Example: A Site about Examples

掲載物件数12181

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【東日本と西日本の電源周波数違いとは?】影響や対策についてまとめ

【東日本と西日本の電源周波数違いとは?】影響や対策についてまとめ

≪ 前へ|退去時気になる【原状回復と経年劣化の判断基準とは?】   記事一覧   【環境に配慮したZEH賃貸とは?】メリットや基準や条件の解説|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


【東日本と西日本の電源周波数】どうして違う?引っ越しするときに確認しないと思わぬトラブルに


【東日本と西日本の電源周波数】どうして違う?引っ越しするときに確認しないと思わぬトラブルに


一人暮らしを始める際や、新しい地域へと引っ越しや会社を移転させる場合に、必ず知っておきたいのが電気の周波数です。


周波数は日本だけでも2種類あり、地域によっては混在している場所もあります。


知らないまま引っ越してしまえば、最悪電気製品の故障や事故にも繋がってしまうので、この機会にぜひ周波数について学んでおきましょう。


日本国内では「50Hz」と「60Hz」の地域が存在しています。


引っ越しや新しい電気製品を使い始める前は、まず現在お住まいの周波数と引っ越し先の周波数、そして電気製品の周波数、さらには「インバーター」という装置が搭載しているかを確認することが重要です。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





どうして東日本と西日本で電源周波数が違うの?


どうして東日本と西日本で電源周波数が違うの?


そもそも東日本と西日本で周波数が違う理由は、さかのぼること明治期にあったとされています。


当時、東京ではドイツ製の「50Hz」を生み出す発電機を、大阪ではアメリカ製の「60Hz」を生み出す発電機を取り入れて使っていました。


電気が主流になるころには、周波数を全国で合わせようと幾度か試みたのですが、莫大な費用が掛かることなども考慮され、最終的にはうまく統一することができませんでした。


そのため、東京から東に進むにつれて「50Hz」の周波数、大阪から西の地域につれて「60Hz」の周波数の違いが根付いたまま現代に至っています。


電力会社それぞれの周波数一覧

◇50Hz


北海道電力


東北電力


東京電力


◇60Hz


北陸電力


関西電力


中国電力


四国電力


九州電力


沖縄電力


◇50Hz・60Hz混合


中部電力






周波数がちがう電気製品を使うとどうなるの?


周波数がちがう電気製品を使うとどうなるの?


周波数の違う電気製品を利用した場合、可能性としてある事象としては、


・電気製品の発火


・周波数のエラーによる製品の低下・故障


とされています。


この現象は主に、周波数のエラーによって起こります。


周波数とは、一秒間のうちに繰り返される周期の数を意味しますが、50Hzであれば一秒の間に50回、60Hzでは60回波を打っているのです。


そのため、モーターを搭載した電気製品に電源を入れた際、周期の相違によって電気製品の性能が低下し、故障してしまう可能性があります。


または過剰に反応してしまったことによって、電気製品本体から発火し、最悪の場合火災を引き起こす原因となる場合があります。


最近ではほとんどの場合、周波数の相違に対応する「インバーター」搭載の電気製品に進化しているため、不具合が起きるといった事象はあまり見られません。


ただ、電気製品によっては、上記ほどの大きな不具合ではなくとも


・周波数の異なる地域での使用により従来のように作動しない


・使用できるけれど以前とは違う


といった細かな支障が起きる可能性があります。


そのため、電気製品を購入する際には注意事項を確認する習慣を身につけておくと良いでしょう。






引っ越しをするときは、電気製品をチェックしよう!


引っ越しをするときは、電気製品をチェックしよう!


上記でも説明したように、現在ではさまざまな取り組みによって、電気製品と周波数に関する不具合は見られません。


しかし、製品によっては周波数が違ってしまうことによって使えないものもあります。


これから東日本から西日本へ、また西日本から東日本へと引越しをされる場合は、以下のリストから、現在お持ちの電気製品が安全に使用できるかを確認してみることをおすすめします。


ただし、周波数の相違によって故障や火災が起きないよう、電気製品のなかには、モーターの周波数を自動で調整してくれるインバーター機能搭載の「ヘルツフリー製品」という商品が多く販売されています。


そのため、電気製品を購入する際には、ご自身の住んでいる地域に合う周波数に対応しているか、またはヘルツフリー製品であるかを確認すると良いでしょう。


また、お住まいの地域の家電量販店では、その地域に合わせた周波数の電気製品を取り扱っていることが主ですが、Amazonや楽天市場などのオンラインショップで電気製品を購入する場合には、全国の購入者に合わせられるよう、「50Hz」と「60Hz」の両方を取り扱っている場合があります。


電気製品をネットで購入すること自体はとても簡単で便利ですが、周波数の違いによって重大な事故にならないよう、気になった電気製品を見つけた際は、まずどちらの周波数を取り扱っているのか、また、どちらの周波数に対応した商品を購入したいかをあらかじめ販売元に問い合わせしておくと安心です。


