Example: A Site about Examples

掲載物件数12065

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【賃貸住宅で自然災害の被害が!】修繕費は誰の負担に?

【賃貸住宅で自然災害の被害が!】修繕費は誰の負担に?

≪ 前へ|【説明義務化スタート】重要事項説明と水害リスク説明について   記事一覧   【もしもに備えた「流通備蓄」とは】災害時こそ「いつもの味」を!|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


もし台風などの自然災害で賃貸住宅が被害あったら誰が負担する?


もし台風などの自然災害で賃貸住宅が被害あったら誰が負担する?


近年、さまざまな自然災害が発生し、住宅もその影響を少なからず受けることになります。


中には建物が被害にあうこともあれば、家財や人的な被害が出ることもあるでしょう。


そんな場合、賃貸住宅であれば誰にその費用などを負担するのでしょうか?





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





賃貸住宅が被害を受け、損壊などの被害が出た場合は誰が負担する?


賃貸住宅が被害を受け、損壊などの被害が出た場合は誰が負担する?


台風などの自然災害で、建物そのものに損壊などが発生した場合、その修繕を行う義務は賃貸人(大家さんや管理会社など)にあります。


これは、民法606条に定められています。



①賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う。


②賃貸人が賃貸物の保存に必要な行為をしようとするときは、賃借人は、これを拒むことができない。



賃貸物件において、「使用及び収益に必要な修繕をする」とは、生活に支障がない状態に修繕をすることを指します。


窓が割れた、雨漏りする、外壁などに破損がある、といった生活に支障があったり不安があるような損壊は、直ちに修繕を行う義務が発生します。


また、こういった修繕作業を行うにあたって、賃借人、つまり部屋を借りて生活をしている住民は修繕を拒むことはできません。


自然災害そのものを防ぐことはできませんが、それによって建物に被害が出た部分に関しては、賃貸人が修繕の義務を負います。


ただし、これはあくまでも自然災害による不可抗力が原因だった場合に限ります。






損壊の原因が賃借人にある場合は、賃借人の負担になることもあるの?


損壊の原因が賃借人にある場合は、賃借人の負担になることもあるの?


近年の大型台風接近時には、頻繁にあることがアナウンスされます。


それは、強風によって屋外に置かれた物が飛んだり倒れたりすることで、台風の被害が拡大するという事です。


過去の記録的台風では、街路樹の倒木などもあれば、強風で自動車が動いたり、自転車くらいなら宙を舞うこともありました。


こういった状況で、例えば窓を開け放っていたりすれば、室内に大量の雨が吹き込んだりするだけでなく、風の勢いで屋根が吹き飛んでしまったりする危険性もあります。


また、窓には雨戸やシャッターが備え付けられていますが、台風などの場合には閉めておくようにアナウンスされます。


これは、飛来した物で窓が割れたりしないようにする対策のためです。


つまり、飛んでしまいそうなものを片付けたり、窓を閉めたうえで雨戸もすべて閉めておくのが、台風対策として賃借人が行う義務とも言えます。


その義務を怠ったことで建物に損壊が発生した場合には、その責任を負うことになる可能性があります。


以前はそこまで強く言われることは少なかったようですが、台風対策として行うことの認識もどんどんと移り変わっており、賃借人の責任も大きく変化しつつあります。


台風の規模に関わらず、万が一に備えて対策を行う必要があるのだと認識しておきましょう。







家財の被害はすべて賃借人の負担?


家財の被害はすべて賃借人の負担?


