Example: A Site about Examples

掲載物件数12223

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【東大寺二月堂の修二会とは?】お水取りの歴史や意味など解説

【東大寺二月堂の修二会とは?】お水取りの歴史や意味など解説

≪ 前へ|あなたのショップを「まち情報」へ無料掲載いたします!   記事一覧   【新築プロジェクト】クレア・ド・ルーン紀寺 建築現場を見学~レポートその6~|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報
  • 古川_写真
  • 担当者:古川真史

    【奈良に住んで20年】奈良を誰よりも愛し続ける奈良ヲタク。人気グルメから人口や歴史、鹿の生息数。何でも答えます。最近は大仏プリン推し。


春を迎える奈良の伝統行事『修二会』


春を迎える奈良の伝統行事『修二会』


奈良には1200年以上も続く行事があることをご存じですか?


それは東大寺で行われる『修二会』、多くの人に「お水取り」という名で親しまれる行事です。


奈良が春を迎えるために必ず行われる行事について、詳しく解説していきます。





賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





『修二会』とは?


『修二会』とは?


『修二会』は“しゅにえ”と読みます。


例年2月になると日本の仏教寺院で行われる法会のひとつで、修二月会とも呼ばれます。


元々は旧暦の正月に行われていた法会なのですが、農耕を行う日本では年の初めに神や祖霊の力で豊年を招き災いを遠ざけようとする祈年祭(としごいまつり)が重要視されており、この祈年祭を仏教の行事として取り込まれたものが修二会の始まりとされています。


始まりは奈良時代で、現在も多くの寺で行われている行事です。


特に東大寺二月堂の修二会は「お水取り」の通称で知られ、奈良では「お水取りが終わると春が来る」と言われるほど定着している伝統行事となっています。


この他にも、法隆寺や長谷寺といった奈良を代表する寺でも行われており、中でも薬師寺の修二会は「花会式」と呼ばれ本尊の薬師如来坐像に色とりどりの造花を供える行事が行われます。






東大寺で1200年以上続く『修二会』について


東大寺で1200年以上続く『修二会』について


東大寺二月堂の修二会は、天平勝宝4年(西暦752年)から欠かすことなく行われ、2022年で実に1271回を数える行事となっています。


東大寺二月堂で行われる修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)法」と言います。


悔過とは日常に犯している様々な過ちを懺悔することで、二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の宝前で悔過することがこの法要の主な内容です。


『二月堂縁起絵巻』に書かれた伝説によれば、東大寺の開山(初代住職)である良弁の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)が、天平勝宝3年に笠置山での修行中に、見つけた竜穴に入ると天界へ至り、そこにある常念観音院で天人たちが十一面観音の悔過を行ずるのを見て、これを下界でも行いたいと願いました。


ところが、天界の1日は人間界の400年にあたり到底追いつくものではないと諭されます。


そこで、少しでも天界に追いつけるようにと走って行を行うことを念願したと言います。


翌年の天平勝宝4年には実忠和尚が二月堂を創建し、悔過が2月1日から14日間行われました。


これが十一面悔過法の始まりです。


これから1270年、東大寺の長い歴史の中で、2度も大伽藍の大半を失うような火災に見舞われながらも、一度も絶やすことなく連綿と続けられています。


現在は3月に行われる修二会ですが、元は旧暦の2月に行われていた行事であり、二月に修められる法会から修二月会→修二会となり、そのために建てられたお堂が「二月堂」と呼ばれます。


余談ですが、旧暦の3月に法華会を行うために建てられた法華堂も「三月堂」と呼ばれます。






『修二会』の内容と「お水取り」と呼ばれる理由


『修二会』の内容と「お水取り」と呼ばれる理由


二月堂で修二会が行われるのは例年3月1日~14日です。


しかし、修二会は良弁の御忌日にあたる12月16日早朝に、修二会を勤め上げる11名の精鋭僧侶が任命されるところから始まります。


この11名は練行衆と呼ばれ、四職と呼ばれる上席の4名と、平衆と呼ばれる7名で構成されています。


その年に初めて練行衆となった者と初めて大導師(修二会の総責任者)を任された者は2月15日から、その他の者は2月20日から本業が始まるまでのあいだ、東大寺の「戒壇堂」にて身を清めるための前行を行います。


