掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【賃貸の防犯対策!】面格子を取り付ける目的や種類について

【賃貸の防犯対策!】面格子を取り付ける目的や種類について

≪ 前へ|【リメイクシートは賃貸でも使える?】キッチン周りを自分好みに簡単DIY!   記事一覧   【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】トイレの排水の仕組み|次へ ≫
カテゴリ:暮らしや街の情報
  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!


面格子を取り付ける目的と種類


面格子を取り付ける目的と種類


面格子はあらかじめ設置されている窓に後付けをするのが一般的です。


主に防犯目的で使用することが多いのですが、使用されている素材や種類もたくさんあります。


そこで面格子の種類や設置に必要な費用、取り付ける目的などを紹介していきたいと思います。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





面格子は主に防犯目的で使用されている


面格子は主に防犯目的で使用されている


面格子は窓に跡から取り付けるのが一般的ですが、主な目的は防犯目的です。


泥棒はドアから侵入するケースと、窓から侵入するケースが多いので、窓をしっかりとガードする目的で面格子が利用されています。


窓は空けている状態でも侵入されることがありますが、閉め切っている状態でも侵入されることがあります。


しかし、換気目的で窓を開けたいという人も多いので、そんなときに面格子を利用すれば、窓を開けていても泥棒が侵入しにくくなるのです。


全ての窓に面格子を取り付けることは少なく、死角になりやすいキッチンの窓やトイレの窓、風呂場の窓に取り付けられていることが多いでしょう。


物件によってはトイレや浴室に窓が取り付けられていないこともありますが、キッチンは窓が設置されていることが多いので、よく面格子を見かけることがあります。


ただし、ベランダの窓はかなり大きい上に、頻繁に出入りすることになるので、あまり面格子は取り付けられていません。






たくさん存在している面格子の種類


たくさん存在している面格子の種類


面格子にはいろいろな種類が存在しています。


使用されている素材もたくさんありますし、防犯の性能も種類によって異なります。


中でも形状はとてもたくさんあるので、今回はよく見かけることが多い「縦面格子」「横面格子」「井桁面格子」「ヒシクロス面格子」「可動ルーバー面格子」「室内面格子」について詳しく見ていきましょう。