建物の損壊は賃貸人の負担になりますが、住戸内に置かれた賃借人の私物、つまり家財の被害はすべて賃借人の負担になります。


例えば、台風で窓が割れ、これによって室内に大量の雨が吹き込んだとします。


割れた窓や浸水で傷んだ壁や床の修繕は、賃貸人に修繕の義務が発生します。


しかし、その雨が原因で損壊した家具や家電などの家財の修繕義務はなく、それらの修繕は賃借人の負担となります。


ただし、多くの場合で賃貸借契約を行う際に加入を勧められる火災保険の内容に「家財保険」が含まれています


そういった火災保険に加入していれば、災害によって家財を失った場合も保険金を受け取ることができます。


加入している火災保険の契約内容に家財保険が含まれていない場合、保険の契約内容の見直しをしておきましょう。


また、賃借人の家財に被害が出た原因として、賃貸人の過失が認められる場合があります。


例えば、雨漏りの修繕を依頼していたがなかなか修繕されず、台風によって雨漏りがひどくなり家財に被害が出たといった場合には、修繕義務を果たしていなかった賃貸人の責任と判断されることがあります。


賃貸人としても、台風の増える時期には注意しつつ、建物の不具合などがあれば早期に修繕などの処置を行うことが求められます。


「火災保険」について詳細はこちら≫





人的な被害が出てしまった場合の責任はどうなるの?


人的な被害が出てしまった場合の責任はどうなるの?


例えば、建物の一部が破損して、破片などが通行人のケガの原因になった場合はどうでしょうか?


この場合も、家財などと同様に「賃貸人が修繕義務を怠っていたかどうか」で大きく異なります。


もし、修繕義務を怠ったことで破損して、それが原因となった人的被害であれば、賃貸人が損害賠償責任を負う可能性が出てきます。


逆に、普段から建物の管理を徹底して、修繕義務もきっちりとこなしていた場合であれば、損害賠償責任を負う可能性はまずありません。


仮に、賃借人がベランダやバルコニーに置いていた物が飛んでいき、人的被害の原因となった場合、賃借人が損害賠償責任を負う可能性もあります。


賃借人に過失があると判断されてしまう可能性は十分にあるため、「飛びそうな物は屋内に仕舞うか何かに固定して飛ばないようにする」という台風対策をキッチリと行いましょう。






台風被害を減らすためにはどうすれば良いの?


台風被害を減らすためにはどうすれば良いの?


台風被害は、対処方法がないものと、事前に対処をすれば減らすことができるものに分けられます。


さらに、対処をすれば減らすことができるもののなかに、賃貸人ができることと、賃借人ができることに分かれます。



対処方法がない被害に対する対策

自己管理ができないもので、例えば強風で電柱や街路樹が倒れて建物が破損したといった場合、これに対する対処方法などは現実的にありません。


こういった自然の驚異に対する唯一の対策は、「火災保険への加入」です。


保険の内容は、賃貸人と賃借人で大きく変わります。


賃貸人の場合は、建物の修繕に関する保険は加入されていますが、その他の特約について加入されていない場合も多いようです。


例えば、建物の修繕義務を怠って人的被害が出た場合などに使える「建物管理賠償責任特約」や、災害によって減少した家賃収入を補償する「家賃保証特約」などです。


賃借人の場合は、被災時の入居者の家財道具を補償する「家財保険」だけでなく、入居者の過失により発生した損害を賠償する「借家人賠償責任保険」や「個人賠償責任保険」を含めた3つの内容をセットで加入することが望ましいとされます。