2月28日(閏年は29日)の夕方、大中臣の祓いで練行衆を清めますが、この際に御幣が使われます。


御幣とは神道で使われる道具ですが、東大寺修二会には多くの神道要素が含まれています。


練行衆が二月堂の寝所へと移り、3月1日の深夜1時ごろから本行が始まります。


ここからは修二会の中心となる悔過法要が1日6回行われます。


6回の法要にはそれぞれの名前があり、「日中(にっちゅう)」「日没(にちもつ)」「初夜(しょや)」「半夜(はんや)」「後夜(ごや)」「晨朝(じんじょう)」と呼ばれ、唱える内容や節回し、所作なども異なります。


平衆が交代で導師をつとめ、その声に唱和して唱句を全員で唱えます。


東大寺修二会のシンボルとも言える「お松明」も、3月1日から3月14日まで毎夜行われます。


お松明と言えば二月堂の舞台の上で火の付いた松明を振り回すものというイメージを持つ人が多いのですが、元は練行衆が登廊を登るときに道明かりとして焚かれる小さな灯りでした。


松明を持つのは練行衆ではなく童子(修二会の補佐役)ですが、江戸時代頃から徐々に松明が大きくなり、童子の見せ場として現在のように大きくなったとされています。


また、行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)になると、若狭井(わかさい)という井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。


東大寺修二会が「お水取り」と呼ばれる理由は、この儀式に由来します。


お松明にもひときわ大きな籠松明と呼ばれる直径1メートル、重量は70kgにもなる松明が使われます


二月堂のお堂から外の空間に向かって振り回され、大きな炎が長く尾を引く光景は見た人の目に焼き付くでしょう。


ちなみに、木造のお堂で大きな火を使うことに危険はないのか?という疑問を持つ方も多いでしょう。


実は江戸時代の1667年に一度、お松明の火の残り火から出火し、二月堂が焼失するという事件がありました。


そんな過去がありつつも、現代もなお休むことなく続けられる修二会は、「五穀豊穣」「天下泰平」「万民快楽」といった地球上のあらゆる命あるものの幸福を祈願します。






2022年の東大寺修二会について


2022年の東大寺修二会について


新型コロナウイルスの影響により、2021年は修二会期間のうち3月12日~14日が二月堂一帯への立ち入りが禁止されました。


しかし、例年多くの拝観希望者が訪れる二月堂周辺だけでなく、お松明を含む修二会全体ののライブ配信を行う形式が取られたことで、自宅でもお松明やお水取りの様子を見ることができ、奈良以外に住む人も行事の内容を知ることができる機会が得られました。