縦面格子

数多くある面格子の中でも、最もよく使用されていると言っても過言ではないのが縦面格子です。


価格も安くて取り付けやすい点が好まれていると言えるでしょう。


縦面格子の中でもいくつか種類があり、格子が細い物もあれば太い物もあります。


当然太い方が切断するまでに時間がかかるので、防犯効果は高いと言えるでしょう。


また、縦面格子には四方枠が無い種類も存在しています。


四方枠が無いことで見た目がすっきりとしており、物々しさを感じないというメリットがあります。


ただし、防犯効果は少し低くなると言えるでしょう。


横面格子

縦面格子があれば、当然横面格子という種類も存在しています。


名前の通り格子が横に取り付けられているタイプになります。


使用されている素材もいろいろとありますし、太さもさまざまなのですが、縦面格子に比べると若干防犯効果は低くなります。


なぜなら格子が横に取り付けられているので手で掴みやすく、体重を一気にかけると曲がってしまうこともあるからです。


横面格子を取り付けたい場合には、格子が太くて丈夫な物を選ぶとよいでしょう。


井桁面格子

縦面格子と横面格子を合わせた物が井桁面格子になります。


縦と横に格子をクロスさせていることで、見た目は障子のような感じになっています。


そのため、和室の部屋の窓に取り付けるとよく似合うと言われています。


防犯効果も縦面格子や横面格子よりも高くなっているので、より家のセキュリティを強化したいという人にはおすすめです。


設置するための費用は縦面格子や横面格子よりは高くなりますが、その分強度も高くなります。


ヒシクロス面格子

井桁面格子は縦と横のクロスとなっているのが特徴ですが、斜めに設置されている格子同士がクロスしている種類も存在しています。


それをヒシクロス面格子というのですが、数多く存在している面格子の中でも、トップクラスの防犯性能を誇っていると言えるでしょう。


費用は高くなっても、防犯性能を重要視したいという人にはもってこいの面格子です。


メーカーによっては格子がジグザグになっている物もありますが、同じ種類だと思ってよいでしょう。


可動ルーバー面格子

通常面格子というのは、窓からの侵入を防ぐ目的で取り付けることが多いのですが、中にはプライバシーを守るため、目隠しをするために設置する種類もあります。


それが可動ルーバー面格子です。


名前の通りにリモコンを使って稼働させることで、開閉が可能になっている種類で、風呂場やトイレなどに取り付けられることが多いでしょう。


プライバシーはしっかりと守れるのですが、防犯効果はそれほど高くはありません。


室内面格子

窓にはいろいろな種類が存在していますが、一般的な窓は引き戸タイプになっているので、面格子を取り付けることができます。


しかし、外開きの窓など、一部の種類の窓には一般的な面格子を取り付けることができません。


このように面格子が取り付けられないタイプの窓でも使用できるのが、室内面格子という種類になります。


室内面格子は種類や使用されている素材が多いのも特徴ですが、防犯効果が高い種類は格子が太くなっているので、室内が窮屈に感じることがあります。


逆に格子が細い種類は、窮屈感はないのですが、防犯効果が低くなります。






面格子に使用されている主な素材


面格子に使用されている主な素材


面格子にはいろいろな素材が使用されています。


素材によって特徴も異なっているので、大雑把でもよいので把握しておくとよいでしょう。


よく見かける素材としては、「アルミニウム」「ステンレス」「鋳物」「木製」「鉄製」があるので、これらの素材の特徴について紹介していきます。


アルミニウム

アルミニウムの特徴と言えば、軽量で錆びにくいという点でしょう。


若干耐久性が弱いという特徴もあるのですが、近年では耐久性に優れたアルミニウムの格子も販売されています。


気軽に導入することができるので、素材選びに迷ったらアルミニウムにするのもよいでしょう。


ステンレス

ステンレスは重量がある反面、強度にも優れていますし、錆びにも強くなっているのが特徴です。


防犯効果の高い面格子を取り付けたいという人におすすめですし、見た目が美しいのも人気の理由だと言えるでしょう。


強度も高くて見た目もよいのですが、費用は高くなる傾向にあります。


鋳物

高温で溶かした金属を型に流し込み、冷やすことで固めた物を鋳物と言います。


そんな鋳物も面格子に使用されているのです。


ステンレスや鉄に比べると強度は劣りますが、デザイン性に優れているのが特徴です。


ある程度防犯効果も高いので安心できますし、見た目にこだわった面格子を取り付けたいという人に向いている素材になります。


木製

面格子には木製の物も存在しています。


和風の物件だけではなく、洋風の物件に合わせることもできますし、かなりデザイン性に優れていると言えるでしょう。


強度も鉄やステンレスほどではありませんが、ある程度高くなっています。


ただし、切断されやすいというデメリットもありますし、他の素材に比べると水に弱く、劣化しやすいのも特徴です。


しかし、最近では耐久性の高い木製の面格子が主流となっているので、それほど気にする必要はないでしょう。


鉄製

鉄を使用している面格子もあるのですが、鉄製の物は折り曲がりにくいですし、切断もしにくくなっているので、耐久性の面では問題ありません。


ただし、ステンレスと同様に設置するにはある程度高い費用が必要になりますし、年月が経過すると錆びやすくなるというデメリットもあります。


重量も他の素材より重くなっているのが特徴です。






面格子を取り付けるにはどれぐらい費用が必要なのか


面格子を取り付けるにはどれぐらい費用が必要なのか


面格子を取り付けるのにもお金がかかります。


では、どれぐらいの費用が必要になるのかというと、面格子の種類や素材によって大きく異なると言えるでしょう。


そこで「アルミ」「ヒシクロス」「ステンレス」「可動ルーバー型」「鋳物」の面格子を取り付けるときの大体の値段を見ていきたいと思いますので、取り付ける際には参考にしてみてください。


