掲載物件数

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸|賃貸のマサキ > 賃貸のマサキ (正木商事株式会社)の奈良NAVI記事一覧 > 【どうすればいなくなる?】ゴキブリが住みやすい環境と効果的な駆除・対策方法について

【どうすればいなくなる?】ゴキブリが住みやすい環境と効果的な駆除・対策方法について

≪ 前へ|【ピンク汚れに注意!】掃除と予防方法について解説!   記事一覧   【夏を乗り切る】気温に応じた適切な素材と服装|次へ ≫
カテゴリ:賃貸のマサキ インフォメーション

Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


【どうすればゴキブリがいなくなる?】ゴキブリが住みやすい環境と効果的な駆除方法について


【どうすればゴキブリがいなくなる?】ゴキブリが住みやすい環境と効果的な駆除方法について


一番嫌いな虫はゴキブリ、という人は多いのではないでしょうか。


ゴキブリは見た目が気味悪いだけでなく、恐ろしい病原菌を運びアレルギーの原因になることもある害虫です。


今回は、ゴキブリが出にくい家の条件や、ゴキブリを寄せつけないコツなどをご紹介していきます。



キャーッ! 夜も更けて、静まり返った住宅に響きわたる悲鳴。


安全で平和に暮らしていた家に、突然、不気味な侵入者が姿を現したのです!


侵入者を逃がすわけにはいきません!


また忍び込まれるかもしれないし、住みつかれることもあるからです。


そんなことになれば、恐ろしい害をもたらす敵に毎日おびえながら生活を送らなければなりません。


家の平和を守るため、深夜の壮絶な戦いが始まります…。


この不気味な侵入者と人間との戦いは、世界中で毎晩繰り広げられているのではないでしょうか。


侵入者の正体は、ゴキブリです。


「1匹見つけたら100匹はいる!」といわれているゴキブリは、病原菌を含むさまざまな雑菌や細菌を運んで、家の中を動き回ります。


ゴキブリが家の中にいると非衛生的になるだけでなく、病気になることもあるのです。


そればかりか、あの気味悪い姿や動きに、恐怖や生理的な嫌悪を覚えるという人も多いでしょう。


ここでは、ゴキブリが出やすい家と出にくい家の特徴や、ゴキブリが住みつかないための対策などについてお伝えしていきます。





奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!





ゴキブリが出やすい家とは


ゴキブリが出やすい家とは


ゴキブリを見たことがない、という人はいないでしょうか。


自分の家では見たことがなくても、学校や職場、商業施設や飲食店や公園など、あらゆる建物や場所にゴキブリはいますよね。


どんな環境でも生きていそうなイメージのゴキブリですが、いつごろから地球に存在していたかご存知ですか?


ゴキブリが地球上に現れたのは、およそ3億年前とされています。


人類が誕生したのは600万年前から700万年前といわれていますから、その歴史をはるかに越えた、悠久のときをゴキブリは生きているのです。


しかも、その長い年月、ほとんど姿形を変えずに生きてきました。


3億年前から、どんな環境でも順応できる驚異的な生命力を持っていたので、姿を変えたりして進化する必要がなかったんですね。


そんな、どのような条件でも生きていけるゴキブリが住みたくなる家とは、どんな特徴があるのでしょうか?


以下のような条件に当てはまる家は、要注意です。


家の中が汚い

生命力の強い生き物でも重要なのが食料ですが、ゴキブリは何を食べて生きていると思いますか?


