Example: A Site about Examples

掲載物件数12153

検索

フリーダイヤル
0120-275-553
電話受付/営業時間
9:30~19:00

奈良県の賃貸情報 賃貸のマサキ > 奈良NAVI記事一覧 > 【ペットの防災対策】準備しておきたいペット用の防災グッズや、避難所での過ごし方

【ペットの防災対策】準備しておきたいペット用の防災グッズや、避難所での過ごし方

≪ 前へ|【ナメクジの駆除方法や予防法】賃貸でも出来る対策や出にくいお部屋とは?   記事一覧   【2024年】奈良市のおすすめロフト付き賃貸特集|次へ ≫
カテゴリ:奈良の暮らしや街情報

【ペットの防災対策】万が一に備えて揃えておきたいペット用の防災グッズや、避難所での過ごし方などを紹介


【ペットの防災対策】準備しておきたいペット用の防災グッズや、避難所での過ごし方


日本は地震大国と言われ、いざというときに備えて各地で防災対策が行われています。


しかし、ペットがいるご家庭では、ペット向けの防災対策を行っているでしょうか。


大きな災害が起こると避難しなければいけないのは、人もペットも同じです。


ところが防災対策に関しては、人をケアすることばかりに目が行き、ペットのことは二の次になっているご家庭もあるようです。


いまや子どもの数よりも多いと言われるペットですから、大きな災害が起こるとペットも同様に避難しなければ大変なことになってしまいます。


そこで今回は、ペットの防災対策についてまとめてみたいと思います。


大きな災害に備えて日ごろから準備しておきたいことや、ペット用の防災グッズの紹介など、すぐに役立つ情報ばかりですので、ペットを飼っているご家庭はぜひ参考にしてください。



Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!




賃貸のマサキは奈良県下4店舗展開。奈良×賃貸情報数No.1宣言を掲げ、最大級の賃貸情報を掲載!

奈良の賃貸情報なら賃貸のマサキにおまかせください!
かんたん検索でお客様にぴったりなお部屋探しを全力サポート!奈良の賃貸お部屋探しはこちらから!





