Example: A Site about Examples

掲載物件数13184

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【マンションは何階に住むのがいい?】各階のメリットとデメリット解説!

【マンションは何階に住むのがいい?】各階のメリットとデメリット解説!

≪ 前へ|【市町村合併(区画整理)で住所が変更?】手続きが必要なものや方法まとめ   記事一覧   【気になるカーペットのシミ汚れ】普段のお掃除とシミ落とし|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

各階のメリットとデメリットのほか、一人暮らしや家族におすすめの階も紹介


各階のメリットとデメリットのほか、一人暮らしや家族におすすめの階も紹介


マンションを選ぶときに、何階に住むかはとても重要です。


階数によって得られるメリットや注意すべきポイントが異なるため、自分のライフスタイルや優先事項に合わせて最適な階を選びましょう。


今回は、低層階、中層階、高層階それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説するとともに、一人暮らしや家族の方におすすめの階数も紹介します。



  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!




賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





低層階(1階から5階くらいまで)に住むメリットとデメリット


低層階(1階から5階くらいまで)に住むメリットとデメリット


メリット

・アクセスが便利


階段を使っての移動が可能なため、エレベーターの待ち時間を気にせずに住めます。


また、低層階はエレベーターに頼らずに階段で移動できるため、エレベーターの混雑や故障時にも影響を受けにくいです。



・車椅子やベビーカーの使用が容易


階段を使わなくてもアクセスがしやすいため、身体に制限のある方やベビーカーを使用する方にとって便利です。



・空調の効きが良く、夏場でも涼しいことが多い


高層階に比べて建物の周囲に他の建物が少ないため、日陰が少なく風通しも良い傾向があります。



デメリット

・日当たりが制限される


低層に位置するため、周囲の建物や樹木によっては日照が遮られることがあります。



・騒音や振動を感じやすい


低層階は道路や駐車場などに近いため、交通や人の動きによる騒音や振動が気になることがあります。



・景色が制限される


低層階は高層階ほど広い視界を持つことが難しく、景色やパノラマが制限されることがあります。






中層階(6階から15階くらいまで)に住むメリットとデメリット


中層階(6階から15階くらいまで)に住むメリットとデメリット


メリット

・移動の選択肢が多い


中層階はエレベーターを利用しやすく、階段の利用も比較的楽なため、移動の選択肢が多いです。



・低層階よりも騒音や振動が少ない


低層階に比べると、周囲の建物や交通による騒音や振動が少なく、また高層階に比べて景色が良いことがあります。



・高層階よりも避難が容易


外部からの侵入リスクが低く、避難時にも地上への避難がしやすいです。



デメリット

・眺望が制限される


周囲の建物の高さや配置によって、一部の方向からの景色が制限される可能性があります。



・低層階よりもやや家賃が高い


低層階よりも眺望は良いため、家賃が高めに設定されていることが多いです。






高層階(16階以上)に住むメリットとデメリット


高層階(16階以上)に住むメリットとデメリット


メリット

・絶景や素晴らしい眺望を楽しむことができる


高層階は周囲の建物を越えたパノラマが望め、夜景や景色を楽しむことができます。



・騒音や振動が少なく、プライバシーが保たれやすい


高層階は地上の騒音や振動が少なく、また通行人の目線から遮られるため、プライバシーが保たれやすいです。



・高層に位置するため、日照や風通しが良いことが多い


高層階は周囲に障害物が少ないため、日照や風通しも良い場合があります。



デメリット

・地震や火災時の避難が低層階に比べて難しいことがある


高層階に位置するため、地上への避難がより困難になる可能性があります。



・高層に位置するため、エレベーターの混雑が起こることがある


多くの住民がエレベーターを利用するため、混雑が発生することがあります。



・一般的に低層階や中層階に比べて家賃が高く設定されている


高層階の素晴らしい眺望やプライバシーにより、家賃が高く設定されることがあります。






一人暮らしにマンションでおすすめの住みやすい階数は?


一人暮らしにマンションでおすすめの住みやすい階数は?


