Example: A Site about Examples

掲載物件数12069

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【後悔しない物件選びの方法とは?】お部屋探しのチェックポイントと失敗例

【後悔しない物件選びの方法とは?】お部屋探しのチェックポイントと失敗例

≪ 前へ|【トラブルを避けるための月極駐車場でのマナー】駐車場を契約するまでの流れなど解説   記事一覧   【引越しに伴う飼い犬のストレス緩和方法は?】まずは4つの方法を試してみよう|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!


物件選びで後悔したくない!お部屋探しのチェックポイントと良くある失敗例


物件選びで後悔したくない!お部屋探しのチェックポイントと良くある失敗例


物件探しをしていて、良さそうと感じた物件でも住み始めてみると意外と住みづらい部分が見つかったりすることは、珍しくありません。


長く住むにはそういった問題で後悔したくはありませんよね?


「立地について」近隣に飲食店がないか最寄駅からの経路の治安など周辺の環境をチェックしましょう!


それから


「物件について」部屋の間取りと寸法やコンセントの位置や数など住み心地のチェックも忘れずに行いましょう!


そんな後悔をしないためのポイントをまとめてみました!





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





絶対に忘れてはいけない物件選びの定番ポイント


絶対に忘れてはいけない物件選びの定番ポイント


物件選びには快適な生活のための定番ポイントがありますので、まずはそのおさらいです。


立地条件

・駅などの公共交通からの距離が近い


・日常生活に必要な商店が周囲に充実している


・通勤、通学先へのアクセスが良い


物件の条件

・バス、トイレ別


・セキュリティが充実している


・収納スペースの広さが充実している


・用途に適した間取りになっている


多くの方が物件選びで気にする定番のポイントはこのようになっています。


まずはこれら全ての条件が好条件で揃う物件を探していくことが多くなるでしょう。


しかし、多くの場合で全てが好条件を満たせば家賃が予算を超えていたり、いずれかの条件で妥協をしなければならないことが大半です。


かといって、家賃負担だけを優先しすぎていくつもの条件を妥協してしまうと、物件探しで失敗してしまうこともあるでしょう。


例えば、家賃を優先するあまり駅徒歩30分という距離で妥協すると、日常の通退勤だけで疲弊してしまうかもしれません。


この様に、物件探しの条件で極端な妥協のしかたをすると、その一点が大きな負担になってしまうためオススメはできません。


部屋が極端に狭くなる、使いづらそうな四角くない間取り、収納が殆ど無いなど、住む前から厳しいと感じたらまずはゆっくりと条件を下げていき、譲れないラインを下げすぎないようにしましょう。






物件情報だけでは分かりにくい物件探しのポイント:立地条件


物件情報だけでは分かりにくい物件探しのポイント:立地条件


物件情報で掲載されている情報さえあれば、上記の定番ポイントは全て調べられます。


しかし、物件の周辺情報などは物件情報だけでは不安があります。


最近ではコンビニやスーパー、ドラッグストアなどの生活に費用な商店、学校や役所などの公共施設への距離なども掲載されていることも多いですが、実際に住むとなるとそれ以外の部分をしっかりと調べておく必要があります。