ペットを災害から守るために日ごろから準備しておきたいこと


ペットを災害から守るために日ごろから準備しておきたいこと


防災対策と言っても何も難しく考える必要はありません。


基本的にはペットの安全を確保するために備えることです。


これからご紹介するようなことを日ごろから意識しておけば、何かあってもすぐに対処できるでしょう。



しつけをおこなう

しつけは特に防災対策に限っておこなうことではないですが、やはり何かあったときに飼い主の言うことを聞けるようにしておくことが大切です。


たとえば「無駄吠えをしない」「無暗に噛まない」「急に走り出さない」など、しつけの基本はしっかりできるようにしておきましょう。


日頃からそのようにしておけば、いざというときにペットがパニックになっても飼い主が落ち着かせることができます。


ペットの安全を確保するだけでなく、避難先などでほかの人に迷惑をかけないためにも、日ごろのしつけはとても大切です。



ペットの居場所を把握しておく

たとえば大きな地震は何の前触れもなくやってくるものですから、そのときにペットがどこにいるのかわからなければ避難のしようがありません。


寝床やトイレ、遊び場など、ペットがいまどこにいるのか日ごろから把握しておくようにしましょう。


そうすれば何かあってもすぐに見つけて避難することができます。


また、ペット自身が逃げられるように、いつもいる場所の周辺は障害物になるような荷物などを置かないようにすることも大切です。



健康に気をつける

ペットの体調が悪いと、いざというときペットが逃げ遅れたり、連れ出すことができなくなったりすることが考えられます。


また、避難所で適切に治療を受けたり、薬をもらったりもできない可能性があります。


そのため、ペットの健康には日ごろから気を配り、きちんとケアをしてあげましょう。


特に夏はペットも熱中症になる可能性があるので、こまめな水分補給を忘れずにしましょう。



ペット用の防災グッズを揃えておく

防災グッズというとどうしても人間用のものをイメージしがちですが、ペットがいるご家庭はペット用の防災グッズを用意しておくことはとても重要です。


日ごろからきちんと備えておけば、避難先でもペットにストレスを与えず、健康的に過ごせるでしょう。



迷子対策をしておく

大きな災害が発生すると、人間は自分たちの身を守ることを優先してしまい、ペットと離れ離れになってしまうことも考えられます。


そんなときに備えて、最近はペットの居場所を特定できるマイクロチップをペットに装着しているケースが増えてきました。


マイクロチップを付けていれば位置を特定できるため、ペットがどこに行っても探し出しやすくなるでしょう。


また、2022年6月1日に「改正動物愛護管理法」が施行され、ペットショップなどで販売(譲渡)される犬と猫にはマイクロチップを装着することが義務化されました。


しかし、それ以前から飼っている犬や猫には装着義務はありませんから、防災対策の一環として装着を検討してみてはいかがでしょうか。






これだけは揃えておきたいペット用の防災グッズ


これだけは揃えておきたいペット用の防災グッズ


先ほども少し触れましたが、ここでは災害時に備えて揃えておきたいペット用の防災グッズをご紹介します。


いざというとき、すぐに持ち出せるように、人間用の防災グッズとともに決まった場所に保管しておきましょう。



キャリーケース

災害時の移動中にペットとはぐれるという事例はよくあるので、移動用のキャリーケースなどを用意しておくと安心です。


また、キャリーケースでなくても、側面と床、天井が柵で覆われているケージでも構いません。


移動させることでストレスを感じるペットもいるので、日ごろから災害用のキャリーケースも使うようにすればペットも安心できるでしょう。



リードやハーネス

キャリーケースを使わず歩いて避難するときは、リードやハーネスをつけることは必須です。


大きな災害が起きると人間でも感情や行動をコントロールするのが難しくなるため、ペットもパニックになって逃げだしてしまうかもしれません。


また、驚いて走りだしたり、逃げ出したりすることも考えられるでしょう。


ペット自身の安全はもとより、周囲の人に迷惑をかけないためにもリードやハーネスは必ず使うようにしましょう。



水やペットフード

避難先では物資が不足していることが多いため、基本的にはペット用の食事や水は用意されていないと考えておきましょう。


人間の食事さえままならないときに、ペットのために割いておける分はほとんどないからです。


そのため、ペット用の水やペットフードは飼い主自身が蓄えておく必要があります。


もし避難所に行くようなことになれば最低でも5~7日分の水とフードが必要ですから、あらかじめ備えておきましょう。


人間と同じようにペット用の水やフードも、ローリングストックしておくことをおすすめします。


また、ペット用のおやつがあると便利です。


避難所ではケージやキャリーバッグからなかなか出られないため、おやつをあげることでペットのストレス解消にもつながるでしょう。



トイレ用品

当然ですが、避難所にはペット用のトイレは設置されていません。


そのため、飼い主がペットの糞尿を処理する必要があります。


防災グッズとしてペットシートや新聞紙などを用意しておき、周囲の迷惑にならないように処分しましょう。


犬の場合は散歩させるときと同じように、ビニール袋に便を入れておいて処理することもできます。


また、梅雨や夏場など気温や湿度が高い季節には、雑菌が繁殖して糞尿の臭いがきつくなります。


そのため、ペット用の消臭スプレーや防臭ペットシートなども常備していると安心です。



ペット用食器

ペットフードや水を入れる容器も防災グッズの中に入れておきましょう。


最近は外出時に使えるシリコン製の折り畳み式フードボウルなどもあるので、用意しておくと便利です。



毛布やタオル

毛布やタオルは避難所に用意されている場合が多いですが、ペットに使えるほど余裕があるとは限りません。


そのため、ペット用のタオルや毛布も準備しておきましょう。


また、普段使っているタオルや毛布のほうが家のにおいが染みついているため、たとえペットにとって初めての場所であっても少しは安心して過ごせるでしょう。



体拭きシートやドライシャンプー

避難所ではペットの体を清潔に保つことも大切ですが、お風呂に入れたり、シャワーを浴びさせたりができないため、ペットの体拭きシートやドライシャンプーがあるといいでしょう。


