



・自由にリフォームなどができない

賃貸物件はあくまでもオーナーから住宅を借りているわけですから、基本的にはオーナーから了解を取らずに物件をリフォームしたりはできません。

釘一本打つのにもオーナーの許可が必要なため、住みやすい空間に作り変えるカスタマイズ性は極めて低いといえるでしょう。




住宅購入のデメリット


では、最後に住宅購入のデメリットを見てみましょう。


・気軽に引っ越せない

住宅を購入すると、簡単には引っ越せません。

たとえご近所トラブルがあっても、不幸な事件や事故が起こっても、住宅ローンを支払っている限りすぐに引っ越しはできないでしょう。

賃貸と比べてフットワークが重くなるのが、住宅購入の一番のデメリットだと言えます。



・価値が変動する恐れがある

住宅を購入する際は、将来売却することをシミュレーションするものですが、そのような思惑とは裏腹に、土地や建物の価値が一気に下落することもあります。

「将来、資産になるから」「困ったら売ればいいから」という期待感だけで購入して、現実とのギャップに悩まされているケースもたくさんあります。



・分譲マンションの場合は管理組合がある

分譲マンションの場合、建物の維持管理や生活のルールを決めるために管理組合があるのが一般的です。

すべての住民は、基本的にこの管理組合に加入しなければいけません。


物件によっては加入するだけでなく、管理組合の役員を持ち回りで行っているところもあります。

そのため、どれだけ仕事や家事で忙しくても管理組合の仕事をしなければいけないケースが出てくるため、負担に感じたり、煩わしく思ったりすることも考えられます。




【賃貸?購入?どちら派がお得?】まとめ


【賃貸?購入?どちら派がお得?】まとめ


今回は、賃貸と購入、どちらがお得かということを見てきましたが、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるため、一概に良し悪しを決めるのは難しいでしょう。


ですから、たとえば自由に住み替えを検討したいから賃貸、将来資産を残したいから購入など、ご自身やご家族が一番に希望することを決め、どちらか選ぶことをおすすめします。


ただし、購入した場合は、ある意味後戻りできませんから、悩んでいるようであればしばらくは賃貸という選択をしてもいいかもしれませんね。




関連記事


災害大国日本で、これからのマイホームは持ち家か?それとも賃貸か?
【賃貸?それとも持ち家?】災害大国日本における住宅事情≫

【一人暮らしで一軒家はやめたほうが良い?】一軒家に住むメリットとデメリット
【賃貸戸建で一人暮らしは厳しいの?】良さと注意点をご紹介!≫

【平屋を選ぶメリット・デメリット】賃貸平屋物件はどんな人におすすめ?
【平屋を選ぶメリット・デメリット】賃貸平屋物件はどんな人におすすめ?≫

【一戸建て賃貸の別荘にはメリットがいっぱい!】借りるときの流れなど解説
【一戸建て賃貸の別荘にはメリットがいっぱい!】借りるときの流れなど解説≫

【今住んでいる賃貸物件を購入することは可能?】注意点など詳しく解説!
【今住んでいる賃貸物件を購入することは可能?】注意点など詳しく解説!≫



賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!


≪ 前へ|キーワードは“単純化”というシンプリストとは?   記事一覧   【賃貸編】忘れないで!新生活を始める前に必要な事とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
相楽古川
ベルド
KASHIHARA
二人
奈良市 リノベーション
ン法蓮
プレミー
奈良市 賃貸 マサキ
子供
笹鉾
レオネクストコミンチャーレ九条
奈良市大森
学園緑ヶ丘
平城山

検索履歴をもっと見る