ゴキブリが食べるのは、生ごみや食べかすなどの人の食べ残しだけではありません。


虫の死骸や動物の排泄物、新聞紙や人間の毛髪や爪やホコリなども食料にできるのです。


なので、掃除をあまりしていない家の中は、ゴキブリにとっては豊富な食料に恵まれた最高の住環境だといえます。



植物を育てている

部屋に鉢植えの花や観葉植物があると、植物のグリーンや美しい花がいつでも楽しめて癒されますよね。


でも、その素敵な癒し空間を、ゴキブリも好んでいるかもしれません。


ゴキブリは、湿度が高くてじめじめした場所が好きなのです。


プランターや鉢はいつも湿度が保たれていて、肥料が餌にもなるので、ゴキブリが底の部分に住みついて土に卵を産むこともあるんですよ



窓や玄関を開けっぱなしにしがち

ゴキブリは幼虫ならわずか1ミリの隙間でも通れますし、成虫でも数ミリの隙間があれば、どこからでも家に入ってきます。


換気扇や通風孔やサッシの隙間のほか、排水管から排水口という経路も利用し、ときにはエアコンの排水ホースから、など自由自在に不法侵入する常習犯なのです。


ゴキブリにとって人間の家の警備は、手薄どころか無いに等しいといえるでしょう。


でも、そんなゴキブリでも、狭い隙間を通過するにはリスクをともなうこともあります。


玄関のドアや窓を開けっぱなしにしている家は、何の障害も危険もなく簡単に侵入できるので、ゴキブリにはウェルカムの状態になっているのです。



宅配便が多い

宅配便とゴキブリと何の関係があるの? と思いますよね。


実は、宅配便の荷物の段ボールの箱にゴキブリが潜んでいることがあるのです。


暖かく狭い場所を好むゴキブリにとって、段ボールの箱の中は快適な住環境といえます。


そして段ボールの箱は、食品が入っていたものを再利用されていることもあるのです。



家電製品が多い

ゴキブリは夜行性ということをご存知ですか?


敵である人間が眠っていることもあり、ゴキブリの行動は夜に活発になります。


なので、ゴキブリは暗い場所を好みます。


「湿度が高めでじめじめした場所」や「狭くて暖かい場所」を好むとお伝えしましたが、「暗い」というのも、ゴキブリの巣にとって重要な条件です。


そのため、キッチンや浴室や洗面所が住みかになっていることが多いのです。


また、冬でも暖かく薄暗いのが家電製品の中や裏側です。


冷蔵庫の裏や、テレビやエアコンの中などを巣にすることもあるんですよ。







ゴキブリが暮らせる環境をなくすには


ゴキブリが暮らせる環境をなくすには


ゴキブリは見た目だけではなく、あの素早い動きに恐怖を感じるという人は多いのではないでしょうか?


いきなり現れてひるんだ瞬間、もう姿を消しているので、「また出てくるのでは?」と不安で眠れなくなることもありますよね。


ゴキブリの体長を人間の身長に換算すると、あの動きのスピードは時速160キロ以上といわれています!