そんな立地条件で抑えておくポイントをまとめてみました。


近隣に飲食店がないか

近隣に飲食店があれば、換気扇から漂う臭いを避けることは難しいでしょう。


焼き肉、焼き鳥、揚げ物など、お腹が空いていれば良い臭いかもしれませんが、いざ住み始めて毎日のようにその匂いに囲まれて生活するとなると厳しいものがあります。


飲食店の営業時間には外に洗濯物が干せないという問題もあるため、重要なチェックポイントです。


特に深夜まで営業する飲み屋など、酔っ払いが多い地域は治安の悪さにも繋がるでしょう。


また、飲食店付近は害虫や害獣被害が出ることも多く、避けておく方が良いでしょう。


交通量の多い幹線道路や大きな交差点はないか

物件前が交通量の多い幹線道路の場合、窓を開放したり洗濯物を干したりするのが難しくなると考えましょう。


深夜には大型トラックの騒音や振動が気になったり、パトカーや救急車のサイレンはいつ聞いてもドキッとします。


大きな交差点も、信号で騒音を出すバイクや車が止まっていればかなりのストレスの原因になるでしょう。


併せて緊急車両が出動する警察署や消防署、大型車両が多い高速道路なども少し距離を取った方が良いかもしれません。


最寄駅からの経路の治安

駅から物件までの経路上の治安は、一度歩いて確認する方が良いでしょう。


特に夜間に街灯がない道を通る必要があったりするのであれば、安全性が気になるところです。


夜遅くまで空いている店があれば通りは明るいかもしれませんが、飲み屋が多い通りは一長一短ありますので、夜に一度下見をしておいても良いかもしれません。


もし直接現地を確認することが難しいのであれば、Googleのストリートビューなどを活用すると良いでしょう。


人の近寄らない公園や特に何も建てる予定の無く放置されている空き地なども、治安の悪い場所だったりします。


学校が近くにないか

学校が近くにあると治安がそれほど悪くはないと言えるのですが、子供たちの騒ぎ声などの騒音の問題は避けられません。


土日でも部活動はありますし、近年では親御さんの送迎で車が良く通ったり無断駐車をされたりという問題も起こることがあります。


グラウンドの砂が舞い上がって飛んでくるということもあり、あまり近すぎると返って住みにくい原因になるかもしれませんね。


自然が多い場所

自然が多いのは良いことだ!とは思いますが、草がボーボーの土手や空き地、管理されていない公園などは虫が湧くという問題も多々あります。


害虫の王様であるゴ〇ブリも、普段は家の中ではなく草むらなどに居ることが多いので、あまり自然が多すぎても問題になります。


また、田舎へ引越した方から多い意見として「田んぼのカエルがこんなにうるさいとは思わなかった」というものがあります。


田んぼに水が入るとどこからともなく大量にカエルがあらわれて、日暮れごろから始まる大合唱は不慣れな人には耐え難いものでしょう。


半端に多い自然は周辺の虫や小動物の巣になっているため、チェックを忘れないようにしましょう。






物件情報だけでは分かりにくい物件探しのポイント:物件の条件


物件情報だけでは分かりにくい物件探しのポイント:物件の条件


立地条件に続いて、物件情報には掲載されない物件の条件です。


物件内部の写真である程度判断できるものもあれば、実際に内見に行かないと分からないことなども多々あるため、物件の条件をしっかり確認するならやはり現地でのチェックが理想です。


そんな物件を厳しい目でチェックするポイントをまとめました。


共有スペースの状態

廊下や階段、エントランスに駐輪場といった共有スペースの状態を確認することで、清掃などが定期的に行われているのか、ゴミや吸殻を放置するような住民がいないかどうかといったところが見えてきます。