一人暮らしにおすすめのマンションの住みやすい階数は、中層階(6階から15階くらいまで)です。


理由には、以下のような点が挙げられます。



エレベーターの利用がしやすい

中層階はエレベーターの待ち時間が比較的短く、階段とのバランスも取りやすいです。


一人暮らしの場合、荷物を持ってエレベーターを利用することが多いため、エレベーターが利便性を高めます。



騒音や振動が少なく、景色が良いことが多い

中層階は低層階に比べて周囲の騒音や振動が少なく、高層階に比べても景色が良い傾向があります。


快適な環境で過ごすことができます。



外部からのセキュリティ上のリスクが低い

高層階と比べると、中層階は地上に近いため、セキュリティ面でのリスクが低いとされています。


一人暮らしの場合、セキュリティへの配慮は重要です。



地震や火災時の避難が比較的容易

高層階に比べると、中層階は地上への避難がしやすいです。


災害時にも比較的安全な立地と言えます。



価格が高すぎず、低すぎない

高層階ほど景色やプライバシーの良さが求められ、低層階は騒音や振動が気になることがあるため、中層階はバランスの良い価格帯に位置しています。



ただし、個人の好みやライフスタイルによっても選択肢は異なります。


景色を重視する方は高層階、高所恐怖症の方には低層階が適している場合もあります。


一人暮らしの際は、物件を実際に見学して自分に合った階数を選ぶことが重要です。






ファミリーにマンションでおすすめの住みやすい階数は?


ファミリーにマンションでおすすめの住みやすい階数は?


ファミリーにおすすめのマンションの住みやすい階数は、中層階(6階から15階くらいまで)または低層階(1階から5階くらいまで)です。


理由は以下のような点が挙げられます。



中層階(6階から15階くらいまで)の場合

エレベーターの利用がしやすく、階段も使いやすいため、子どもやベビーカーの移動が楽です。


・騒音や振動が低層階よりも少なく、高層階に比べても景色が良いことが多いです。


・外部からのセキュリティ上のリスクが低く、避難が容易です。


・家族が多い場合でも、高層階に比べてエレベーターの混雑が少ない傾向があります。



低層階(1階から5階くらいまで)の場合

・エレベーターを使わずに階段で移動できるため、停電時やエレベーター故障時にも便利です。


・マンション内の施設や外部へのアクセスが容易で、車椅子やベビーカーの利用がしやすいです。


・地震や火災時に避難しやすいです。


・家族が多い場合でも、高層階に比べてセキュリティ上のリスクが低いです。


ファミリーにとっては、子供の安全や利便性を考慮することが重要です。


中層階または低層階は、エレベーターや階段の利用がしやすく、子どもや高齢者の移動に配慮した住環境になります。


また、高層階よりも地上への避難が容易であるため、災害時にも安心です。


しかし、ファミリーの人数や好みによっても選択は変わることがあります。


ファミリーに適した階数を決定する際は、実際に物件を見学し、家族全員が快適に過ごせるかを確認することが大切です。






高齢者にマンションでおすすめの住みやすい階数は?


高齢者にマンションでおすすめの住みやすい階数は?