入居時の初期費用を抑えるために加入を拒む方も居ますが、いざという時のリスク軽減を考えれば加入の必然性が見えてくるでしょう。


「家賃保証特約」について詳細はこちら≫


賃貸人ができる台風対策

賃借人にとって、建物の損壊を抑える対策は必要です。


普段から建物の点検や補修をこまめに行うことが、台風による破損リスクを軽減できます。


特に屋根や外壁などは、近年の酷暑などの影響もあって想定よりも劣化が早くなることもあります。


また、大きな被害が出なくても、台風の通過後にチェックを行うなどしておけば安心でしょう。


雨量が多い場合などは、事前に水路の清掃を行ったりすることも必要です。


それでも水路から雨水があふれることがあるようであれば、氾濫が起こる前に敷地内に浸水や冠水が起こらないように土嚢などを設置して対策することもできます。


その他に、賃借人に台風対策を行うことを案内することも有効です。



賃借人ができる台風対策

屋外に置いてあるもので、室内に移動できるものはなるべく室内に移動させましょう。


小さなものでも強風で飛んでいけばケガや破損の原因となる可能性があります。


自転車なども、室内に入るなら移動させ、入らないならワイヤーロックなどを利用して頑丈なものに固定することも有効です。


窓はすべて閉め、雨戸やシャッターなども閉められる場所はすべて閉めておくことも対策として有効です。






【賃貸住宅で自然災害の被害が!】まとめ


【賃貸住宅で自然災害の被害が!】まとめ


年々、自然災害による被害も大きくなり、住居が破損するような大きな被害も見かけることが多くなりました。


災害時の対処に関わる負担は、「どこ」が「誰」によって被害を受けたのかで決まります。


「誰」の部分に賃貸人賃借人が入る場合には、それぞれの対策が不十分であることが殆どです。


互いに無用な負担を負わなくて済むように、事前の対策を行うように注意をする必要があるでしょう。




関連記事


大雨警戒レベルでわかる避難のタイミングとは?最大レベルに到達するまでに避難の準備を!
【大雨警戒レベルとは?】避難をするタイミングなどについてまとめ≫

火災保険って本当に必要なの?
【賃貸住宅の火災保険とは?】加入しないとどうなる?≫

【賃貸?それとも持ち家?】災害大国日本における住宅事情
災害大国日本で、これからのマイホームは持ち家か?それとも賃貸か?≫

【「り災証明書」の申請について】万が一の自然災害や火災に備えて、知っておきたい基礎知識
【「り災証明書」の申請手順】申請期限や保険適用に必要な写真撮影≫

流通備蓄って何?
【もしもに備えた「流通備蓄」とは】災害時こそ「いつもの味」を!≫

賃貸住宅でもできる地震対策
【賃貸でできる地震対策】壁を傷付けずにできる地震対策まとめ≫

【もしもの時の3桁電話番号】緊急時だけでなく、知っておくと普段の生活に役立つ番号も
【警察・救急・番号案内他】役立つ3桁電話番号一覧!≫

【保険の自由化とは?】まずは賃貸の火災保険の見直しから始めよう
【保険の自由化とは?】まずは賃貸の火災保険の見直しから始めよう≫

【耐震・免震・制震】何が違うの?地震・台風などの自然災害に強い構造は?
【耐震・免震・制震】何が違うの?地震・台風などの自然災害に強い構造は?≫

【マンションで行える台風対策!】少しでも被害を抑える方法とは
【マンションで行える台風対策!】少しでも被害を抑える方法とは≫

【管理会社の連絡先の確認方法】賃貸住宅を管理している会社の連絡先の調べ方
【管理会社の連絡先の確認方法】賃貸住宅を管理している会社の連絡先の調べ方≫

【火災保険の途中解約はできる?】タイミングや注意点など解説
【火災保険の途中解約はできる?】タイミングや注意点など解説≫

【家屋が浸水したらどうすればいい?】室内の清掃で気を付けること
【家屋が浸水したらどうすればいい?】室内の清掃で気を付けること≫

【賃貸で管理人常駐のメリットとは?】管理形態の違いを解説
【賃貸で管理人常駐のメリットとは?】管理形態の違いを解説≫

【川沿いにある賃貸物件のメリット・デメリットを解説】自然災害の備えも忘れずに!
【川沿いにある賃貸物件のメリット・デメリットを解説】自然災害の備えも忘れずに!≫




  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


≪ 前へ|【説明義務化スタート】重要事項説明と水害リスク説明について   記事一覧   【もしもに備えた「流通備蓄」とは】災害時こそ「いつもの味」を!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
ローレルスクエア
ウエスト メゾン
駐車場 奈良駅
クロゼット
JR奈良 駐車場
大西勉
子供
菖蒲駅
菖蒲池
シャーメゾン プレミアス
奈良市 マンション
メゾン レイ
勝手口
D-room 天理線

検索履歴をもっと見る