管理が行き届いているかどうかや、住民のモラルが高いことが安心して住めるかどうかを大きく左右します。


なんとなく部屋の入口までを眺めるのではなく、厳しい目でチェックすると良いでしょう。


部屋の間取りと寸法

間取り図と実際の部屋の間取りには、微妙に違っていることは珍しくありません。


柱の部分(部屋の角)が壁から少し出っ張っていたり、天井の梁が出ていたりと、間取り図では見えない部屋の形状が現地で見れば一目瞭然。


加えて、今住んでいる部屋が8畳、引越し先も8畳、同じ家具をそのまま置けると思っていたら入らないというトラブルがあり、これは部屋の寸法の違いによるものです。


部屋の一片の長さは事前に測っておかないと、家具や家電が入るかどうかに関わってくるため、しっかりとチェックしておきましょう。


共用スペースや部屋の玄関の間口の広さ

大きな家具の中でも、ベッドは大半が分解・組立てできるようになっていますが、大きめのソファはあまり分解できるようになっていません。


同じく家電の中でもファミリー向けサイズの冷蔵庫などは運び込むのが難しい大きさのものもあります。

ベランダの窓から運び入れることもできますが、引越しの費用だけでなく故障やトラブルの際にも負担がのしかかります。


共用スペースや玄関を通れないから運び込めないといったトラブルが無いように、家具や家電の通り道もチェックが必要です。


コンセントの位置や数

生活家電以外にもパソコンやゲーム機、スマホの充電と何かと必要なコンセントですが、その数や位置が悪いと使い勝手がかなり悪くなることもあります。


家具を置くつもりの場所にコンセントがあれば延長などが必要になり、数が少なければ危険なタコ足配線になってしまうこともあります。


特にコンセントが少ない場合はブレーカーの容量が少ないこともあり、家電の同時使用で停電という問題も起こるでしょう。


築年数が古いほどコンセントは少ない傾向があり、リフォームを行っていても電気配線などが現代用に改修されているかどうかはチェックしておく必要があるでしょう。


窓や扉の立て付け具合

開閉がちゃんとできることが窓や扉の基本なのですが、窓が一部錆びていたりして上手く開閉できないといったこともあります。


キッチン周りの戸棚、洗面台の下の収納など、水回り周辺の扉も重要なチェックポイントになります。


内見の際にはなるべくすべての扉や窓を動かしてみて、異常が無いかチェックしておきましょう。


中には網戸が破れていたり、戸棚の内側が剥がれていたりということもあるため、入居までに修繕してもらえるように交渉する必要もあるでしょう。


給湯器の性能

水道の水圧が低い物件は少ないのですが、給湯器を通すシャワーの水圧は給湯器の性能で左右されます。


一般的に単身用であれば16号(春秋で毎分16リットルの給湯性能、冬季では少し性能ダウン)が適切ですが、中には10号という小型給湯器といった例もあります。


家族で住む場合には大型の24号など、給湯器の性能も人数に応じて上げていく必要があります。


目視で確認しにい場所に給湯器が置かれてることもあるため、内見時に担当者に確認しておく方が良いでしょう。


スマホの電波の入り具合

どこでも便利に使えるはずのスマホですが、ちょっとしたことで電波が入らないことは良くあります。


ただし、それが部屋のリビングやキッチンなど、電波が入ってくれないと困る場所で圏外になってしまうと一気に生活が不便になってしまいます。


そんな電波の確認のために、内見時には各部屋の真ん中と四隅、扉や窓を閉めた状態で電波の入り具合をチェックしておくと安心です。


築年数による傷み具合

多少築年数が経過していても、リフォームやリノベーションで室内は新築の様にキレイになっている物件は珍しくありません。


しかし、収納の内部、建物の外壁やバルコニーなど、手を加えられていない部分には築年数相応の傷みが出ていることもあります。


築年数が30年を超える物件を見る場合は、リフォームやリノベーションをしていたとしても、すこし厳しい目で細かなところまでチェックする方が良いでしょう。






先人に学ぶ、実際に住み始めてわかった失敗談


先人に学ぶ、実際に住み始めてわかった失敗談


先人の失敗談はいい勉強になるもので、過去の失敗例から物件選びのポイントを学び取れます。


壁が薄くて隣の音が聞こえる

内見時には担当さんと話をしていたり、隣人が不在で気付きにくいため、住み始めてから出てくる失敗談でダントツに多いのが壁の薄さです。


いざ住み始めてみると隣の部屋のテレビの音が聞こえてきたり、大声で電話しているのが聞こえてきたりすることもあります。


これはつまり、自分の部屋の音も隣に聞こえているという事になるため、電話で迂闊な話をしたりできません。


戸境壁(隣の部屋との間にある壁)の厚みでその防音性が変わりますが、一般的な分譲マンションが180~250mmと言われているので、それくらい厚みがあれば十分と言えます。


不動産屋で担当者に確認できれば良いのですが、難しい場合は自分で壁をノックしてみて確認することもできます。


グーで軽くノックしてみて軽い高音のがすれば、壁が薄い可能性が高くなります。


キッチンが使い辛い

一人暮らしを始めたばかりだとあまりキッチンに立たないという人も多いのですが、いざ自炊を始めようとするとキッチンの使い辛さに直面することも多いようです。


特にガスコンロやIHであれば様々な料理ができるのですが、電気コンロが曲者です。


火力が弱いため、お湯を沸かす、弱火で煮込む、インスタントラーメンを作る、といった簡易な料理しかできず、1口コンロだと同時調理もできずに不便な思いをすることになります。