2022年は3月12日のお松明が拝観不可と発表されており、その他の日には見学可能場所の人数制限が行われます。


また、2021年のようなライブ配信が行われる予定はなく、奈良市内の施設で2021年に撮影された映像を上映することが検討中です。


詳しくは東大寺の公式ホームページ(http://www.todaiji.or.jp/)をご確認ください。





関連記事

【奈良の名所「南都七大寺」とは?】7つのスポットをご紹介!
【奈良の名所「南都七大寺」とは?】7つのスポットをご紹介!≫

【奈良の最強パワースポット10選!】1度は行ってみる価値あり
【奈良の最強パワースポット10選!】1度は行ってみる価値あり≫

【オススメ!奈良公園の見所&楽しみ方】イベント情報などまとめ
【オススメ!奈良公園の見所&楽しみ方】イベント情報などまとめ≫

【日本最古の歴史!】世界遺産・元興寺について
【日本最古の歴史!】世界遺産・元興寺を知ろう≫

奈良の大仏様を観光する前にこれを見て!100倍楽しくなる9つの豆知識
奈良の大仏様観光が100倍楽しくなる9つの豆知識!≫

【新紙幣に選ばれた渋沢栄一ゆかりの地】奈良との深い関わりとは?
【新紙幣に選ばれた渋沢栄一ゆかりの地】奈良との深い関わりとは?≫

【古都奈良の文化財の魅力とは?】8つの世界遺産をご紹介!
【古都奈良の文化財の魅力とは?】8つの世界遺産をご紹介!≫

【東向商店街の歴史とは?】近くの観光スポット・イベントなどをご紹介
【東向商店街の歴史とは?】近くの観光スポット・イベントなどをご紹介≫

【春日大社の春日若宮おん祭とは?】2022年の開催日時や歴史について
【春日大社の春日若宮おん祭とは?】2022年の開催日時や歴史について≫

【奈良の春日大社で開催春日祭とは?】由来や1200年近く続く歴史
【奈良の春日大社で開催春日祭とは?】由来や1200年近く続く歴史≫

【1年に1度「人形供養」ができる正暦寺とは?】日程・費用・方法など解説
【1年に1度「人形供養」ができる正暦寺とは?】日程・費用・方法など解説≫

【おたいまつ(修二会)が開催】奈良県高畑町「新薬師寺」のイベント
【おたいまつ(修二会)が開催】奈良県高畑町「新薬師寺」のイベント≫

【ススキ提灯献燈行事とは?】奈良盆地の最南端で行われる夏祭り
【ススキ提灯献燈行事とは?】奈良盆地の最南端で行われる夏祭り≫

【奈良の東大寺で行われる大仏さまのお身拭い】行事内容や日程について
【奈良の東大寺で行われる大仏さまのお身拭い】行事内容や日程について≫

【奈良大文字送り火の日時や場所】おすすめ観賞スポットもご紹介
【奈良大文字送り火の日時や場所】おすすめ観賞スポットもご紹介≫

【「地蔵会万灯供養」が奈良の元興寺で開催】無数の明かりに照らされる
【「地蔵会万灯供養」が奈良の元興寺で開催】無数の明かりに照らされる≫

【松尾寺の「松尾山修験道まつり」とは?】行事内容や日時や場所
【松尾寺の「松尾山修験道まつり」とは?】行事内容や日時や場所≫

【東大寺二月堂で行われる「十七夜盆踊り」とは?】イベント内容・詳細
【東大寺二月堂で行われる「十七夜盆踊り」とは?】イベント内容・詳細≫

【山の辺のあかり 柳灯会はどんなイベント?】歴史を感じながら幻想的な灯りを楽しもう
【山の辺のあかり 柳灯会はどんなイベント?】歴史を感じながら幻想的な灯りを楽しもう≫

【秋の薬師寺で行われる「天武忌・万燈会」とは?】夜は幻想的な灯りに包まれる
【秋の薬師寺で行われる「天武忌・万燈会」とは?】夜は幻想的な灯りに包まれる≫

【日本に1つだけある饅頭の神社が奈良県にある!】歴史やアクセス方法を詳しく解説
【日本に1つだけある饅頭の神社が奈良県にある!】歴史やアクセス方法を詳しく解説≫

【奈良の薬師寺で行われる「お身拭い」とは?】行事内容や開催日・時間のお知らせ
【奈良の薬師寺で行われる「お身拭い」とは?】行事内容や開催日・時間のお知らせ≫



  • 古川_写真
  • 担当者:古川真史

    【奈良に住んで20年】奈良を誰よりも愛し続ける奈良ヲタク。人気グルメから人口や歴史、鹿の生息数。何でも答えます。最近は大仏プリン推し。


≪ 前へ|あなたのショップを「まち情報」へ無料掲載いたします!   記事一覧   【新築プロジェクト】クレア・ド・ルーン紀寺 建築現場を見学~レポートその6~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

メゾン・エスト・マメヤマB

メゾン・エスト・マメヤマBの画像

賃料
8.3万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市大豆山突抜町
交通
近鉄奈良駅
徒歩4分

メゾン山崎

メゾン山崎の画像

賃料
9.7万円
種別
マンション
住所
奈良県生駒市山崎町
交通
菜畑駅
徒歩4分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
団地
2K
OM
九条
パオ今
クレス
ツインハイム
BS
ルミエール
ルミエール 
レオパレスウェストコート
レオパレス
西大寺 2DK
奈良女子大学 近い

検索履歴をもっと見る