また、毛並みを整えるブラシでケアしてあげるとペットも喜んでくれるでしょう。



ペット用のおもちゃ

いつも遊んでいるおもちゃを持っていくと、ストレス解消になってとても良いです。


避難所など日ごろ過ごし慣れていない場所に長期間いると、人間と同じようにペットもストレスを感じて暴れたり精神的に病んだりすることがあります。


そのため、遊び慣れたおもちゃで遊ぶだけでもストレスの発散になります。


また、飼い主自身もおもちゃを使ってペットと遊ぶことで癒され、ストレスの解消につながります。


ペットとコミュニケーションを図るためにも、いつも使っているおもちゃを1~2個用意しておきましょう。



常用薬や動物病院の診察券など

病気やケガをしているペットの場合、薬を常用しているようなら必ず準備しておきましょう。


避難所ではペット用の薬までは用意されていません。


防災グッズとして、少なくとも3~4日分は入れておきたいところです。


また、避難所によってはペットを入れること自体を拒否される可能性があります。


犬や猫と一緒に暮らすことで病気をうつされたり、怪我をさせられたりすることを嫌がる人もいるからです。


そのため、避難所に向かうときは動物病院の診察券やワクチン接種証明書も持参しましょう。



迷子札やマイクロチップ

災害のような混乱した状況のときは、ペットと離れ離れになってしまう可能性が高くなります。


そのため、飼い主の住所や電話番号を記した迷子札を普段から首輪などに装着しておくと、再会できる可能性は高くなります。


また、先ほど書いたようにマイクロチップを装着しておくと、位置が特定できるので迷子になっても安心です。


マイクロチップの装着については、獣医師に相談してみましょう。






避難所にペットを連れて行くときの注意点


避難所にペットを連れて行くときの注意点


最後に、ペットを避難所に連れて行くときに注意したいことについてご紹介しましょう。



避難所での居場所

避難所では、原則的にペットはケージやキャリーケースに入れておかなければいけません。


なぜなら避難している人の中にはペットが苦手な人や、動物アレルギーの人がいる可能性があるからです。


ただし、ペットによってはケージやキャリーケースに入っておくことが苦手ということもあります。


そのため、日ごろからケージやキャリーケースを使うようにして、安心して過ごせる場所だと認識させておくようにしましょう。


また、ずっとケージやキャリーケースの中ではペットもストレスを感じてしまうため、避難所の管理者と相談し、時間を決めて散歩に連れ出すことも大切です。


散歩するときは事前に避難所周辺の安全を確認し、ペットがケガをしないように注意しましょう。



ペットの世話について

避難所は地域の人が一時的に避難して生活する場所ですから、スタッフの人にペットの世話を手伝ってもらえるとは考えないほうがいいでしょう。


また、物資も不足していることが考えられますから、すべて家族で面倒をみるという気持ちで、ペットに必要なものは用意して持参するようにしましょう。



ペットを連れて行けるか事前に確認を

避難所というのはそもそも人間のための空間ですから、ペットを連れてくることを許可していない自治体もあります。


また、実際に連れて行ってもペットのにおいや鳴き声が問題になって、拒否されてしまうケースもあるかもしれません。


特にペットが不潔だったり、病気であったりする場合は拒否されるケースが多くなると考えておいたほうがいいでしょう。


つまり、避難所には「ペットを連れて行けないこともある」と認識しておくことが大切です。


気になる人は、事前にお住まいの地域の自治体に問い合わせておきましょう。



ペットを避難所に連れて行けないときは?

ペットを避難所に連れて行けない場合、もっとも安心できるのは、動物病院やペット専用の避難所に預けることです。


ただし、災害の状況によっては難しいこともあるので、災害に遭わなかった親戚や友人などに預けるという選択肢も視野に入れておきましょう。


また、ペットの避難に関する情報はこまめにチェックし、日ごろから安全にペットを預けられる場所を探しておきましょう。






【ペットの防災対策】のまとめ


【ペットの防災対策】のまとめ


今回は、ペットの防災対策についてまとめてみました。


地震大国の日本の場合、いついかなる時に大きな災害に見舞われるかもしれません。


そんなとき、人間だけでなくペットの日常も大きく変わってしまうわけですから、できるだけストレスを与えずに過ごせるように、ペット用の食料や用具を防災グッズの中に含めておくようにしましょう。


また、部屋探しをするときは災害時にペットを避難所に連れて行けたり、預ける場所があったりするなど、ペットの防災にも力を入れている自治体を探すのもいいかもしれませんね。





関連記事


奈良市のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)情報一覧の記事
奈良市のハザードマップ(地震・洪水・土砂災害)情報一覧≫

【非常用持ち出し袋】これだけは用意しておきたい物と素早く持ち出すためのコツとは?
【非常用持ち出し袋】災害時・緊急時のための防災準備!≫

【緊急地震速報】携帯・スマホにリアルタイムで通知される仕組み・条件とは?
【緊急地震速報】携帯・スマホにリアルタイムで通知される仕組み・条件とは?≫

【もしもに備えた「流通備蓄」とは】災害時こそ「いつもの味」を!
【もしもに備えた「流通備蓄」とは】災害時こそ「いつもの味」を!≫

【身近な物が簡易ランプに変身!】非常時に役立つ明かりの作り方
【身近な物が簡易ランプに変身!】非常時に役立つ明かりの作り方≫

【災害時エネルギーの節約調理法とは?】もしもの時に知っておきたい役立ち術!
【災害時エネルギーの節約調理法とは?】もしもの時に知っておきたい役立ち術!≫

【マンション住まいの方必見!防災の知識】いざというときの対策について
【マンション住まいの方必見!防災の知識】いざというときの対策について≫

【災害時無料で簡単に使えるWi-Fiとは?】00000JAPANの使い方や注意点!
【災害時無料で簡単に使えるWi-Fiとは?】00000JAPANの使い方や注意点!≫