自炊する人やいずれ自炊をするつもりの人は、必ずキッチンに立って自分が料理をしているイメージで使い勝手が良いかどうかをチェックしておきましょう。


ロフトが灼熱地獄だった

単身向けの物件でよく見かけるロフトですが、ロフトとはつまり屋根裏という意味で、屋根に近い位置にあります。


そんなロフト付きの物件を見たら、ベッド代わりにして生活をしようと考える人は非常に多いのです。


しかし、夏場になると天井(屋根)からの熱気が入り、エアコンより上の位置にあるため冷風は届かず、エアコンと扇風機を併用しても寝苦しい夜を過ごすことになることもあるようです。


比較的新しい物件であれば屋根の断熱にもしっかりと配慮されているのですが、そうでない場合には注意が必要です。


良く晴れた日の内見であれば、ロフトに上がって温度差をチェックしてみる方が良いでしょう。






いくら好条件でも家賃負担を上げすぎないように注意!


いくら好条件でも家賃負担を上げすぎないように注意!


好条件の物件が見つかったとしても、予算を大幅に超える家賃であれば無理をせずに別の物件を探すことをオススメします。


一般的に、家賃は月々の手取り額の1/4~1/3と言われていますが、借金の返済や貯蓄に回したい金額によっても家賃に回せる予算は人それぞれでしょう。


収入と支出、家賃のバランスをきっちりと見て、先に家賃の上限を決めておくことが大切です。


もちろん、好条件が揃って家賃も予算内、物件を入念にチェックして問題無ければすぐにでも申し込みをすべきなのですが、少しでも不安があれば焦らずに落ち着いて考えるべきでしょう。


賃貸物件は早い者勝ちですが、長く住む部屋選びで焦って失敗するよりは良いかもしれません。






結局物件はどうやって選べばいいの?


結局物件はどうやって選べばいいの?


物件選びで失敗しない方法としては、物件選びの定番ポイント+αの自分が譲れない条件をしっかりと把握することです。


以下の様に譲れない条件を箇条書きにしておくことで、最初の候補を絞り込むところまでスムーズに進みます。


・家賃が6万円以内

・駅徒歩10分以内

・コンビニまで徒歩10分以内

・バス、トイレ別

・温水洗浄便座付き

・オートロック付き

・和室NG

・室内洗濯機置き場


この中でも、絶対に譲れない条件を3つほど決めておき、妥協できるポイントも先に決めておくと良いでしょう。


例えば駅徒歩15分以内で他を全て満たす物件、家賃が1000円上がるけど駅やコンビニまで3分の物件など、そこからの判断は実際に住む本人にしかできません。


さらに、最終的には内見をしてから決めなければ失敗しかねないというのも先に述べた通りです。


「先に条件を決めて絞り込み、候補の中から厳しい目で選ぶ」これが、物件選びで失敗しない最善の方法になるでしょう。





関連記事


【賃貸探しに必要な持ち物は?】ちょっと知っておくと大きく変わる豆知識
【賃貸探しに必要な持ち物は?】ちょっと知っておくと大きく変わる豆知識≫

【内見時部屋の採寸方法と計測すべき場所とは?】入居後後悔しない為に!
【内見時部屋の採寸方法と計測すべき場所とは?】入居後後悔しない為に!≫

【賃貸をお探しの方必見】家賃優先派?or通勤時間優先派?
【賃貸をお探しの方必見】家賃優先派?or通勤時間優先派?