アルミ

軽くて丈夫なことで知られているアルミ製の面格子を取り付ける場合、よく見かける縦格子であれば8千円から3万円程度の料金で取り付けられます。


なぜ値段に大きな開きがあるのかというと、格子の太さや形状によって料金が変わってくるからです。


アルミ製の面格子は、最も安く取り付けられる素材となっています。


ヒシクロス

格子がクロス状になっていることで、高い防犯効果が期待できるヒシクロスですが、取り付けるためには1万5千円から3万円程度となることが多いでしょう。


それほど高いというわけではないので、防犯効果の高い面格子がよいと考えている人にはおすすめです。


やはり大きさや使用する素材によって多少料金が異なってきます。


ステンレス

丈夫で錆びにも強いステンレス製の格子を取り付ける場合、最低でも7万円ぐらいは必要になります。

サイズや形状によっては10万円以上することもあるので、数多く存在している面格子の素材の中では、かなり高価な方に分類されるでしょう。


しかし、防犯効果も高くて素材自体も丈夫なので、取り付ける価値は十分にあります。


可動ルーパー型

ステンレスや鉄製の物ほど高くはありませんが、他の種類の格子に比べると高価な方に分類されるのが可動ルーパー型です。


安い物であれば1万5千円ほどで取り付けられることもありますが、高い物になると8万円前後することもあります。


使用する素材やサイズによってかなり値段に差が出てくるので、いろいろと比較をしてから選ぶのがよいでしょう。


鋳物

デザイン性に優れている鋳物の面格子を取り付ける場合、2万円から8万円ぐらいの予算が必要になります。


鋳物はいろいろなデザインの面格子が作れるので、サイズや形状によって料金が異なるだけではなく、どのようなデザインにするのかによっても価格が大きく変わってくるのです。


防犯性能もステンレスや鉄ほどではありませんが、アルミや木製の物よりは高くなっているので、この点を踏まえて値段と相談をしてみるのもよいでしょう。






賃貸住宅でも面格子は取り付けられるのか


賃貸住宅でも面格子は取り付けられるのか


賃貸住宅では、あらかじめ面格子が取り付けられている物件も存在しています。


この場合には新たに取り付ける必要はありませんが、面格子が取り付けられていない物件もあります。


では、面格子が取り付けられていない物件に引っ越しをした場合、新たに面格子を取り付けることが可能なのかというと、勝手に取り付けるべきではありません。


面格子にもいろいろな種類があるので、中には穴あけが不要な物もあります。


穴をあけるなどの作業を必要としない面格子であれば、原状回復が容易なので、特に取り付けても問題はないでしょう。


しかし、穴あけなどの加工が必要な物も多いので、取り付ける前には必ず大家さんや管理会社に許可をもらっておくべきです。


できれば取り付ける予定の面格子の種類を知らせておくと相談もスムーズに進むでしょうし、設置の有無についての返答も得やすくなるでしょう。






【賃貸の防犯対策!】まとめ


【賃貸の防犯対策!】まとめ


主に防犯目的で使用されている面格子ですが、いろいろな種類が存在しています。


形状や大きさ、使用されている素材にも違いがあるので、どのような種類があるのかを把握しておくとよいでしょう。


一部の面格子は、防犯目的だけではなく、プライバシーを守るために使用されている種類もあります。


設置する場合も穴あけ加工が必要になる種類もあるので、賃貸住宅で設置を行うのであれば、事前に大家さんや管理会社に許可を得る必要があります。





関連記事



【防犯対策!窓の補助錠は大丈夫?】賃貸住宅でもできる対策教えます
【防犯対策!窓の補助錠は大丈夫?】賃貸住宅でもできる対策教えます≫

【賃貸のお部屋に防犯カメラ設置はあり?】個人で取り付け時注意すべき事
【賃貸のお部屋に防犯カメラ設置はあり?】個人で取り付け時注意すべき事≫

【防犯対策!賃貸マンションで補助錠】使用可能な種類とは?
【防犯対策!賃貸マンションで補助錠】使用可能な種類とは?≫




  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!


≪ 前へ|【リメイクシートは賃貸でも使える?】キッチン周りを自分好みに簡単DIY!   記事一覧   【下水道・浄化槽・汲み取り式の違い知ってる?】トイレの排水の仕組み|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
RC
OM
森田
単身者向け
さやか
ノワ
asa
アルドゥ
シティパレス 奈良市
ラノ
ビデオ
ハイタウン
単身者
奈良教

検索履歴をもっと見る