高齢者におすすめのマンションの住みやすい階数は、低層階(1階から5階くらいまで)または中層階(6階から15階くらいまで)です。


理由は以下のような点が挙げられます


低層階(1階から5階くらいまで)の場合

・エレベーターを使わずに階段で移動できるため、停電時やエレベーター故障時にも便利です。


・転倒や怪我のリスクを低減できます。


・高層階よりも低い位置にあるため、高さからくる不安や高所恐怖症のストレスを軽減できます。


・災害時の避難が容易です。


地上への避難が速やかに行えるため、安全性が高まります。



中層階(6階から15階くらいまで)の場合

・エレベーターの利用がしやすく、階段も使いやすいため、移動が便利です。


高層階に比べてエレベーターの混雑が少ない傾向もあります。


・騒音や振動が高層階よりも少なく、低層階に比べても景色が良いことが多いです。


・外部からのセキュリティ上のリスクが低く、避難が容易です。


高齢者にとっては、安全性と利便性が重要な要素となります。


低層階や中層階はエレベーターよりも階段を利用しやすいため、エレベーターの故障時や停電時にも安心して移動できます。


また、高層階に比べて災害時の避難が容易なため、安全面でも配慮されています。






【マンションは何階に住むのがいい?】まとめ


【マンションは何階に住むのがいい?】まとめ


マンションに住む階数は、生活の快適さや利便性に大きな影響を与えます。


低層階はアクセスが便利で車椅子やベビーカーにも適していますが、景色やプライバシーが制限されることがあります。


中層階はエレベーターの利用がしやすく、景色やプライバシーが向上します。


一方、高層階は素晴らしい景色やプライバシーが得られますが、災害時の避難が難しく、エレベーターの混雑が懸念されます。


階数の選択は個人の好みや状況によって異なります。


自分や家族のニーズをよく考慮し、快適な住環境を見つけるために、各階のメリットとデメリットをよく理解して賢い選択をしましょう。





関連記事


【賃貸物件の一階に住むメリット・デメリットとは?】1階でも防犯性を高める方法!
【賃貸物件の一階に住むメリット・デメリットとは?】1階でも防犯性を高める方法!≫

【1階と2階以上の部屋のメリットとデメリット】本当に住みやすいのはどっち?
【1階と2階以上の部屋のメリットとデメリット】本当に住みやすいのはどっち?≫

【賃貸住宅の内階段・外階段どっちが良い?】メリットとデメリットをご紹介
【賃貸住宅の内階段・外階段どっちが良い?】メリットとデメリットをご紹介≫

【後悔しない物件選びの方法とは?】お部屋探しのチェックポイントと失敗例
【後悔しない物件選びの方法とは?】お部屋探しのチェックポイントと失敗例≫

賃貸住宅を選ぶときに妥協できる点とは
【こだわりのお部屋探し】妥協していい条件の優先順位は?≫

【女性も安心して一人暮らしができる物件とは?】賃貸を探すポイント!
【女性も安心して一人暮らしができる物件とは?】賃貸を探すポイント!≫

【一人暮らし入門編】ちょうど良い?単身者向けの広さ(㎡)はこのサイズがおすすめ!
【一人暮らし入門編】ちょうど良い?単身者向けの広さ(㎡)はこのサイズがおすすめ!≫

【二世帯住宅は一戸建がおススメな理由とは?】メリット・デメリット交えて解説
【二世帯住宅は一戸建がおススメな理由とは?】メリット・デメリット交えて解説≫

【団地で一人暮らしは可能?】メリットや注意すべき点について
【団地で一人暮らしは可能?】メリットや注意すべき点について≫

【高齢者も賃貸物件の契約可能?】スムーズに入居するためのコツ!
【高齢者も賃貸物件の契約可能?】スムーズに入居するためのコツ!≫

【坂の上にある賃貸住宅のメリットとは?】デメリットだけではない意外な理由
【坂の上にある賃貸住宅のメリットとは?】デメリットだけではない意外な理由≫




  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!


≪ 前へ|【市町村合併(区画整理)で住所が変更?】手続きが必要なものや方法まとめ   記事一覧   【気になるカーペットのシミ汚れ】普段のお掃除とシミ落とし|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ルーエ(大安寺)

ルーエ(大安寺)の画像

賃料
10.5万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩14分

ルミナスB(櫟本町)

ルミナスB(櫟本町)の画像

賃料
7万円
種別
アパート
住所
奈良県天理市櫟本町
交通
天理駅
バス6分 櫟本 停歩3分

yakusi京 A

yakusi京 Aの画像

賃料
7.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市西ノ京町
交通
西ノ京駅
徒歩6分

アンジェ

アンジェの画像

賃料
8.5万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市尼辻中町
交通
尼ヶ辻駅
徒歩5分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
騒音 時間
ラ ヴィ ドゥ
2LDK
生駒元町
ロシェル
奈良駅 単身
ラヴィエール
近鉄奈良駅近く
最上階
不動産
奈良市学園朝日町
ジュネス
家具付
防音 奈良市

検索履歴をもっと見る