掲載物件数29460

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 天理市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)

天理市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)

≪ 前へ|【エアコンの異臭対策とは?】原因やお掃除方法などをご紹介!   記事一覧   桜井市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

天理市の防災マップ・ハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)について


天理市のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)


天理市内で「もしものとき」の災害が起こる可能がある「防災マップ・ハザードマップ」の存在はご存知でしょうか?


「防災マップ・ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。防災マップ、被害予測図、被害想定図、アボイド(回避)マップ、リスクマップなどと呼ばれているものもあります。

※引用:国土交通省国土地理院ホームページ
//www.gsi.go.jp/hokkaido/bousai-hazard-hazard.htm


近年、予期せぬ大規模自然災害が発生しているなか、今住んでいる天理市内の地域・住み替え予定のエリアではどのようになっているか一度確認して見てください。


このページでは天理市ホームページに記載されている防災に関する項目をまとめましたので下記よりご確認ください。




天理市総合防災マップ


 天理市総合防災マップは、風水害等の自然災害への備えや対策、浸水想定区域図(洪水ハザードマップ)、土砂災害警戒区域図(土砂災害ハザードマップ)などの情報を盛り込み、防災について皆さまにわかりやすく伝えることを目的に作成したものです。

※天理市総合防災マップには平成28年9月時点の天理市内の土砂災害警戒区域の情報を掲載しています。

※引用:天理市ホームページ(天理市総合防災マップ)
http://www.city.tenri.nara.jp/kakuka/kurasibunkabu/bousaianzenka/hazado/sougoubousaimap.html



天理市地震ハザードマップ


この「地震ハザードマップ」は、天理市に大きな影響を及ぼす恐れのある「奈良盆地東縁断層帯」による地震が発生した場合に、お住まいの地域でどれくらいの揺れの強さがあるのかを想定し地図に示したものです。

※引用:天理市ホームページ(地震ハザードマップ)
http://www.city.tenri.nara.jp/kakuka/kurasibunkabu/bousaianzenka/hazado/jisinmap.html



旧天理市土砂災害ハザードマップ(土砂災害危険箇所図)


この地図は、土砂災害の恐れがある場所の地形や地質、土地利用状況などを奈良県が調査し、その結果に基づいて指定された危険な区域を示したものです。避難場所の確認など、日頃からの備えや警戒・避難に役立てて下さい。また、大雨などの影響により身の危険を感じたら、この地図を参考にして速やかに避難場所へ避難してください。

 なお、こちらは土砂災害危険箇所を示した地図となります。土砂災害警戒区域に関する情報は、ページ上部の「土砂災害警戒区域の指定状況及び基礎調査結果の公表状況 」から、奈良県のホームページをご覧ください。

※引用:天理市ホームページ(土砂災害ハザードマップ)
http://www.city.tenri.nara.jp/kakuka/kurasibunkabu/bousaianzenka/hazado/doshasaigai.html



天理市の防災について声を集めてみた




天理市の人口推移について



平成29年(2017年)現在で、天理市の人口は6万5806人となっています。男性よりも女性の方がやや多く、男性が3万2268人なのに対して、女性は3万2268人が暮らしています。平成29年の人口だけを確認しても、天理市の人口がどのように変わってきたのかはわかりませんので、5年ごとの人口推移を見ていきましょう。


平成24年時点では、総人口が6万7888人、男性が3万3313人で、女性が3万4575人になります。全体的に見て平成24年の方が多くの人が暮らしているため、人口は減少傾向にあります。平成19年時点では総人口が6万9287人、男性が3万4030人で、女性が3万5257人なので、平成24年と比べると、全体の人口は平成19年の方が多くなっています。


しかし世帯数だけをみると、平成19年時点では2万8308世帯、平成29年(2017年)現在では2万9202世帯と増えているにも関わらず人口は減少傾向になっており一人暮らしをしている方が増加傾向といえるでしょう。

※参考:天理市ホームページ(統計情報 人口)



天理市のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)情報一覧について



昨今の異常気象により大量の雨が降ることが多くあり

警戒レベルに応じた天理市内の避難場所をあらためて確認する機会になれば幸いです。


各ハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)データはそれぞれのURLよりご確認いただけます。

天理市ホームページはこちらから





関連記事


【義務化スタート】重説での水害リスク説明について
【説明義務化スタート】重要事項説明と水害リスク説明について≫

【非常用持ち出し袋】これだけは用意しておきたい物と素早く持ち出すためのコツとは?
【非常用持ち出し袋】災害時・緊急時のための防災準備!≫

【奈良市VS天理市】住みやすさを徹底比較!メリット・デメリットなどまとめの記事
【奈良市VS天理市】住みやすさを徹底比較!メリット・デメリットなどまとめ≫

天理駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
天理駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

二階堂駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
二階堂駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

前栽駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
前栽駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

櫟本駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
櫟本駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

【長柄駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
【長柄駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報≫

柳本駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
柳本駅の住みやすさは?家賃、治安、子育ての最新情報
≪ 前へ|【エアコンの異臭対策とは?】原因やお掃除方法などをご紹介!   記事一覧   桜井市のハザードマップ・防災マップ(洪水・地震・土砂災害)|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
grow
コーポ
カラモス
Bre
asa com
KASHI
クモ
K1
ai
asa
トイレ2
SUNSHINE
5万円
CEN

検索履歴をもっと見る