【お部屋探しのお得な時期とは?】賃貸物件を借りるタイミングとコツ!の記事
【お部屋探しのお得な時期とは?】賃貸物件を借りるタイミングとコツ!≫

良い不動産屋の選び方って?8つのポイントで簡単チェック
【いい不動産屋さんの探し方】選ぶ基準と8つの比較ポイント!≫

【1階部分が店舗の物件を選ぶポイントとは】メリット・デメリットを解説
【1階部分が店舗の物件を選ぶポイントとは】メリット・デメリットを解説≫

【住みたい地域の治安を事前にチェック!】安心して住める街の調べ方とは?
【住みたい地域の治安を事前にチェック!】安心して住める街の調べ方とは?≫

【部屋のコンセントが足りない時どうする?】対応策や注意点について
【部屋のコンセントが足りない時どうする?】対応策や注意点について≫

【賃貸物件に長く住み続けるのは損?それとも得?】ちょっとした豆知識
【賃貸物件に長く住み続けるのは損?それとも得?】ちょっとした豆知識≫

【玄関ドアに荷物が通らない時どうする?】採寸の仕方や搬入方法について
【玄関ドアに荷物が通らない時どうする?】採寸の仕方や搬入方法について≫

【防音性の高い部屋探しのコツとは?】賃貸物件の壁の厚さの調べ方!
【防音性の高い部屋探しのコツとは?】賃貸物件の壁の厚さの調べ方!≫

【学校の近くの賃貸物件に住むメリット】近くに引越す理由はなに?
【学校の近くの賃貸物件に住むメリット】近くに引越す理由はなに?≫

【ランドセルの最適な収納場所はどこ?】失敗しない環境づくり!
【ランドセルの最適な収納場所はどこ?】失敗しない環境づくり!≫

【賃貸住宅を迷って決められない】2つ以上の候補からの選び方
【賃貸住宅を迷って決められない】2つ以上の候補からの選び方≫

【賃貸物件を契約する前にやるべき事】周辺環境のチェックポイントとは?
【賃貸物件を契約する前にやるべき事】周辺環境のチェックポイントとは?≫

【空室が多い物件やずっと空室のままの物件は避けるべき?】長期空室が続く理由
【空室が多い物件やずっと空室のままの物件は避けるべき?】長期空室が続く理由≫

【引っ越しは9月がおすすめ】ポイントとその理由
【引っ越しは9月がおすすめ】ポイントとその理由≫

【賃貸暮らしの場合来客用の駐車場はどうする?】確保・利用について
【賃貸暮らしの場合来客用の駐車場はどうする?】確保・利用について≫

【賃貸物件を内見ナシでお部屋を決める事は可能?】後悔しない大切なポイント!
【賃貸物件を内見ナシでお部屋を決める事は可能?】後悔しない大切なポイント!≫

【単身赴任でも安心できる部屋探しのコツ】確認すべき点やポイントを紹介
【単身赴任でも安心できる部屋の探しのコツ】確認すべき点やポイントを紹介≫

【引っ越しをする理由とは?】賢くポイントを抑えてお部屋探し!
【引っ越しをする理由とは?】賢くポイントを抑えてお部屋探し!≫

【マンションは何階に住むのがいい?】各階のメリットとデメリット解説!
【マンションは何階に住むのがいい?】各階のメリットとデメリット解説!≫

【二世帯住宅は一戸建がおススメな理由とは?】メリット・デメリット交えて解説
【二世帯住宅は一戸建がおススメな理由とは?】メリット・デメリット交えて解説≫

【お部屋探しの内見を代理にしてもらう事は可能?】3つの注意点!
【お部屋探しの内見を代理にしてもらう事は可能?】3つの注意点!≫

【家の近くにほしい施設・注意したい施設とは?】お部屋探しの参考にしよう!
【家の近くにほしい施設・注意したい施設とは?】お部屋探しの参考にしよう!≫

【幹線道路沿いにある賃貸物件を選ぶときの注意点!】メリット・デメリットの紹介
【幹線道路沿いにある賃貸物件を選ぶときの注意点!】メリット・デメリットの紹介≫

【予約なしでも内見はできる?】スムーズに見学するための注意点と当日の流れ
【予約なしでも内見はできる?】スムーズに見学するための注意点と当日の流れ≫




  • 木寅_写真
  • 担当者:木寅昌紀

    生粋の奈良県民の私が宅地建物取引士や賃貸経営管理士の目線で奈良の賃貸情報や暮らしの事、エリア情報まで幅広く発信します!


≪ 前へ|【トラブルを避けるための月極駐車場でのマナー】駐車場を契約するまでの流れなど解説   記事一覧   【引越しに伴う飼い犬のストレス緩和方法は?】まずは4つの方法を試してみよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


セントポーリア(大安寺)

セントポーリア(大安寺)の画像

賃料
8万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市大安寺6丁目
交通
奈良駅
徒歩10分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

サンフェアリーⅢ

サンフェアリーⅢの画像

賃料
5.9万円
種別
マンション
住所
奈良県奈良市三条添川町
交通
新大宮駅
徒歩7分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
リバー
カップル向け
自然
奈良市 高畑
シプレ
2口コンロ
角部屋 最上階
5DK
ぐれ
大和
シャーメゾン前栽
ルミエール ドゥ
薬師寺
洗面化粧台

検索履歴をもっと見る