そのスピードで動き回り、雑菌や細菌をまき散らすので、人の健康に被害がおよぶことがあります。


その菌は、食中毒の原因になるサルモネラ菌や、赤痢菌のほか、さまざまな病気の要因になり、排泄物などがぜん息やアレルギーの原因となることもあるのです。


そんな恐ろしい害虫のゴキブリが暮らせなくするように、簡単にできる、5つの方法をご紹介します。


食べ残しは密封する

ゴキブリの大好物は、小麦粉やパン粉、パンやお菓子や惣菜、肉や魚などです。


これらはほんの少量でもゴキブリにとっては大量のごちそうになるので、開封した粉類や食べ残しは容器に入れて密封したり、ラップして冷蔵庫に入れたりするなどしましょう。



生ごみはフタつきの容器へ

調理や食後に出る生ごみは、人間にとっては廃棄物ですが、ゴキブリにとっては好物が混ざっていることもある豊富な食料です


隙間のできないフタつきの容器に捨てるようにしましょう。


生ごみをラップなどで密封して、「燃えるゴミの日」まで冷凍庫で凍らせておくと、ゴキブリ対策になるほか、腐敗や臭いも防げますよ。



流しの水気は一日の最後に拭き取る

驚異的な生命力を持つゴキブリを暮らせなくするには、食料だけではなく水分も断たなければいけません。


ゴキブリは、何も食べなくても、1滴の水で3日以上生きられるといわれています。


食料も水分も豊富にあるキッチンを巣にしていることが多いゴキブリは、夜行性なので人が就寝後に活動を始めます。


ゴキブリに水分を与えないよう、就寝前に流しの水気を拭き取る習慣をつけましょう。



隙間をつくらない

先ほど、ゴキブリはわずかな隙間から簡単に侵入してくる、と書きましたが、家じゅうの隙間を完全にふさぐのは難しいですが、ドアやサッシには隙間テープを使いましょう。


エアコンの排水ホースや通風孔などには、防虫ネットや防虫キャップ、排水口には専用のネットやパテなどがあります。


これらは、ホームセンターなどで手に入りますよ。



宅配の段ボールはすぐに処分

「宅配の段ボールにゴキブリが潜んでいることがある」とお伝えしましたが、箱の中に卵や幼虫がいることもあります。


家の中に放置しておくと、そこから大量に発生することも…。


配達された荷物は玄関で開封して、中身だけを室内に持ち込むようにしましょう。


そして、段ボールは室内に入れず、なるべく早く処分することをおすすめします。







ゴキブリが出にくい物件の条件


ゴキブリが出にくい物件の条件


ここまで、「ゴキブリが出やすい家」や「ゴキブリが暮らせる環境をなくす方法」などについてご紹介してきました。


一方で「自分の家ではゴキブリが出たことがない」という人もいますよね。


では、ゴキブリが出にくい家の条件とは、どんなものなのでしょうか?