具体的に、


・どちらのエリアでも使える電気製品


・エリアが異なることで性能が変わってしまう電気製品


・周波数の相違によって使えなくなってしまう電気製品


をリストにしましたので参考にしてみてください。


どちらのエリアでも使えるもの

・パソコン


・テレビ


・トースター


・DVDレコーダー


・ブルーレイレコーダー


・ラジオ


・アイロン


・電気ストーブ


・電気コンロ


・電気こたつ


・電気毛布


・LED電球


・白熱電球 など


エリアが異なることで性能が変わってしまうもの

・冷蔵庫


・空気清浄機


・掃除機


・加湿器


・ドライヤー


・扇風機


・エアコン


・ミキサー など


使えなくなるもの

・電子レンジ


・衣類乾燥機


・洗濯機


・電気時計


・衣類乾燥機


・テープレコーダー


・タイマー


・ステレオ


・蛍光灯(インバーター内蔵であれば使用可能) など


※特に、電子レンジや蛍光灯の場合は現在でも「50Hz」、「60Hz」専用と設定されている場合があるため、使用する前や購入する前には確認が必要です。


また、古いタイプの電子レンジは、リユースショップなどで安価で購入できますが、周波数が相違していると完全に使えないため、必ず確認しましょう。






要注意!電源周波数が混在しているエリアもあり


要注意!電源周波数が混在しているエリアもあり


日本国内の中には、エリアが混在している地域があります。


その地域とは、「50Hz」が主流とされている東日本と、「60Hz」が主流とされる西日本の境である、


・長野県


・新潟権


・岐阜県


・愛知県


・三重県


・静岡県


の一部エリアです。


さらに細かく説明すると、新潟県に有する糸魚川と、静岡県の富士川を結ぶ川を境に周波数が分かれており、西側が60Hzで、東側が50Hzとされています。


上記の地域へ引っ越すことが決まった際には、引っ越し先の電力会社へどちらの周波数を使用しているかの確認、そして現在所持している電気製品は使用できるのかについて確認しましょう。


また、現在はGoogleで電気製品の名称と型番を検索するだけで周波数を確認できますから、電話が混み合ってなかなか繋がらないという場合は、この方法で調べてみると良いでしょう。


さらに、引っ越し前に電力会社に聞くことを忘れてしまった場合は、すぐに電気製品のコンセントを入れるのではなく、使用予定の電気製品の周波数と地域の周波数が問題ないかを電力会社に問い合わせましょう。






【東日本と西日本の電源周波数】のまとめ


【東日本と西日本の電源周波数】のまとめ


引っ越しする際、現在お使いの電気製品の周波数と、引っ越し先地域の周波数が違うことで、電気製品に故障や火災が起こる可能性があることを分かっていただけたかと思います。


電気製品は、Amazonなどのオンラインショップでも簡単に購入できる時代だからこそ、購入する前には販売元へと確認することが重要です。


しかし、現代ではそのような周波数の違いを改善するために、周波数を自動で切り替えるインバーター搭載の電気製品が販売されるようになりました。


万が一、周波数の違う地域に引っ越しをしても、インバーター機能が搭載されている電化製品を使っていれば安心です。


これから引っ越しをする方や、すでに引っ越しをした方、さらには会社の移転などを考えている方は、現在使用している電気製品が引っ越し先の地域でも問題なく使用できるかを、ぜひ確認してください。





関連記事


【インターネットが遅い?】賃貸でもWi-Fi環境は改善できる?
【インターネットが遅い?】賃貸住宅でのWi-Fi環境改善方法について≫

テレワーク賃貸とは?
【テレワーク賃貸】が流行の兆し!?自宅でテレワークが出来る賃貸住宅 ≫

【電子レンジの選び方】家族構成や容量、サイズ、使いたい機能で選びましょう!
【電子レンジの選び方】家族構成や容量、サイズ、使いたい機能で選びましょう!≫

【部屋のコンセントが足りない時どうする?】対応策や注意点について
【部屋のコンセントが足りない時どうする?】対応策や注意点について≫

【一人暮らしのこたつ選び】一人暮らしにおすすめな「こたつ」の最適サイズは?
【一人暮らしのこたつ選び】一人暮らしにおすすめな「こたつ」の最適サイズは?≫

【賃貸住宅でテレビが映らない原因とは?】対処方法など解説
【賃貸住宅でテレビが映らない原因とは?】対処方法など解説≫

【CATV付きの賃貸物件とは?】メリット・デメリットをご紹介!
【CATV付きの賃貸物件とは?】メリット・デメリットをご紹介!≫

【賃貸住宅でWi-Fiを使う方法】工事無しで使用できる方法をご紹介!
【賃貸住宅でWi-Fiを使う方法】工事無しで使用できる方法をご紹介!≫

【引っ越し時のネットの解約いつするの?】手続きについて詳しく解説!
【引っ越し時のネットの解約いつするの?】手続きについて詳しく解説!≫

【Wi-Fiルーターを置く最適な場所は?】通信速度を改善する方法も解説!
【Wi-Fiルーターを置く最適な場所は?】通信速度を改善する方法も解説!≫




  • 安達_写真
  • 担当者:安達竜哉

    特技は少林寺拳法!趣味は愛車のお手入れです!奈良の不動産情報に詳しい私が賃貸情報や暮らしに関する事などお役立ち情報を配信していきます。


≪ 前へ|退去時気になる【原状回復と経年劣化の判断基準とは?】   記事一覧   【環境に配慮したZEH賃貸とは?】メリットや基準や条件の解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

コンフォート酒井

コンフォート酒井の画像

賃料
5.9万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺3丁目
交通
奈良駅
徒歩20分

セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
二階堂駅
橿原
近鉄橿原線
JR奈良駅前
駐車場
藤の
売間
東生駒1丁目
長屋 奈良
保証会社
レトロ
ネット使用料不要
ラック
防音 奈良

検索履歴をもっと見る