【災害時の情報収集】役立つアプリやサイトについて
【災害時の情報収集】役立つアプリやサイトについて≫

【大雨警戒レベルとは?】避難をするタイミングなどについてまとめの記事
【大雨警戒レベルとは?】避難をするタイミングなどについてまとめ≫

【まちにある「防災公園」とは? 】設備や奈良にあるスポットも紹介!
【まちにある「防災公園」とは? 】設備や奈良にあるスポットも紹介!≫

賃貸住宅でペットを飼うときに守るルール
【賃貸でペットと暮らす!】快適に過ごすためのマナーとルール≫

賃貸住宅でペットを飼いたい人は注意が必要?
賃貸物件で【ペット可物件をお探しの方必見!】入居前と後注意すべき事とは?≫

【賃貸物件の禁止事項の確認を!】お部屋を借りるためのルールとは?
【賃貸物件の禁止事項の確認を!】お部屋を借りるためのルールとは?≫

【賃貸物件で起きやすいトラブル】原因や対策とは?の記事
【賃貸物件で起きやすいトラブル】原因や対策とは?≫

【引越しに伴う飼い犬のストレス緩和方法は?】まずは4つの方法を試してみよう
【引越しに伴う飼い犬のストレス緩和方法は?】まずは4つの方法を試してみよう≫

【犬のしつけ、どうすればいい?】低い声で「叱る」・高い声で「褒める」と効果的!
【犬のしつけ、どうすればいい?】低い声で「叱る」・高い声で「褒める」と効果的!≫

【猫飼育可の賃貸物件の探しかたは?】こっそり飼うはNG!
【猫飼育可の賃貸物件の探しかたは?】こっそり飼うはNG!≫

【犬猫殺処分ゼロへの取り組み】奈良市は3年連続で達成!
【犬猫殺処分ゼロへの取り組み】奈良市は3年連続で達成!≫

【賃貸物件で犬のトイレどこに設置する?】選び方・ポイント・注意点について
【賃貸物件で犬のトイレどこに設置する?】選び方・ポイント・注意点について≫

【入居途中からペットを飼育することは可能?】飼育する場合の流れ
【入居途中からペットを飼育することは可能?】飼育する場合の流れ≫

【賃貸物件の場合地震の被害は誰の責任?】地震保険に加入すべきなのか
【賃貸物件の場合地震の被害は誰の責任?】地震保険に加入すべきなのか≫

【川沿いにある賃貸物件のメリット・デメリットを解説】自然災害の備えも忘れずに!
【川沿いにある賃貸物件のメリット・デメリットを解説】自然災害の備えも忘れずに!≫




Web担当者:西村貴文

奈良生まれ奈良育ちのプログラミングがちょっと分かる私が奈良に関する賃貸情報など様々な情報を幅広く更新していきます!


≪ 前へ|【ナメクジの駆除方法や予防法】賃貸でも出来る対策や出にくいお部屋とは?   記事一覧   【2024年】奈良市のおすすめロフト付き賃貸特集|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


亜門ハウス

亜門ハウスの画像

賃料
5.7万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市平松5丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩16分

フォンド・メゾンB

フォンド・メゾンBの画像

賃料
7.8万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市四条大路3丁目
交通
尼ヶ辻駅
徒歩20分

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)

Serena Villa SKⅡ(セレナヴィラⅡ)の画像

賃料
8.2万円
種別
アパート
住所
奈良県奈良市五条西1丁目
交通
西ノ京駅
徒歩20分

天理二階堂パーク・ホームズ

天理二階堂パーク・ホームズの画像

賃料
4.9万円
種別
マンション
住所
奈良県天理市荒蒔町
交通
二階堂駅
徒歩15分

トップへ戻る

フリーワードから探す

検索履歴
サンコーハイツ
三条栄町
学園前
奈良女子大学 近い
レトロ
D-room
イル
南紀寺
若草
se
port
ma
asa com
TV

検索履歴をもっと見る