2階以上

想像するのも恐ろしいですが、ゴキブリには羽があるので空中を飛びます。


ですが、高く飛ぶのは苦手なので、マンションアパートなら1階の部屋か、戸建ての住居に侵入することが多いのです。


2階より上で、高ければ高いほどゴキブリは出にくくなります。



階下や隣に、店舗・公園がない

店舗でも、とくに飲食店や食料品をあつかう店や、樹木や草の茂みのある公園などには、多数のゴキブリが生息していることがあります。


すぐ下の階や近くなら簡単に移動してくることがありますので、物件を選ぶときは注意しましょう。



窓のすぐ外に木や電柱がない

高く飛ぶのが苦手なゴキブリは、木や電柱を這って上ることは簡単にできます。


それらを伝って、2階以上の部屋でもたやすく侵入することもできるのです。


建物周辺に、ハシゴ代わりになる木などがないことを確認しておきましょう。



木造以外のつくりである

木造建物は、隙間が多いので侵入しやすく、適度な湿度を保ちやすいので、ゴキブリが好む居住空間になります。


物件を探すときに、木造 でないことを条件にしておきましょう。



風通しが良く、湿気がこもらない

ゴキブリはジメジメした場所を好みますので、風通しが良いだけで近づきにくくなります。



新築・築浅の物件

古い物件は、ゴキブリの好きな隙間が多くなっていることや、以前人が住んでいたときの卵が残っていることもあります。


ときには、備品のエアコンに住みついていることも…。


新築や、築浅の物件ならその可能性は低くなります。


真下が空き部屋になっていない

マンションアパートで、真下の部屋が空き部屋になっているときも注意が必要です。


外敵のいない安全な部屋が、ゴキブリの快適な住みかになっていることもあるからです。


自分の住みたい部屋の、周辺の空き部屋の状況も調べておきましょう。



付近の道、マンションの共用部分が清潔

人にとってのゴミも、ゴキブリにとっては好物の食料です。


周辺の道や、マンション の階段や廊下などの共有部が、臭ったりゴミで汚れていたりしていないか、チェックしておきましょう。



ポストがドアと分離している

マンション などで、郵便物などをドアの穴に差し込む式の、ドアと一体型のポストがありますよね。


新聞などが差し込まれているときの広く開いた空間は、ドアや窓を開けたままにしているのに近い状態になっています。


毎日ゴキブリが、悠々とそこから侵入できるので、ポストが別の場所にある物件を選んだほうがよいでしょう。







ゴキブリの天敵とは


ゴキブリの天敵とは


3億年以上生き延びてきたゴキブリに、天敵などいないのでは?と思われるかもしれません。


しかし、ゴキブリの天敵は意外と多いのですが、家で彼らにゴキブリ退治を期待するのは難しいでしょう。


よく知られているのは、アシダカグモで、全長が13cmの巨大なクモです。


アシダカグモは、寒冷地をのぞく日本国内で生息していますが、都心部で見かけることはほとんどありません。


でも、もしアシダカグモが「ゴキブリ退治、お任せください!」と現れても、巨大なクモはご遠慮願いたいですよね…。


ほかには「ムカデ」「ネズミ」などですが、彼らはゴキブリよりも恐ろしく危険な存在なので、屋外だけで活躍して欲しいですね。






ゴキブリの効果的な駆除方法


>ゴキブリの効果的な駆除方法


家にゴキブリが住みついているときの効果的な駆除方法です。


くん煙剤

部屋の中に煙や霧状の殺虫作用のある薬剤を充満させて、隙間や見えないところに隠れているゴキブリを駆除します。


ゴキブリの卵には効果がないので、1回目のあと日をあけてもう1回行う必要があります。



毒餌タイプ

ゴキブリの好きな餌の中に殺虫剤を入れておいて食べさせ、駆除します。


この殺虫成分は即効性ではないので、毒餌を食べ巣の中で死んだゴキブリの排泄物などを仲間が食べることによって、巣を全滅させる効果が期待できます。



捕獲器

粘着シートで捕獲するタイプです。


くん煙剤や毒餌タイプと比較して、一度に駆除できる数は少ないですが、薬剤が効きにくいゴキブリでも捕獲できるというメリットがあります。



害虫駆除を依頼する

掃除のプロ「ダスキン」に依頼するのも方法のひとつ。


賃貸のマサキでは入居前にダスキンに防虫施工を依頼しておりますので、入居時にゴキブリに会う心配も減ります。







駆除・対策方法についてまとめ


駆除・対策方法についてまとめ


見た目が気味悪いだけでなく、病原菌を運びアレルギーの原因にもなる恐ろしいゴキブリ。


今回は、「ゴキブリが出やすい家」や「暮らせる環境をなくすコツ」、「ゴキブリが出にくい物件の条件」などについてお伝えしてきました。


ゴキブリは、わずかな隙間を通り抜け高速で移動し空中を飛ぶ、驚異的な身体能力と、3億年生き延びている最強の生命力をあわせ持つ、手強い敵です。


地球上から根絶させるのは難しいですが、あなたの住む家から追い出し、退治し、寄せつけないことは、不可能ではありません。


あなたの家を、ご紹介した簡単なコツや対策で、ゴキブリが「こんなところには住みたくない!」と思うような家にして、平和に暮らしましょう。




関連記事


家の中のクモはどうすれば?あぶない蜘蛛や対処方法・予防方法を詳しく説明!
【家の中のクモはどうする?】そのクモ本当に放っていても大丈夫?

【ゴキブリにまつわるあの噂】1匹見つけたら100匹いるというのは本当?
【1匹見つけたら100匹いる】ゴキブリにまつわるあの噂って本当?

【蚊の対策と発生予防】蚊の苦手を知って快適に過ごそう!
【蚊の対策と発生予防】蚊の苦手を知って快適に過ごそう!≫

植木鉢で大量発生する原因と効果的な方法とは?コバエの駆除方法が知りたい!
【植木鉢で大量発生しているコバエ】原因と効果的な駆除方法が知りたい!≫



虫が苦手な方でも安心して生活を楽しめる物件を、賃貸のマサキがご案内いたします!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!


Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


≪ 前へ|【ピンク汚れに注意!】掃除と予防方法について解説!   記事一覧   【夏を乗り切る】気温に応じた適切な素材と服装|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
クールヴェルビュ
ミユキ
タケダ
グランディール
ブリーズ大安寺A
モル
学生向け
wing
第一西田
高級
クレストタウンF
レフィナード
矢田山町
ロハス

検索履歴をもっと見る